FC2ブログ

不整地・コブ・乾燥雪が降る−13℃以下になるスキー場ではオークリーゴーグルしか使わない。

 スキーしてて一番困るのが視界不良の時。
スキー用のゴーグルは視界を良くする為のスキー用具。
ブランドのロゴを他人に見せ付ける目的や、オデコに掛ける帽子の代わりじゃ無い。

オークリーゴーグル

上記画像は、現時点での使用できる所持してるゴーグル
CROWBAR×1
SPLICE×3
LINE MINER×1(2月に購入)
FALL LINE XL×1(5月に購入)

 昨シーズン初めは降雪に恵まれた富良野スキー場に通い。
長時間待たされて乗るロープウェイ、減速運転&故障止まりのゴンドラで、何度もゴーグルが曇ってしまい…。
ゴーグルのレンズの拭き方が悪くて、SPLICEのゴーグルを駄目にしてしまった。

 ゴーグルが曇ってると、不整地を滑るのに苦労する。
雪面の凸凹が解らず、いきなりスキー板が弾かれたりして怖い。


富良野スキー場。プレミアムゾーンと言う名の完全非圧雪コース。上から下まで。
 
 その後、外人さんがロープウェイを降りる直前にゴーグルを装着してるのを見掛けて、その方法を真似たら曇る事は無かった。
そう言えば、旭岳ロープウェイで1時間位待ってた時は、ヘルメット外して並んでたけど、すっかり忘れてた。

 オークリーゴーグルが1つ減った為、従来のレンズより凸凹が見え易いプリズムレンズを購入。



 購入した切っ掛けはゴズロフでは無く、ゴズロフのクソ親父が文句言い出した為。
「ニセコアンヌプリに滑り行ったけど、雪面が見え難くて、パウダーに埋もれて転び易い、眼鏡対応のもっと見え易いゴーグルが有れば」だって。

 そこで、取り敢えずオークリープリズムレンズを購入し。
まずはゴズロフが数回使用してから、クソ親父にプレゼントしよう…と決めた。

 レンズの色はプリズムレンズの基本となっている「プリズムローズ
世界が紅く見えます。日中で有れば、多少の日陰の中でもコブの凹凸がオークリーの「ハイイエロー」よりも見え易い。
 
2回使用しプレゼントした後に。ゴズロフ用として、レンズ色の違う物を購入。



 プリズムローズよりも、もっと悪天候用の「プリズムパーシモン」
正直に言うと「プリズムローズ」の方が、凹凸を認識し易い感じ。
(あくまでもゴズロフ個人の感想)

 ナイターや雪降りの中ならお勧めは「ハイイエロー」
それ以外の日中の晴れ時々曇り位の天候なら「プリズムローズ
上記2つをどちらも行ける、中途半端なレンズが「プリズムパーシモン」

 
 ラインマイナーのフレームについて…。
コブ滑るからラインマイナーにした訳では有りませんが、オークリーの昔のフレームよりも、足元が見降ろし易い。
しかし、ゴズロフは平べったい顔の種族で頬が出っ張ってる骨格なので、ラインマイナーのフレームが頬に当たって変に疲れた。
但し、数日使用すればラインマイナーのスポンジがヘタって来るので、頬骨の疲れ具合は緩和されて来ます。

 ゴズロフは10年以上、オークリーのゴーグルしか使ってませんが。
日中にコブを滑るなら、今の所「プリズムローズ」のレンズを使えば、不整地コブでの凹凸が見え易いのでお勧めです。
暇が有れば、ナイターのリフトに乗りながら満月でも見上げてみて下さい。
月が面白い色してますよ。

 ナイター時のコブの凹凸は「ハイイエロー」の方が見え易いから。
ナイター時はゴーグル替えてますね。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

スキーウェアのインフレが止まりません。今流行りのスリーテイウェアとは!?




 上記の画像は紛れも無く、大型量販店で沢山売れている、メンズスキーウェア
ご購入されるのは、大切な子供達と、物凄く大切な奥様のスキー用品を購入された後のお父様方。



 こっちは、最初から購入するのを決めている、基礎スキーに熱心な方々が欲しがるスキーウェア


 売る方も馬鹿じゃ無いから、どんな方々に、どんな物が売れるかなんて、ちゃんと考えて居る。
最近、ちょっと大きめのスポーツ量販店に、ある商品を買いに行った。


 なんだか、スキーエキスパート専門の担当者さんが居る店舗らしく。
スキー板も中級モデル位のが沢山置いて有りましたね。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

スキー板、ブランドよりも何処で製造している方が重要かもしれない。

 スキーの本当の所。1つのブランドだけを勧めるなんて、ゴズロフは出来ません。
とあるメーカーorブランドスキーは、全てが同じ工場で製造しているとは限りません。

 それを知って居るか・知らないかの違いです。
サロモンと何処からどう見ても、サロモンのスキーにしか見えないのに。
製造元は、メーカーのサロモンとは全く関係無い、別工場で作ってる事も有る。

 理由は様々でしょうが、工場を持ってないブランドやら、有名メーカーがコスト削減の為に委託して作って貰ってるとか。
それが、悪い事だとは思いませんし、利益を上げる為だから当たり前の事です。
ゴズロフが大好きだったスキーブランドは、利益優先のコストダウンの為か、製造元が某国に変わり、試乗して数ターンで、こんなスキー要らない!ってブランドイメージが総崩れしてしまった。
 その後、そのブランドの旧モデルを急いで買い集めて、10年前のモデルなのに未使用新品が有ったりもする。

