コブ滑ってる動画を撮影して頂きましたら、体の傾きが酷くなってた。

 ゴズロフはスキースクールでコブ滑りを教えて貰った事は1度も無い。
何処かでコブ講習を受けようとは思ってましたが。講習代金よりは昼食代に回してた。
ずっと好き勝手に滑ってるし、ずっとヒトリストで滑ってるので、滑りのアドバイス等は頂けない状態。
それで、悪い滑りの癖を直す事を考えもせずに滑り続けると。

 
外部からのコブ滑り動画。バンク?真っ直ぐ?基礎?滑り?

 変な格好で滑り続ける事になります。
滑ってる本人は、バンク気味滑り。真っ直ぐ滑り。基礎滑りっぽい滑りをしてるつもりですが。
左ストックの突く位置が可笑しい。ターンも左でしかしてない。
雪面に対して圧掛かってる感じが解らず、コブ滑ってるのかが怪しい滑りになっていた。

 ( ゚д゚ )ャバイ、ヤバイ!
ストックを突く位置の修正をする為に色々考えたけど、そう簡単に直るものでも無い。
次のコブ滑りから、腕を前に伸ばしたまま滑る練習をしたけど。
腕を左右に振ってバランスを取る癖が付いてるから、タコ踊りみたい。
そんで、ストックを2本まとめて体の前で持つ練習をした。

 今後、撮影して貰える機会が有るか分かりませんが、それまでに少しは修正出来たら良いけど。

以下は、ネタ動画


続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

超簡単なコブを掘れば、コブ練習も簡単に出来ます。

 スキーコブ滑りで、基礎スキーコブ滑りなら全く使わないけど。
スキー板を横にしてコブを削る滑り以外にも、気味にも削る練習をしてはどうでしょう?

108コブ縦に間延びした簡単なラインコブで、内コブを縦気味に削る練習。

 最後の100コブ位で、バランスを崩してコブから発射しそうになってるけど、なんとか耐えた。
後4コブ位有ったら、追い出されてたと思う。
racey2kobu
 画像のコブラインは、108コブ。
気味間延びしてて、コブのピッチは比較的広い。


夕張レースイスキー場、No.2リフト線下。連続130コブ練習出来ますよ。
 この動画と同じ位置に掘ったコブライン
130から108に減少、その分コブのピッチが広くなってる。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

春スキーはコブ滑りの時期です、ちょっと待ってモーグル専用板はよーく考えてから購入して。

 意識高い系の道民さん達は、雨降ってが融けてしまった為、シーズン終了の方が多いみたいですね。
本州じゃなく内地では、雨降る前と、降った後でもコンディションが余り変わらない所も在る。
だからね、本州から来た方々は、雨降った時でも平気に滑り続けます。

 北海道の3月は、本州の季節には無いシーズンが存在します。
アイスバーン月間です。
雨降った後に気温が低くなり斜面上の凍った部分が緩まない。
ゴズロフのホームゲレンデのコブは暴風雨で壊滅しましてね。
掘りたくても、硬くて掘れません。

 シャクシャクしてる本州の気温が高いエリアが、この時期は羨ましい。
スキーはコブ練習の時期です。
何で時期かって言うと、シャクシャクだからコブの中での減速比率が高い。
何もしなくても、シャクの中にスキー板が潜るので、コブで減速出来ます。
また、某所から来る砂も影響して、スキー板のソール面を滑らなくします。

 スキー板もの汚れが付くし、スキー板同士重なって傷付ける。
そんな中、コブを滑るからって、モーグル専用板を購入する方々が沢山おります。
スキーショップの有能な販売員さんは、そんなお客様を大切にします。

( ゚д゚ )「コブ練習用に新しいスキー板が欲しい?今持っているヘタッたスキー板で良いんじゃね?」
なんて、ゴズロフも愚痴れなくなりました。
だってね、本当にヘタってる、長野県で作られた国産スキー板でコブ滑ったら、板が外側に膨らみ過ぎるんですよ。
コブ用に使ってる、一応日本製で青森付近で作られてるかもしれないスキー板は、そんなんじゃなかったのに。





