4月中旬 かぐら シーズン最後の滑走日 こぶ

かぐら・苗場・八海山共通シーズン券を購入したのに。
4月のこの「かぐら」を最後に2010-2011シーズンを終了しました。

4月かぐら

コブ滑りでスピードを求めるのを決意したばかりだけど。
一ヶ月以上滑って居なかったから、コブの感覚を忘れてしまって、最初の一回は不満足。

リフトに乗りながら、滑りを考える。
(-_-;ウーン、今シーズン得た物は、コブの山から山に移動する時、通る場所が上手く行くと、板が勝手に回旋して次のターンに入れる。
それをするには、ブーツをぶつける感覚で・・・、体重はどのへんだっけか?

つま先?かかと?

そして、滑ってかかと気味に滑ると、さっきよりは滑りが安定するようになって、縦に滑って速く速く!
と、ひたすらトレーニングを行ないました。

かぐらこぶ2


来シーズンは、コブを縦に滑る滑りをもっと練習しないと・・・。
スキー場に行くと上手いモーグラーが居るので、観察して勉強させてもらいます。

(□。□-) フムフム







テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

3月9日山形蔵王スキー場 横倉の壁初挑戦

2011年3月9日 山形蔵王スキー場

横倉の壁初挑戦!
山形蔵王 赤倉の壁

コブが思ったより発達しておらず、ボコボコの急な斜面なので滑り難い。
噂通り、転んでそのまま滑り落ちて来る人も何人か見かけ、板のトランスポーターを3回しました。

これだったら、国体コースの方がコブでかくて面白そう(▼ω▼)ジーーと、遠くにある
国体コースの方を眺める。

この日は、ボーダーの先輩方と一緒の滑り。
皆の滑りをビデオに撮影して、夜試写会。

(T▽T)アハハ!(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

皆自分の滑りを見て大笑い。

ゴズロフも自分のコブ滑りを見て恥ずかしくなった。
滑りが遅い。

滑っている時はそんなに感じはしなかったけど、自分の滑りを下から見ると想像以上に遅い!
((“o(>ω<)o”))クヤシイー!!

今度からコブ斜面はスピード出すのを頑張って滑ろうと決意した日。




テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

2月下旬 ルスツ 北海道に行ったら3倍は上手くなる! ( ̄^ ̄) エッヘン

ルスツリゾート。
最後に行ったのが、高校の時のスキー授業だったかな?
リフト料金が高いことと、コースが全体的に緩い中斜面が長く続くか、コブ地帯が待ち構えてるかのどちらかだった。

当時はコブ地帯なんて滑れなかったので、イゾラのコブエリアさえ滑れば、ルスツ全コース滑った事になる。
ならば!
とイゾラエリアのコブ地帯全て滑ってやると突撃!

スーパーイースト
スーパーイーストを降り。

ルスツNo1
ルスツNo1を降り。

高速リフト
奥くの超高速クワッドリフトに向かい。

洞爺湖
晴れたので洞爺湖を初めて撮影し。


ルスツコブ
このコブ地帯を滑り、飽きたらスーパーイーストと、練習に励みました。

流石北海道のスキー場。
こんなに天気が良いと、本州のスキー場だと雪が溶けて緩んで来ますが、そんな事は全く無い。
コースが荒れないので、朝から夕方までバンバンスピード出せますよ!

ここで、カービング中。外足ではなく内足の外裾を擦りながら滑れる様になりました。
斜面が良いのと雪質が良すぎる為、スピードを出せて、外に引っ張られる力を増やす事に成功し。
その分内側に身体を傾ける事が出来ました。

(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!やたー!と思っていたら。

父親に「本州で滑ってる人が、北海道で滑ると何倍も上手くなった感覚に陥る。でも本州に帰って滑ると、その滑りはもう2度と出来ない。北海道の雪質は軽いから板も扱い易くなる、今日だけだ」と言った。

┌|゜□゜;|┐ガーン!!
そうだった!忘れてた!北海道のスキー場には魔物が住んでいて、本州からのスキーヤーを天狗にさせる。
そして、その天狗は本州のスキー場で滑った時に鼻を折られて消える・・・。

危ない危ない・・・調子に乗る所でした。アセアセ...A=´、`=)ゞ




テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

2月下旬 ニセコアンヌプリ→ヒラフスキー場ナイター

2月下旬のニセコ

朝一の羽田→千歳便に乗ってニセコに着くのがお昼頃。
目の前に雪山があるけど、ゴズロフは一応人間。お腹も減る。

((o(・ρ・)o)) ハラヘッタァ

スキー場に行く前に、倶知安にある回転すし「羊蹄丸」に向かう。

北海道民からみて、本州の回転すし屋チェーン店は不味いです。(”;)
だから、北海道に来た時の楽しみが回転すし!

