FC2ブログ

GoPro HERO7 Black 雪山スキー場での新品バッテリー持ち時間は すぐ切れる。

 
 GOPRO HERO7 Black 公式ページだと。
スキーやボードでの撮影に適したビデオモード[1440p120]で撮影は
バッテリー満充電での、最大撮影時間(分)は50~55分。

スキー場での純正バッテリー強制終了切れまでの、合計撮影時間は21分32秒。
20201212仕様の互換バッテリー強制終了切れまでの、合計撮影時間は16分。

 これは、実際にバッテリーの充電が0になった訳では無く。
バッテリー容量が残っていても、寒さでGOPROの方が認識しないんでしょうね。

 数分後に運良く電源が入って撮影を出来たとしても、
10秒もしない内に「ピピピピ」っと強制的に電源切れて撮影中止。

 気温の高い室内に戻ってからGOPROは電源が入り、残量は50%と表示。
撮影は気温の高い室内なら可能。屋外は不可能。

 2シーズン目はもっと酷く。
初滑りの撮影開始時間2分位で、バッテリー強制終了。
バッテリーが切れるのと同時に、頭の沸点が低い人も切れるの早くなりますよ。

 気温が暖かい時期だともうちょっと撮影時間が伸びますが。
気温が−20度とかに北海道の内陸のスキー場やら、高い山だとすぐ切れる。


 バッテリーは、残量表示が多いまま充電すると、劣化が早くなります。
95%しか減って無い、純正バッテリーをたった5%の為に充電するんですから。
スグに駄目になりますよ。

 もし、バッテリーの寿命を長く持たせたいなら、室内でGOPROを使い続けて。
室内使用でのバッテリー残量を10%位にしてから、充電した方が良い。


 
 GoPro HERO7 Black 雪山(北海道)でのバッテリー持ち時間は、公式ページ発表の半分以下。
雪山と言うか、気温の低いスキー場での使用出来る時間は極端に短くなる。
GOPRO HERO7 Blackのバッテリー切れが、こんなに早い訳が無い!って正直思った。

 スキーユーチューバーの方々は、GOPRO提供して貰ってるんですかね?
GOPROの宣伝してる動画は良く見るけど、スキー場でのバッテリー駆動時間を詳しく説明してるのは一度も見た事無いです。

 3シーズン目のGOPRO純正バッテリー撮影可能時間は。

 たったの4分。
(室内気温でバッテリー残量を0にしてからフル充電した物)
下の広告は実際に購入した物。






 バッテリーは消耗品だからって、購入した安い互換バッテリー。
新品をフル充電にして初めて使用して、9分でも切れなかった(雪山での残量は15%)と表示。
切れるまで撮影し続ければ良かったかも?




 

 純正品と互換バッテリーの新品を比べたら、純正品の方が長時間持つでしょう。
けど、新品でも5分位しかスキー場で使えないなら、互換バッテリーを使い倒す手も必要ですね。


 gopro hero9は買う必要有りませんが。
何処かのスキーユーチューバーさんが、実際のスキー場でのバッテリー駆動時間の計測してくれませんかね?

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

テイネスキー場GOPRO撮影動画

テイネスキー場GOPRO撮影動画

teinne

新雪

とあるテイネのツリーラン

パトロールさんが、積雪ヤバイと言っていた日。


テイネ ロシニョール S3を苛める動画ツリーラン



続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
今年のメロンは高い
コブ滑りのブーツガード。
エッジからブーツを守る。
道外人居ない北海道








2022モデル試乗板
2020モデル試乗板
2019モデル試乗板
2018モデル試乗板
2017モデル試乗板
2016モデル試乗板
2015モデル試乗板
2014モデル試乗板
2013モデル試乗板
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
最新記事