だけど、コブ用にモーグル専用板はまだ買わない方が良いですよ。
コブで練習し、来シーズンはシーズン開始からコブ滑るぞ!って決めた方のみ。
スキーの早期予約会で「ID-ONE」のモーグル板でも予約すれば良いんですよ。

 まあね、別にコブ専用板を購入したからって、コブがすぐに上達出来る訳でも無いですし。
それにね、コブをね、ファットスキーとかで滑って行くのを見るとね。
( ゚д゚ )「ああ、やっぱり板の性能では無く、操作してる人の技術力なんだと思い知る」
ガンダムで言い換えると。
「モビルスーツの性能では無くパイロットの・・・」

 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

モーグル選手みたいな滑りをしたいなら、脚力やら、腹筋やら、背筋やら、トレーニングしないと駄目です、後、正しい所で学ぶ。

 ジャンプの方がメダルを獲得出来る期待値が高いから、たぶんモーグル男子はLIVEされません。
と、札幌ファクトリーでやっていた「ハズレ無しのお楽しみ抽選会」でちらっと話を聞きました。
お話していた方は、スコップを持って、選手達が滑った後にひたすらコブ整備をする方だそうです。

 今のコブ滑りの滑り方を変えたいって、新潟県の神立でスクールの監修してるそうなので。
オリンピックのニュースを見たから、モーグル滑りに挑戦してみたいって方はこちらへ。
神立スキー場のモーグルスクールの公式ページへリンク
注意してくださいね、SAJ・SIAの公認は受けて無いのかもしれません。
「連盟に金寄越さない非公認スクールでは受けるな!」って言われている方は特に注意です。


 
 スキー以外のスポーツでも、変な所で教わると、変な癖が付きます。
ゴズロフはコブの滑り方を知らない内に、コブで練習していたので。
ストック強く突く方法しか思い付かず、減速する方法で滑ってたタイプです。
今でもその付き方の癖が付いてるので、ストックを弱く突いても、腕の位置が凄く変です。
変な癖が治りません。

 ああ、ストック強く突く、個人のスクール?さんは、体重移動も兼ねたストック強く突く方法です。
強く突く姿勢を取る事で、外脚スキー板に体重を掛けて、雪面を削っての減速です。
ゴズロフはストック強く突く衝撃だけで、減速していたタイプです。
間違わないで下さいね。
その方法だけでも、キロロの長峰Bのコブを15コブ位は連続で滑れる様になりますよ。

 それに、春のシャク雪で完全不整地だった所だと。
ストック強く突くと、リングを通り越して、20cm以上ストックが潜る時が有る。
ゴズロフがその事に気付いたのは月山だったかな?


 このコブライン、斜度が怖いのでストックに頼って強く突くと、結構な頻度で潜るから困る。
対策として、パウダーリングを付けたストックを使うと、コブを乗り越え難くなる。

 ストックが潜ると、次のコブに進みながら抜くのは困難。
ストックを折れば次のコブに行けなくもないですが、そんな勿体無い事はしません。
ストックが潜ると、強く突けない!どうすれば!?って時に。

 神立スキー場のモーグルスクールの公式ページへリンク ここですね。
注意してくださいね、SAJ・SIAの公認は受けて無いのかもしれません。
「連盟に金寄越さない非公認スクールでは受けるな!」って言われている方は特に注意です。

 ゴズロフはちゃんとしたコブを教えてくれる所で、習った事が無いので、良く解りません。
モーグラーさんの滑りをすぐ近くで見ていても、動きは少し解るけど、その動きが全く真似出来無い。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コブラインを初めて掘る時、前に滑った人と同じラインを厳守する事。( ゚д゚ )常識ですね。

 コブラインは、誰かが意図的に作ったラインです。
自然コブは、不特定多数の方が同じ凸凹を通ったから出来た物。

 コブピッチを理解出来ない&コブの間隔を考えてない方々に、コブラインは掘れないと思います。
でも、ラインは掘れなくても、ラインにならない自然コブは掘れるかもしれません。


