多分日本一の企業が、とんでもないジュニアスキー板を売ろうとしてました。


 ( ゚д゚ )凄い愚痴りますね。
スキー板って売る側の立場になると、凄くメンドクサイ点が有ります。
ビンディングとブーツをしっかり合わせて、調整しないと、一番安全に使えない事。


 一番安全に使っていても、怪我する時は怪我しますから、間違わないでね。
販売側やメーカー側にに責任追及して良いのは、明らかな過失等が有った場合です。

 販売側がビンディングのネジを締め過ぎて、全部ネジ切れが原因で、滑走中にビンディング飛んだり。
新品で買った板なのに、エッジが全部外れてて、曲がれなかったよ?って欠陥が有ったり。
メンドクサイですね。

 販売する方も、そんなメンドクサイ方法なんてしたくない。
だけど、売れる物は売れる時期に売りたいから、色々考える。


 スキー用具より、ボード用具の方がネットショップで取り扱いが多いのも、それが理由。
スノーボードなんて、ビンディングの取り付けって、もともと付いてる穴を使ってビス止めるだけ。
たま~に、ビンディングの右と左を間違えている人が、本気で居るから困りますよね。

 ボードはお客さん自身で、全部出来るから、販売側はメンドクサイ調整とか必要無い。
だから、ネットショップも用具を仕入れたら結構し易く、沢山有るし。
訳の解らないブランドも沢山有って、売れなくなったブランドは、こっそり名称を変えるだけ。


 
 それでね、最近冬支度の為、暖かい毛布を追加購入する為。
110kmまで距離は有りませんけど、その系列のデカイショッピングセンターに行きました。

 そしたら、ジュニアスキー板が売ってるんですよ。ジュニアスキーブーツも。
( ゚д゚ )!?どんなスキー板が置いてあるのかな?
結構酷い愚痴ですけど、事実ですからしょうがない。
買う側のお客さんは、予め知っておく必要性が有ると思う。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

子供用のスキー板、ブランドのカタログに載ってる商品と、ブランド外商品の違い。 お勧めは?


 子供スキー、何処のブランドが良いですか? ブランドって何ですか( ゚д゚ )?






 スキーには、メーカーから出しているブランドが有ります。
サロモン、アトミック、ヘッド、フォルクル、ロシニョール。

 最初に書きますが、何処のブランドが、子供にとって一番上達がし易いスキーなんて存在しません。
スキー場で、1番上手い子供が使っていたスキーが「オガサカ」と言うスキーだとしても。

 もしかしたら、担当者さんが、スキー用具をサポートしている可能性も有ります。
「君、スキー凄く上手いね、良かったら、オガサカのスキー使ってみない?」って。





 さて、上の画像2つは、一応サロモンと言うブランドのスキー板に見えます。
誰が何と言おうと、スキー板の表面に大きく「サロモン」と表示があります。
だけど、どちらか片方はサロモンで作ってません。

 ゴズロフは、全国にお店が沢山在る大型量販店で、このサロモンの板見た時。
「えっ?表示方法違うんじゃないの?」「サロモンの痛板だ!」って思いました。

 片方のスキー板はここのスキーブランドと一緒の可能性が有ります。




 別に直接確認しなくても、スキー板の説明書が板と一緒になっていれば。
「サロモンの表示してますが、正式に許可を貰いスワロースキーで造ったスキー板です」と書いてる。

 スワロースキーもブランドなんですが。
冬季オリンピック等でスキー板が映らないから、一般人は知らないだけです。

 ブランドが表示されていても、造っている工場が、別のブランドの工場だって事は。
大人のスキー板でも、当たり前の様に存在しています。
多分、スキー板よりも、ボード板の方が常識になってるかもね。

 
 だけど、スキーを始めたばかりの子供が。
正式なサロモンブランドの板と、中身はサロモンじゃ無いかも?のスキー板を使っても。
多分、その違いなんて気付く事も出来ないし、上達具合に差は殆ど出て来ません。


 教える指導方法がしっかりしてる方が、子供の上達具合は早くなります。

 
 たま~に、大人の高級ブランドのスキー板を見掛ける事も有りますが。
それこそ、外見は本物高級ブランド、中身は単なるアトミックの工場で造った板かもしれません。


 