北海道だから全部当たりって訳では無いですが、この羊蹄丸は当たりのお店。
ニセコスキー場から国道5号線を倶知安方面に走り、倶知安市街の中心部辺りの右車線側にセイコーマートがあって、そこの隣が「羊蹄丸」

値段の割りにネタが美味しく、ヒラフスキー場エリアで高いお寿司食べるよりは、ここまで車で移動して食べた方が、総合出費が抑えられ、お腹も一杯に出来る。

今からあの頂上を目指します
お腹一杯にしてからヒラフへ。


この時のニセコは、今までニセコに来て一番の晴天。
こりゃ、登らないと!と画像の頂上を目指して歩きました。

上の画像撮った場所
登りきった所で、さっき撮影した場所付近を撮影。

何処滑る?

画像中央部からちょっと左上にある町が倶知安。
今から、画像中央部ちょっと下にある花園クワッドリフトの乗り場まで滑ります。

もう、荒らされてボコボコの硬い斜面で滑るのがとても大変。
この斜面を滑った時に、「来シーズン、ボコボコ雪でも走破性ある安定したファット欲しいな」と思った。


2日目はアンヌプリスキー場へ。
この画像の斜面がニセコ最上部の中ではなだらかな斜面。
真直ぐに圧雪されたコースを全部使って、大回りがとても爽快。
アンヌプリスキー場上部


夕方午後からは、ヒラフのスーパーコースのコブでの練習。
ガリガリでおっかないし、距離も長いので途中休みながら下る。
( ̄u ̄;)ハァハァゼェゼェ… シヌ・・・。





テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

天元台→米沢ナイター

2月下旬の天元台
天元台

雪面ギリギリから撮影。
圧雪のラインが綺麗に見えますよね?

画像中央部から少し右に見えるのが、山形蔵王温泉スキー場です。

ほぼ貸切状態の天元台

もちろん、スキースクールに入る。
料金が4,700円

受講者、ゴズロフの他にもう一方。

でも、講師が2人。

料金が団体講習と同じなのにプライベート講習をしていただきました。
O(-人-)O アリガタヤ・・

習った内容は、常にエッジを立てて滑る事ではなく。
常にスキー板に圧を掛けながら滑ると言う事を教わりました。

(-_-;ウーン難しい。
テクニカル受験受けないの?と聞かれましたが、受かる気が全く無いのでやんわりとお断りしました。

テクニカル受験料払うより、ここでのスクール料金にした方が何倍も良いと思ってます。


天元台で滑り終わったら、すぐ米沢スキー場へ。

ナイター券を購入してコブの練習!
でも、いつも使うコブのラインがまったく成長しておらず、代わりにウェーブがあった。

(; ̄ー ̄)...ン?何故?

よく考えたら、数日前山形のスキー技術選が米沢スキー場で開催。
それの痕跡でした。

仕方が無く、その痕跡と思われるコブでの練習開始。
米沢ナイターコブ


最初の落ち込みが狭く、何度もコースアウト。
10回以上滑り、小指の付け根付近をコブに当てて、自動で板が回旋するようなイメージでなんとか攻略。

でも、画像最後の方の13番目のコブのラインが広く、逆の方向に傾いていて
14番目のコブに続けて入って行けなかった。

(`ェ´)悔しい!とっても悔しい!

このコースのが終わって、も1つ下には広いゲレンデがあり。
そこにはなだらかなコブが発達している。

上手いテレマーカーがコブ滑ってましたよ。


あと、このスキー場。
キラキラと発行するボードに乗った、めちゃくちゃ上手いボーダーが出現します。
恐らく近くのペンションオーナー。




テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

岩手県 夏油高原スキー場

岩手県 夏油高原スキー

このスキー場の名前は数年前から知っていた。

新聞に載る積雪量が1番多いスキー場。として記憶に残っていた。

宮城県の北部、大崎市付近の東北道を通過した時は雨。
こりゃスキー場も、雨で駄目かな・・・と思っていた。

でも、岩手の一関を通り過ぎると外気温が一気に下がり、吹雪きだした。
((´д`)) ぶるぶる・・・恐ろしい地域だ。

インターから夏油高原に行く道路、結構判りにくい。


げと


夏油は横長のスキー場で、よく吹雪く所なのでゴンドラが2つある。


コースレイアウトは、中斜面が良い感じに続く。
綺麗に圧雪した所を飛ばしながら滑るには、素晴らしいスキー場。


スキー場内で本物のウサギを発見!
追いかけて林の中に入るも、逃げられる。


画像でも分る様に、日中は恵まれた晴天。
でも夕方から吹雪き出して、ゴンドラもユラユラ。


ベースから見上げて1番左側のコースをコース幅最大に使って大回りを練習。
途中にあるぺリフト降り場から誰も滑ってないコブコースを貸切で練習。

コブの形状が今までに滑った事ない物だったので、途中で何度も飛ばされる
Σ( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!

このやろうと!何度も挑戦!
記憶が定かであれば、一度コブの斜め外に飛び出してから入って来る滑りで攻略できたような?
(; ̄ー ̄)...?