 ラインコブは、滑走した跡を何度も辿って、コブ溝を作って行きます。

・跡を辿って、スキー板で削ってターン出来る方は、コブ形状に合わせた、ターンを調整出来る。
調整出来る方が滑ると、コブの形状が大きくなり、コブラインになる。

・跡を数回だけ辿れるけど、跡をオーバーする方は、コブ形状に合わせた、ターンを調整出来ない。
調整出来ない方が滑ると、コブの跡が消え続けて、道路のワダチみたいなのが出来上がる。

 春時期に、シャク雪下の凍ったバーンを掘り起こして、小回りし易い通路を作る人達も居る。
それを、コブラインを掘っている所に来てやってはイケマセン。
コブジャンキーと基礎ジャンキーの争いが起こります。

 ゴズロフの滑っているスキー場って、リフト線下にコブラインが在る。
滑っている人達のシルエットは、リフトから丸見え。

 コブを練習したいけど、周りに見られるから恥ずかしいと言う、ツンデレの方が結構多い。
コブラインの1番最初に2ターンしない内にラインからドロップアウトして。
ポーカー滑りをする様に、そのままの勢いでカッコイイ基礎ターンを仕上げて行かれます。
「今日の所は勘弁してやろう」ってコブに向かって言ってるんですよ、きっと。
そのコブライン、1番上から20ターンが1番斜面が傾いてるし、斜度も有るから滑り難いですよ?

 コブって、溝に沿ってスキー板を通せば、勝手にターンする自動小回り装置じゃありませんよ?
スキー板を使って、滑ってる滑走者が、コブの形に合わせた、殆どズレで出来ているターンをしてるだけ。
そのターンをしているから、コブ溝が出来る事に気付いて下さい。
 スキー板を溝に沿って、何にもしないで下に進むと。
「コブが、滑走者にターンをさせてくれない溝の形に変化しながら掘れて行きます」

 コブ形状が、スキー板をフォールラインにしか進ませない形状になっているのに。
「もっとターンを描いて」って言うのは鬼畜だと思います。
レールの上を走る電車に、レールから外れてもっと車輪を横方向にズラシテって言う位、訳が解らないよ。


 ゴズロフはそんなコブを、デラガケして、ターン出来るコブラインにしてから練習します。
デラガケして、滑り易い簡単なコブにしないと滑れません。


 
ボーゲンで跡を付けた後、1回目、4回目、9回目のスキーコブライン堀りの練習動画

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コブライン、下から眺めるか、上から滑って眺めるか。

 コブライン、下から眺めるか、上から滑って眺めるか。全然違うの解るでしょ?
下からいくら見上げていても、滑走する時に見えるコブ形状は見えません。
滑るのは、上からです。( ゚д゚ )常識ですね。下から滑ってる人未だに見た事有りません。

garigariyuubarikoburainn


とある北海道の、夕張市役所に凄く近いスキー場のコブライン、下から空撮。


とある北海道の、夕張市役所に凄く近いスキー場のコブライン、上から滑走。

 滑り方は、ズルドン内コブ滑り&吸収動作&基礎コブでもバンクでも無いラインを通ってるだけ。

 このコブライン、浅くて間延びして、どちらかと言えば基礎コブライン
滑走動画の50コブ目の左側に存在しているコブ、実はコブ形状がオカシイ。
滑っていた方々が、このコブでジャンプする様にドロップアウトして、逝き過ぎたんでしょうね。
ターンするコブじゃなくて、出口コブに育ってました。
そうなると、このコブが滑走者のバランスを崩して来ます。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コブを滑り過ぎると、腰も痛いし、膝も痛くなる。

