ファットスキーの選び方の前に、何処で滑るのかが重要です。湿り雪?乾燥雪?

 基礎スキー板しか持ってなくて、ファットスキー板の購入を考えている方へ。

 ファットスキー板の種類って沢山ありますが。
基礎板みたいに、初級用・中級用・上級用と区別しようと思えば出来ますが。
メーカーは「的確に」「選び易い様に」表記はしません。
表記してしまうと、御自分に正直なスキーヤーが、上級用ファットを買わなくなるからです。

 一概に、整地を滑るなら。
板がらかいから初級。板がいから上級って所は基礎板に似てますが。

 新雪を滑る時は、ちょっと変ってきます。
新雪が降った所の気温で、らかいスキー板・スキー板のメリット・デメリットが出てくる。
さと、雪質の特性は、最初は知らなくても、新雪をファットで滑れば、嫌でも知る事になります。

 だから、折角買ったファットスキーで滑ってみても。
「あれれ?想像していたのと、全然違う」と、乗り難かったり、物足りなかったりします。

 ファットスキー板の
「長さが同じ」「トップ・センター・テールの幅が同じ」「サイドカーブが同一の数値」デモ。
スキー板を作っている素材が違ってくると、曲がる時の感覚は相当違って来ます。


 ですが、ファットスキーで、滑り易さに1番影響を与えるのは、気温による雪質の違いです。
-20度以下の北海道でも内陸部の新雪。
-10度位の北海道で有名なニセコエリアの新雪。
-0度位の、湯沢地域の標高が低い所の新雪。

 上記3エリアを同じファットスキー板で滑ってみれば、そのファットには何処が相応しいのか解る。
先に書いて置きますが、「気温が低ければ良い・楽しい」と言う単純な事ではありません。
ゴズロフは適度に湿った雪が1番楽しいと思ってます。
 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

バックカントリー&サイドカントリーで事故を起すとメディアは大喜びで飛んで来ます。


 2018シーズンに向けて、最新のファット板、最新の山用具の購入を楽しみにしている方々へ。
メディアは常に、消防救急の出動を張り付く様にチェックしてますよ。

 スキー場内での救急要請等は「チッ、ネタに無んねぇ」
スキー場外での山岳救助要請は「よっしゃ!ネタになる」って飛んで来ます。本当に。

 ゴズロフが個人的に経験して来た事だけで考えると。
警察消防が説明しない限り、メディア目撃者当事者だけから情報を仕入れてる?

 事故に遭った方や目撃者の方が、一切何も話さなければ、「ネタ」にならないかも?

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ファット用、イージースキンセーバー。190cmの収め方動画、テムレス最強伝説。

 ファット用、イージースキンセーバー。190cmの収め方動画テムレス最強伝説。


ファットスキー用、イージースキンセーバー、使い方動画。テムレス最強伝説。


 スキー板の滑走面って斜面を下って滑る為です。当たり前の事ですね。
滑走面に貼り付けて、斜面を登れる様になる用具が、実は存在していた。
バックカントリースキーで必要な「シール」「スキン」と呼ばれるモノ達である。


 ゴズロフ所有の最長ファット板は190cm。
( ゚д゚ )店員さんに聞いたら「190cmの180cmも違いは無いです!」って言い切られましたからね。
使用するシールも190cm位長いモノ。



続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

25cmの新雪パウダーで、内足ターンと、ツイスト&スライドに挑戦。

 整地でちょっとばかし、内足ターンが出来る様になって、いい気になってたゴズロフ。
本当のパウダーで試してみても、なかなか理想通りに行く訳が無い。

 そんな中、新雪25cmのパウダー当たり日がやっとやってきた。

 
 新雪パウダーで内足ターンを1ターンだけ成功?

 狙って内足ターンをした訳ではありません。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

クランマーターンを整地じゃなくて本物のパウダーでやってみたくて児玉毅のよくわかるバックカントリースキーテクニックを購入。





 いや、本当に購入しましたよ?児玉毅のよくわかるバックカントリースキーテクニック
北海道のとあるレジェンドさんのブログを拝見して知り。
ブログのリンクを辿って、楽天ブックスで即購入。 

 基礎スキー雑誌で児玉毅さんが、テクニカルの方にパウダー滑りを指導してた記事。
その中でクランマーターンを初めて知った。
バンダナが貰えた、コルチナを舞台としたグラフィック雑誌のクランマーターンはなんか違う。
雑誌の記事だけでは、クランマーターンの弧の大きさが良く解らない。


 整地での練習方法とかあるのかな?と期待して
児玉毅のよくわかるバックカントリースキーテクニック のDVDを再生。


続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

バックカントリーの偏見報道は出来れば辞めて頂きたい。ゴズロフ批判は歓迎ですよ。

バックカントリーのニュースが2015年になってから人気ですね。
ゴズロフは強制的に受信料金を徴収されるテレビ局しかニュースを見ていないので
ゴズロフがニュースで受け取った情報は一部偏っている可能性あり。
もちろん、受信料は1番お得な1年毎の銀行引き落としです。