このスキー場は、スキーベットとして安い宿泊施設と、しっかりとした温泉もあるので節約滞在には非常に適した所と言えるでしょう。

レストランもありえないぐらい広かったですし、経営元が加森観光ですし。


ゴンドラ内で、70代のスキーヤーにお話しを頂き。

1級以上の資格は、スキー連盟の金集めの為の物だから、取らなくても良い。
今の技術で全力出して滑って上手くなっていった方がよっぽど良い。

今は、パウダー用のスキー板とか出てるが、基礎用のオールラウンド板でも新雪滑走をトレーニングしないと、上達度はそんなに上がらないよ。

と、教えて頂きました。

何でも、週5日は滑っているようで、ゴンドラ降りてから綺麗な小回りして降りていく姿に脱帽。
70代であの滑り、スゲー‥(@ω@;)

それに、70代までスキーを続けていられる事が羨ましい。





テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

北海道 カムイスキーリンクス

北海道 カムイスキーリンクス
カムイスキーリンクス


本当は、ニセコでパウダーを堪能していたかったけど、天気が悪く。
全道的に気温が高くニセコの天気がプラスの気温になる予報だった。

トマムにしようかな?カムイスキーリンクスにしようかな?旭岳にしようかな?
といろいろ迷った末、c7.2LTを使って滑る為にカムイスキーリンクスに決定。
カムイメインバーン

カムイスキーリンクスは旭川市の西端にあるスキー場。
物凄くレース志向のスキー場で競技者が多い。

滑ればその理由が判る筈。
広いバーンに、気温が低く硬い天然雪のバーン。

このコースを大回りで滑り降りる、と途中で「最高な大回りだ」(´;ェ;`)ウゥ・・・と感動。
でも、コースの途中に小さな段差があって、感動をかき消すぐらい飛んで、
死ぬかと思った( ̄Д ̄;; なかなか油断できない所ですよ。

カムイスキーリンクスは・・・。





テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

2011年1月31日 ニセコ シーズン最高降雪記録日。

2011年1月31日全国的に大雪で各地に大きな被害が出ていた頃。

ゴズロフはまたもやニセコにやってきました。

後でヒラフのパトロールブログを見たら、ニセコシーズン最高降雪記録日だったそうです。

大雪過ぎて、初日の写真は無し。
ゲレンデでカメラ出して撮れるほど雪が止みません。

普通に圧雪するコースでも、動けなくなる人続出!
ゴズロフはセンターフォーリフトのみを使い、スーパーコースを繰り返し滑る。

恐ろしいほどにゲレンデ無い、新雪60センチ。
非圧雪90センチ以上。

止まったら出るのが大変(/TДT)/あうぅ・・・・出れない。


スーパーコース滑っていても、吹雪だから視界が無い。
自分が滑って巻き上がった雪で前が見えなくなる。


ツワモノも沢山居ました。スーパーコースに出来る小さな段差で思いっきり飛んでる人達が・・・。
人間じゃねぇ・・・と驚きましたよ。

‥(@ω@;)何メートル飛んだ・・・10は軽く越えてるよな・・・。


次の日も吹雪いて、ゲレンデ無いパウダー。
ヒラフのトリプルリフトが夕方6時に動き出し、10番目ぐらいに突入。

リフト降り場から6人ぐらいのボーダーと一緒に滑り出したハズなのに。
次々と、前転しながら雪に呑まれていき、生き残ったのはゴズロフともう1人のボーダー。

リフトからコースを見上げると、皆雪の中を泳いで脱出してた。
リフト降り場の滑り出しすぐでも10人ぐらい埋まってもがいてた。


3日目にようやく風が止む。
ビレッジ上の方


お気に入りのビレッジエリアを堪能してから、ヒラフエリアへ。
ヒラフゲート
ゲートが開放されて、ツワモノ達は登って滑ってたようだけど、風が強かったので上部エリアは硬く締まった雪で、積雪もそんなに無かった。

でも、吹き溜まりエリアは恐ろしい。
最上部
この画像の右にあるリフトは積雪ありすぎて運休。

だって、ゲレンデで滑ってイスの所に行って、ちょっと頑張れば座れるぐらいの積雪なんだもん。





テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
2017モデル試乗板一覧

2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
万年1級のレジャースキーヤー。
新雪が1番、コブが2番、整地が3番。
数年前のコブ滑り動画

下手糞が滑りの足元を撮影しながら書いてます。
下手糞なりに楽しめた時だけ、評価が高いのでご注意下さい。

評価が悪い板は、相当愚痴ります。
皆さんの大好きなスキー板でも平気で愚痴りますので、不愉快になる人も多いと思います。

コブの事も愚痴ってますが、コブ滑りをスクール等で教わった事はありません。
滑りは全て個人で勝手に解釈して滑ってます。
ですので、コブ愚痴りの記事等に、コブ滑りのアドバイス等頂けると大変嬉しいです。

北海道最高!
北海道スキーも最高
最新記事