 
単なる広告画像です。

 何でこんな事を愚痴るかって?
つい最近、スキーに記された製造元が付ける「刻印」の位置が、スキー板のモデル毎に違うブランドが有りまして。
そのブランドに深く関わりの有る方に聞いてみたんですよ。
「これって、刻印の場所が違うって事は、製造元がそれぞれ違うって事ですよね?」
(ゴズロフは知能が低く、こういった失礼な発言を結構します。実際にお会いしてる方々は申し訳ございません)
「いえ、ただ単に製造しているタイミングが違うので、刻印の場所が異なるだけです」
「じゃあ、製造元じゃ無くて、製造時期が違うだけで、刻印の場所を変えてるって事なんですね?」
「そうです」

 その後は、思う存分スキー板の違いについて質問させて頂きまして。
何で乗り味がここまで違うのかのご説明を頂き、本当にありがとうございました。
本当に、製造元なんて気にしているゴズロフが恥ずかしく思います。

 万が一、製造元が違っていても、同じ製造方法、同タイプの機械で製造したりすると思うので。
元々の素材の質が変わらない限り、スキー板に乗った時の乗り味は変わらないと思うのですがね。
そうじゃないと、素材を厳選して選んで良質の木材を使ってます。って宣伝してる所が馬鹿みたいですもん。

 だから、同じブランドでもスキー板の種類が違うと、乗り味が別物のスキー板が存在します。
「何でこのブランドの板、板名が同じで、数値が65と70って違うだけなのに、性格が全く違う板なんだろう?」
って感じたスキー板が、トップシートに表示して有る生産国が違ってて納得。

 

 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

NORDICA STRIDER 120 DYN ノルディカ ストライダー アルペンソールに交換。

 ノルディカ ストライダー120を、同時に購入していたアルペンソール交換


 まずね、ノルディカストライダーブーツは、詳しく取り上げて説明してる所が無いので。
ノルディカのメーカー担当者さんも。良く解らないブーツみたい。
インナーがシューレースで縛れるのですが。それ自体ノルディカ担当者さんも知らなかった模様。

 ストライダー130は有名なデモ選手とかが使ってるみたいですが。
ゴズロフには硬過ぎて使えません、120でも履く時辛いです。

 このブーツの特徴は、テック対応スキーブーツ。
マーカーなら、ソールID調整可能ビンディングなら、ミシュランソールのまま使えますが。
一般的の基礎スキー板のアルペンソールに対応する、アルペンビンディングには不適合。
まあ、一応入るっちゃ入る。(´Д`)σ)Д`)
rukkuta-n14gamuri

今シーズン、もしグリップウォークソールブーツを購入してしまったら。
グリップウォーク対応ビンディングが必要です。


 ストライダーは、発売を知った時点で買うつもりだった。
インナーはコルクだし、部分的だけど、シェルも外側に引っ張って広げる加工が出来るから。
だけど、接客して頂いた時に、アルペンビンディングにはミシュランソールのまま使えない事を知った。
コブ滑るスキー板って全部アルペンビンディング付けてるから・・・よし購入。

 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

本革のスキーグローブでも、水を握れば中に浸透して来ますよ?テムレスしか無いでしょ?


 本革のスキーグローブでも、水を握れば中に浸透して来ますよ?テムレスしか無いでしょ?
スキー用のスキーグローブは、グローブを装着し、水の中にグローブ部分を入れても浸水しない物。

 使い続けて、グローブの素材が擦れたりすると、その部分の耐水性は弱くなるし。
グローブの表面に雪を乗せて、そのまま手を握ったりすると、浸水して来る。

 片方で3kg以上有るスキー板をまとめて握りますよね?
約6kgの物を、スキーグローブを着けている片手だけで持ちます。
この時、グローブの素材の中には、強く引っ張られたり、潰される部分が出る。
その部分の耐水性って、物凄く落ちます。

 耐水性が高いグローブでも、中に水が染み込んだり、表面がれる原因がコレなんです。
ゴズロフの耐水性が優れたグローブも、かぐらで滑り、駐車場でグローブに水かけて洗ってた。
1シーズン位は持ちましたけど、次のシーズンから染み始めた。

 1番簡単なのは、れたスキー板を持たない事なんですけどね。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

スキーシール G3 アルピニスト ハイトラクション スキン のカットが大変でした。



G3シールを購入し、スキー板からはみ出た部分のシールカットする作業を行った。
カット専用のパーツが入って居る為、切るのは簡単だ。と他のサイトさんで書いてましたが。
説明書が日本語では無い為、最初はどうやって使うかが解らなかった。


シールカット

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

スキー用品で1番大切なのはブーツです、スキー板ではありませんよ?

スキーするのに1番大事なのはスキーブーツです。何回愚痴ったかワカンナイけど.
どんなに本人に相応しいスキー板を持っていても、ブーツが足に相応しく無いなら意味無い。


ゴズロフにとって「相応しいスキーブーツとは?」使う本人の足の形に合った(似ている)ブーツと考えてる。



【送料無料】期間限定特別価格SALOMON(サロモンスキーブーツ) OUTLET大処分!
メーカー希望小売価格 66,150円 (税込)当店WEB価格 28,381円 (税込 29,800 円) 送料込


サロモンの商品が半額になることなんて、普通の事です。
慌てずに、自分の足に合ってるかを考えてくださいね。


以下、愚痴。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
今年のメロンは高い
コブ滑りのブーツガード。
エッジからブーツを守る。
道外人居ない北海道








2022モデル試乗板
2020モデル試乗板
2019モデル試乗板
2018モデル試乗板
2017モデル試乗板
2016モデル試乗板
2015モデル試乗板
2014モデル試乗板
2013モデル試乗板
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
最新記事