 子供用のスキー板って、大きく分けると2つしか有りません。
工場から、最初から専用のビンディングを取り付けたまま、お店に卸す左側。
ビンディングがつま先、かかと側両方を動かせる、システムビンディングのスキー板。


 スキー板とビンディングを、お店がバラバラで仕入れて、お店で取り付ける右側。
がかかと側しか動かせない、ビンディング直付けのスキー板。








 実際にスキー場で多く見掛けるのは、右側の画像のスキー板。
多く使用される理由は、ジュニアスキー板で最も安い商品だから。
勿論、安いから「悪い」って意味では無いよ。


 ただ、大きな違いも2つ有ります。

スキーセンター
 スキー板には、1番普通に滑れる推奨位置が存在する。
決めるのはスキー板の製造元で、板の種類で全部違う。

 その位置にビンディングを取り付ける為に、ブーツにはセンター位置のラインが刻まれている。
ブーツセンター


 大型量販店では、ビンディングの付いて無いスキー板が重ねて置かれています。
沢山重ねられるので、売り場スペースを取らずに非常に便利ですね。



 スキー板の近くには、子供用として、ジュニアビンディングも売られてます。

 




 ビンディングは、ブーツを基準に、板に直接穴を開けてから、ビス締めします。
もしブーツの大きさが変わると、スキー板の推奨位置からズレて、その分ちょっと滑り難くなる。
サイズが違い過ぎると、ビンディングにセット出来ても、滑るのに適さない場合も有るので要注意!

ブーツが小さすぎ
 この画像は、最初に取り付けたブーツより、小さいブーツを使用した画像。

 ブーツの本当の長さ(ソール長)が変わらなければ、良い位置は維持されますが。
ブーツが変わると、その位置が変わります。
同じサイズでも、ブーツのモデルやメーカーが違うと、ソール長も変化します。


 もちろん、ビンディングを1度外して、再度ビンディングを適性位置に取り付ける事が出来ません。
古い穴が、新しい穴に近過ぎると、ビスの固定強度が弱くなるので、安全性に問題が有る。
出来たとしても、中古のジュニアスキー板を買える位のお金が掛かるし、加工を拒否される事が多い。
その為、ネットオークションや、交換掲示板で出品される、ビンディング直付けスキー板が多過ぎる。


 次は、システムビンディングタイプのジュニアスキー板ですが。
一応、正式に広告としての画像ですので、無断転載とかじゃないですよ?
実際にクリックしたら、販売サイトに移動しますし。


 上の画像は、ジュニアのシステムビンディングの、つま先とかかとのパーツを付けて無い画像。
下が、年代が違いますけど、ビンディングを付けた後の状態。


 システムビンディングは、こんなプレートがスキー板にビス締めされてます。
プレートにビンディングをスライドさせて、ブーツのサイズに合わせられるので。
適正なブーツセンターに、スキーの推奨位置を合わせられます。
 
 パークで遊びたくて、ビンディング位置を前に寄せたり。
深雪を滑るから、ビンディングを位置を後ろにズラす事も、一応出来たりする。



 現在、大人の普通のスキー板は、殆どシステムビンディング。
だけど、子供用のシステムビンディングは、直付けビンディングより圧倒的に少ない。



 以下、販売に関わる方が見たら、怒るかもしれないから見るの禁止します。
見といて愚痴に文句言って来るのも禁止します。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ゴズロフの甥っ子のジュニアスキー板をオークションで探してます。

 ゴズロフの甥っ子は、ゴズロフが子供の頃よりスキーは上手い。
それもそのはず、近所のスキー場まで30分も掛からず、毎週スキー教室に通ってんだもん。
ゴズロフがスキーを教わったのは、小学校の授業の時に少しと、
スキー場のスキースクールの講習を8年前に10回位受けて、2年前に1回。

 甥っ子は、滑り始めてから地元の未就学児対象のスキー教室行ってたもんだ。
ゴズロフから見て羨ましい位上手い。

 そんな甥っ子の馬鹿母親が、ゴズロフの実姉。
スキーが短くなったから、もうちょっと長いスキーを買うそうです。
札幌市内では大きめのリサイクル店に行ってみたけど、高いらしい。
安く買えそうなオークションで、甥っ子のスキー探しを手伝ってる最中。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ジュニアスキーのビンディング調整方法について。

