ファットスキー カービング コツ やり方 アクセス解析ネタ。

ファットスキー カービング コツ やり方 アクセス解析ネタ。

そもそも、ファットスキーカービングターンする必要性は無いと思うよ?
ファットスキーのエッジが喰い込む位の硬い新雪であれば、カービングは出来ると思うけど…。

底着きしない新雪の上で浮いてる時はエッジなんて殆んど使わず、面を使ったスライドターンだと思ってる。
それでも、ファットスキーを使って整地でカービングしたい!と言う変態な方へ、一言だけアドバイス。


基礎滑りの様に、外足スキーにだけ乗ってターンすれば、まず転ぶ事は無いでしょう。
しかし、なんちゃってカービングしか知らず、自ら身体を内側に倒す方々はコケルと思う。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

春コブシーズン突入!gopro使って滑りを復習。

コブの時期がやってまいりました。
コブを滑って、ゲレンデで対策、家に帰って撮影したgopro動画を見てラインの復習ができる。


オーンズでコブ滑り練習、後半狭いピッチのコブ動画

このコブ地帯の後半、通常の基礎コブよりはピッチが狭くなってます。
モーグラーが縦滑りで何度も降りていたので、モーグラーコブなんでしょうか?


続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

スキーのポール練習は難しい。だってポールが恐いんだもん((´д`))

スキーポール練習は難しい。だってポールが恐いんだもん((´д`))
夕張レースイスキー場に「最後にデラがけするなら、ポール使って良いですよ」と看板が立ってるコースがある。

普段は、レーサー達が練習してるけど、この日は運が良い事に、レーサーは別のコースで練習してた。
ゴズロフは競技スキー経験は無いけど、面白そうなのでチャレンジしてみた。

夕張マウントレースイ、ポール練習動画

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ゴズロフスキーのスキー上達方法その3( ゚д゚ )横滑りできますか?

ゴズロフスキーのスキー上達方法その3( ゚д゚ )横滑りできますか?

スキーで横滑りしてますか?じゃなくてスキーで横滑りできますか?

ゴズロフみたいなレジャースキーヤーで、とても勿体無い事を考えている方々が居る。
「横滑りやズレカービングの失敗動作だから、悪だ!」とゴズロフは考えていた事もありました。

だけど、ズラシ操作をしないと滑れない所があるとその後気づきます。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ゴズロフスキーの上達 方法 その2 ( ゚д゚ ) ボーゲンなめんな!

ゴズロフスキーの上達方法 その2( ゚д゚ )ボーゲンなめんな!

スキーしている方々に言いたい事があります。
ボーゲンをなめないで頂きたい。

ボーゲンを疎かにしていると、基本動作があやふやになってしまいますよ?


続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ゴズロフスキーのスキー 上達 方法 ( ゚д゚ )その1

ゴズロフスキースキー上達方法と宣伝してますが
ゴズロフのブログでは何度も愚痴ってる事を書くだけです。
特に技術どうこうとは全く書きません。


スキー人口の中で1番多い人達が、SAJ1級付近の方々。
スキー板でも「これで1級合格できます」と言われて購入した人も居るかと思います。


ゴズロフは指導員でもクラウン持ちでもありません。
単なるレジャースキーヤーです。 ( ゚д゚ )

レジャースキーヤーで、ある1点の事に気付かないと上手くなりません。
それが

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

スキー板 踏む感覚 踏む? 踏んでますか? 踏めません。

[岩陰]_・。)何度も言いますがゴズロフの素人見解です。
何の責任も持ちません。



スキー板は乗る物ですが、上手い方々は板をんでいます。
ただ乗っているだけではありません。


検定で2級を取った直後、ビデオカメラで自分の滑りを見せて貰った事が有ります。
ひょいひょいと軽く曲がってるゴズロフが見えました。

力強さが無いというか、雪の上1センチ部分だけを撫でるようにしか滑ってないのです。


1級受験の前のスクールでは「板をんで」と言われても全く解りません。
んでる時の感覚が未体験だから、わかる筈も無い。


ゴズロフは板のむ感覚を前から知っていても、それが「んでいる事」だと理解できなかった。

クローチングスタイルでスピードに乗った時、左足をちょっと曲げて、右足を斜め前の雪面に押し付けると。
左方向に曲がっていき、右足裏には雪から押し上げられる抵抗を感じる。


小さい頃の体操の体育で、2人1組になって、両足の裏を合わせて両手を繋いで足の裏で押し合いするの覚えてますか?
その感覚が1番近いでしょうかね?

骨盤辺りから足の裏までに1番力を入れる為には、膝を曲げず、足の付け根からカカトまで矢印のベクトルの様にん張れば相手に負けず、少しでも膝を曲げると、足裏への力が弱まり負けてしまう。


これが板を踏む感覚に似ていると気付いたのは新品の板で滑っている時。

使い古しのC5.2から、新品のC7.2MT VISTプレート付きに乗った時。
プレートの助けで、下方向への力の伝達率が良くなり、小回りが一気にスムーズになった。

それで数日滑っていると、ターンの繋がりが良くなり。
右方向にスキー板を出したのが、足元に返って来て、その力を左方向に流すとターン中の力の効率が良くなり。

滑っている時の感覚が、誰かから板を下から押されている感覚だった。


この感覚を知ってから、ストックを骨盤付近に抑え付けてボーゲンで滑る練習の意味が解ったような気がします。



テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
2017モデル試乗板一覧

2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
万年1級のレジャースキーヤー。
新雪が1番、コブが2番、整地が3番。
数年前のコブ滑り動画

下手糞が滑りの足元を撮影しながら書いてます。
下手糞なりに楽しめた時だけ、評価が高いのでご注意下さい。

評価が悪い板は、相当愚痴ります。
皆さんの大好きなスキー板でも平気で愚痴りますので、不愉快になる人も多いと思います。

コブの事も愚痴ってますが、コブ滑りをスクール等で教わった事はありません。
滑りは全て個人で勝手に解釈して滑ってます。
ですので、コブ愚痴りの記事等に、コブ滑りのアドバイス等頂けると大変嬉しいです。

北海道最高!
北海道スキーも最高
最新記事