まずは、ゴズロフが種別分けしてるのがこの3つ。
パウダーを滑りたいからバックカントリーに行く方。
雪山を登る事自体を楽しんでいる山屋さん。
スキー場に居て、新雪を楽しむ為に滑る範囲を広げて、コース外に出るサイドカントリーの方。


続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

パウダーでのスキー板を扱う為の脚力について。

パウダーでのスキー板を扱う為の脚力について。

新雪深雪パウダーを滑る事はゴズロフにとってはスキーで1番楽しい事。
アクセス解析で「スキー パウダー 脚力」での訪問が有ったので考えてみた。

まず、パウダーと言っても。
本州の標高が低く気温が高い地域の「湿り雪新雪
北海道の内陸部エリアの気温が低く積もった新雪が風で流される「乾いた雪」

5cmの新雪で雪の下にある斜面に板が触れている「底着き有り」
50cm超えた位から有る、スキー板で滑っても、斜面に板が着かない「底着き無し」

等々の様々な場面があります。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

雪山ガールの積極性を雪山ボーイは学んじゃ駄目。

ゴズロフは新雪好き。
斜度があって安全なオープンバーン、適度なツリーランから出口あるかな?と後悔する程のツリーランが好き。


しかし、山の中には色んな方々も滑ってる。
ロッカースキーって何?と言っているご年配の方々から、新雪で転んで動けない方々まで。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

オールラウンドなファットスキー。(; ̄ー ̄)...ン?何ですかそれ?

オールラウンドなファットスキーとは…?(アクセス解析ネタ)
ゴズロフの感覚で愚痴ります。間違ってる可能性大です。


ゴズロフにとってオールラウンドなファットスキーは…
センター幅90-100位の幅で、新雪慣れてない方はツインロッカー形状、慣れてる方はトップロッカー形状

もちろん整地でのターンなんて事は考えません。
ファットに慣れる為に整地で練習するなら、解りますが、整地と新雪どっちでも滑れるファットと言う考え方は否定。
整地滑りたいなら、1度車に戻って基礎スキー板と交換すれば良いだけです。


続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

2014北海道ファットスキー板 使用ランキング(ゴズロフリサーチ調べ)

2014北海道ファットスキー板 使用ランキング(ゴズロフリサーチ調べ)

ファットスキー人気はどうなの?何処のメーカーが良いの?人気なの?
と気にしている方は、取り合えず試乗してから購入するスキー板を決めてください。


デモ、日本人だから「人気流行&皆使ってる」と言うワードが気になるハズ。
だからゴズロフ主観で実際にスキー場で見てきた2014モデルのファットスキーランキングをお知らせします。


ゴズロフが主に滑ってる北海道のスキー
マウントレースイ・トマム・テイネ・ルスツ・ニセコヒラフ

ゴズロフが滑ってるエリア、主に新雪が有る所で日本人より外人さんが多い所。

それでも良ければゴズロフリサーチの2014ファットスキー流行ランキングを見てください。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

今シーズンはバックカントリー始めたい、ビーコン・ゾンデ・スコップ・・・よし登ろう!じゃないでしょ( ゚д゚ )

ゴズロフはバックカントリー超初心者で無知でした。

昔は装備無しで危ない所滑って、山の中でめちゃくちゃ怒られた事があったけど。
「怒って頂いて、ありがとうございます」と思ってる。

biikonnkunnrenn

最近はスキーの先輩方に色々と教わる機会が増え、元々頭の悪いゴズロフでも徐々に覚えて行ってる。

今回は、新雪・パウダー滑りたくて、とりあえずバックカントリーに行ってみたい。
と言う、基礎スキーヤーには関係無いお話ですので、あまりキニシナイで。


バックカントリーに行きたい」ビーコンゾンデスコップ購入。
じゃあ、バックカントリーしに山に行きましょう!

「それじゃ駄目でしょ?」と言う考えです。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

スキー新雪滑りでスピードを上げたいスキヤーへ、踏んだらアカン!( ゚д゚ )

2014シーズンでやっと普通の新雪が降った。でも、まだまだ重い新雪
スピードを出して新雪を滑りたいけど、斜度が無い事と湿った雪からの抵抗が大き過ぎる。


スピードに不満を感じている時の新雪スキーは、一般的なターンは減速要素。
新雪の映像とかである、雪を凄く舞い上がらせるのは、もっと凄い減速要素。

だから、斜度が30度未満の所で、普通のターンしようとしてもスキー板が雪に潜って減速。
新雪舞い上がらせよう」と思ってブレーキングすると、新雪舞い上がらせたら止まってしまう。

ずっと浮き続けるには、新雪に板を潜らせないようにトップを浮かせ、身体を傾けて、スキー板が自然にターンするのを待って滑ってた。


でも遅いんだよこれが。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事