ジュニアスキービンディング調整方法について。

ゴズロフ、愚痴ブログは殆ど更新してませんが
近所のスキー場が滑れる様になって、休みの日であれば滑ってます。

唯一滑ってないのは、ニセコ2泊3日旅行の1日と3日目。
滑っていると、いろんな事がある。








上記の2つの、ジュニアスキー板ビンディング調整をする出来事があった。


続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

雪が降らないので、2016モデルジュニアスキーウェアの性能とやらを愚痴ってみた。

スキーウェアには耐水性透湿性と言う物があります。

耐水性は、水分を弾いて、ウェアの中に水が入り込むのを防いでくれる性能の事。
透湿性は、ウェアの中にある水分(汗の蒸気)をウェアの外に出してくれる性能の事。

「ゴアテックス」と言う高機能の耐水性を持つ名称は誰もが知ってると思います。
けれども、近年は色んなブランドが、独自に開発した素材に名称を付けてるので。
耐水性透湿性の数値を表示せず。
「非常に耐水性が高く、透湿性も優れている」って曖昧な表現がとても多いです。


又、傘やテントの耐水性と比べて、この製品の耐水性は高機能ですよ!
と謳っている所もありますが、人がその服を着て、腕を曲げたり、膝を曲げたりすると。
ウェアの生地も曲がったり、伸ばされたりして、機能の数値はグッと下がります。

耐水性があるからと雨の中に子供を放置してると、普通に濡れます。
ヤメテ下さいね。

使っている間にも、生地が擦れたりして、機能はどんどん落ちて行きます。
「テメェの店が、高耐水だって言うから買ったのに、濡れたじゃねぇか」
と言うクレームも駄目です。


アウトドアブランドにある高額ウェアで。
「通販で買ったけど、なんだこの薄さは!寒いじゃないか!」
と言うクレームも駄目です。

透湿性を考慮して作られて居るのを知ってください。
中の汗を外に出すって事は、保温性を犠牲にしてるって事です。


続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

( ゚д゚ )ゴズロフが甥っ子に中古スキー板を選ぼうとしてましたが、その時のブーツとスキー板の最適な組み合わせ判別方法。

リサイクルショップで中古ジュニアスキー板とブーツを探したゴズロフ。
鬼姉の子供である甥っ子には、出来る限りちゃんとした用具選びをして貰いたい。

ゴズロフが子供の頃は、全部鬼姉のお下がりスキー用品。

スキー板が長過ぎても関係無い。「長いのは上級者って証だぞ!」
ブーツが大き過ぎても関係無い。「分厚い靴下2枚重ねて履けば良い」
スキーワックスも銀パラと呼ばれる物を直塗りしたままで「さぁ滑って来い」だった。

今は「長すぎるスキー板は操作難しい」「大き過ぎるブーツは危険」
「ワックスは板のソールに入れないと駄目、表面に残ってると逆に引っ掛る」
等の事を知る事が出来たので、昔の糞親父を反省させてます。


( ゚д゚ )出来る限りちゃんとした用具を選ぶと、スキー操作がやり易くなるので。
スキーする子供が「滑れて楽しい!」と思ってもらえるチャンスが増える。

鬼姉は「ゴズロフが甥っ子をリサイクルショップに連れて行き、合ってるの選べ」
と、言ってましたが。メンドクサイので鬼姉にこれだけ伝えて。
「鬼姉家族で買いに行って」と言おうとしてた。

以下の愚痴は
新品でスキー板売ってる方々は見ないで下さい。
怒るかもしれないので、駄目!絶対!

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

冬のリサイクルショップには、ジュニアスキーブーツと板が沢山ありますね。

ゴズロフの可哀想な?甥っ子が来年小学校に上がる。
その小学校には、授業としてのスキーが有る。冬自分のスキーを持って行かなければならない。

甥っ子の母親が、ゴズロフにとっての鬼姉。
その鬼姉が
(# ゚Д゚)「スキー用具を揃えたいけど、何買うか解らん。新品は高いからリサイクルショップで買う」
と、ゴズロフに言って来た。

( ゚д゚ )「なんで来年の冬に使う子供スキー用具を、1年以上前の今時期に買うの?」
 (# ゚Д゚)「えっ?今の内に良い物買って置いて、1年後に使おうと思ってるけど。駄目なのか?」

(; ゚д゚ )「今甥っ子のブーツ買っても、1年後の使う時期までに、足のサイズが大きく成長するかもしれないでしょ?それに、身長でスキーの長さも決めるのに、1年前に買ってどうするの?」
  (# ゚Д゚)「そうか、なら来年買う」

と言う出来事が実際にあった。
ゴズロフも全国展開している有名なリサイクルショップに行き。
ジュニアスキー用品を探しに行って価格を調べて来た。
この出来事を愚痴ネタとして今回の記事を書きます。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ジュニアスキーのビンディングのカカトが入らない! 上手く入らない! なかなか嵌らない!

ジュニアスキービンディングのカカトが入らない! 上手く入らない! なかなか嵌らない

最近のアクセス解析でこんなワードが増えてきたので、ゴズロフが今までやった事を少し説明。
お子さんがスキーブーツビンディングセットする?はめ込む時はスキー板を抑えてあげて下さい。

カカトで踏む力が足りない事もあるでしょうが、ブーツの先をビンディングのトゥピースにセットしてから、カカトで踏み込んでヒールピースにセットする時にスキー板が動くと難しいです。

お父さんが雪面に座るか肘を雪に完全に着けて、からスキー板を抑えて
ジュニアスキー板を動かないようにして下さい」
ゴズロフの甥っ子にはこの方法でスキー板をはかせていたので、スキーデビューの日にビンディング嵌らない
と困った事はありませんでした。

これが急斜面や、新雪がある場面だと。
支える人がスキー板の下方の斜面に座り込み、腕をジュニアスキー板の下に敷いて板を動かないように固定してからお子さんのブーツを誘導してあげて下さい。

新雪コースでお子さんが転んでビンディングが嵌らず苦労してるのに、親はもっと下の方で(=゜∇゜)ボーっと上を見上げてるだけだった時に、ゴズロフが実際にやった事です。
この時は、開放値がありえないほど高かったので、ブーツのカカト部分を掴んでビンディングに押し込みました。
平らな斜面では簡単に出来るブーツのビンディングセットも、斜面の中だとなかなか出来ない物です。

下の方でお子さんにあれこれ言うよりも、実際にお父さんの手を使って補助しながら口を動かして下さい。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ジュニア用スキーヘルメットは付けてますよね?

ジュニアスキーヘルメットは付けてますよね?


★お買い得★20%OFF★送料無料★★SWANS スワンズ★☆H-45R☆【ジュニア用スキー・スノーボード・ヘルメット】


大人の方では「ヘルメットは格好悪いから付けたくない」って人が意外と多い。
大丈夫スキーの格好良さは、スキー滑ってる姿ですので、ウェアとヘルメットはある意味
「カッコ良さにはあまり影響しません」

ゴズロフは「お子さんにジュニアヘルメットを装着させて欲しい」と思ってる。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ジュニア用スキー板とスキーボード ミッドスキー板は違いますが大丈夫?

ジュニア用スキー板とスキーボード ミッドスキー板は違いますが大丈夫?

ジュニア用のスキー板の購入を考えいる方へ。
最初に言っておきますが、子供にとって1番楽しくて上手く滑れるスキー板は
本人のスキー技術力に見合った硬さと長さを持ったスキー板です。

昔スキーをしていたからと言って、有名メーカーだけで探すのは止めてください。
そのスキー板、サロモンのプリントしてるだけで中身はその辺の無名メーカーの板とほぼ同じですが大丈夫?


続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

スキーの金具 ビンディング調整方法でのアクセスが増えてます。

スキービンディング調整方法をお探しの方かな?

マーカー look ジュニア用 ビンディング 調整方法 としての検索が増えて来てます…。


ゴメンナサイ<(_ _)>ゴズロフの愚痴ブログではビンディング調整方法ページはありません。


続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ジュニアスキー板の比較方法、当たり前の事ですが・・・

ジュニアスキー板の性能比較方法は意外と難しい。
( ゚д゚ )ゴズロフ父ちゃんが、ゴズロフジュニアの為にジュニアロッカースキーを探します。

■_ヾ(・・*)カタカタ
とりあえず、ネット通販のショップでK2 ジュニア ロッカースキーで安い順番に検索。
楽天市場で ジュニア ロッカー スキー k2でとりあえず検索したページ

( ゚д゚ )安い順番から見ていく。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。

北海道スノーパラダイス
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事