 コブ滑りはずっと練習です。
練習の為には、良い練習の場所が必要。

 人が少ないスキー場で、コブ滑走者が少ないスキー場で、コブラインが沢山有るスキー場。

( ゚д゚ )ホテルマウントレースイ
でもまあ、40cmも掘ったら土が出て来るし、コブは凍ってるし。

 種類の違うコブラインが4本位有りますよ。

 
夕張レースイスキー場、レーサーのBコブライン。合計100コブ?ズルドン滑りの延長です。
 コブラインを撮影する為に、2回滑走。
途中、避けて下さって有難うございます。
もう脚がガクガク震えるし、リフト乗車中ずっと息切れする位疲れた。
 
 テクニカル検定もこのコースでするはずだから。
一旦整地してから、スコップで長いピッチコブに作り変えるのかな?
だって、このライン普通の基礎スキーヤーが掘るピッチじゃ無いと思う。
シーズン始め、基礎スキーヤーもゴズロフも黙る、ID-ONEのスキー板乗ってた方が掘ったのかな?
1番最初は、このラインの右側に同じ様なピッチのコブを掘ってたのを、横で見てましたから。

 ゴズロフにとっては厳しいラインです。
3本目滑る気は起きませんし、きっと途中で崩れる様に転ぶでしょう。
動画の滑りは、ズルドン内コブ削り滑りですね。
最後スキー板をにするのは、削る脚力が尽きたから。

 こんな疲れる滑りをしてると、体力と脚力がすぐに無くなり、体も痛くなる。
もう、無理を出来る年齢でもありませんし。
ゆっくりと、楽にターン?回旋の方向転換の言い方が正しいかな?
それを続ける練習をしてる。

 
スキー板を真横にして停まれる。練習用の超簡単なコブライン。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コブをデラガケするのは、コブ形状を戻すのと、下地の土を埋める為ですよね。

 コブデラガケメンテナンス)する理由は、コブ形状を元の形に戻してコブ滑りを楽にする為。
積雪の少なくて、雪の下から出て来る土や岩を埋めて、コブの寿命を延ばす為。

 
縦長ラインコブをデラガケ中。

 ゴズロフはスキー検定1級を受かりたくて、コブ滑りを練習し始めたスキー場が要デラガケだった。
パトロールかスクールの研修生?の方々がデラガケしに来て、その後ろを見様見真似で滑ったのが最初。

 コブの底に出て来た土に、コブの中の雪を出来る限り削り落として埋める。
そうしておけば、次の日のコブ練習は土が出て無い状態から始められる。
滑った跡がそのまま凍ると次の日が悲惨。洗濯板の上を滑ってる様な感覚で正直怖い。
そんな、滑り易い状態に整えて「今日もコブ練習させてもらってありがとう」との意味を込める。
室内スポーツで、練習後にモップ掛けするのと同じですね。


 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

2018スキー板 コブも滑れるお勧めの板はコレです。

 スキー検定2級・1級の取得を目指してる方に、イチコロな台詞があります。

「このニューモデルは、コブも滑れて、1級取得に最適なスキー板です」

( ゚д゚ )何故かって?
その辺のお金持ちスキーヤーの方々が、2級・1級に適してないスキー板を購入し
コブ滑れない」「上手くならない」って困ってるから。


 2015年に書いた記事ですが、2016年~2018年度毎の、コブも滑れるお勧めの板を愚痴る。
レジャーコブスキーヤーの戯言なんで、雑誌の表紙を飾る様な、基礎スキートップデモが言ってる訳じゃ無いよ。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

スキーのコブ滑りで、コブに当たる時、膝を曲げてしゃがんで吸収動作しますが、ナニで吸収してるか知ってますよね?

 スキーコブ滑りで、コブに当たる時、膝を曲げてしゃがんで吸収動作しますが、ナニ吸収してるか知ってますよね?
コブに当たって、膝を曲げるだけでは吸収動作は成立しません。
 「曲げてるだけ」だと、コブの凸に沿って滑ってるだけで、減速なんてしません。
「曲げるだけ」で、コブ吸収出来るなら、誰でもスグに出来るはず、なんだけどなぁ( ゚д゚ )

 
 以下の動画は、 右も左も解らないウェーブコブでのGopro動画。
元々は普通のラインコブとして掘りましたが、ゴズロフ含め皆で縦気味に滑り続けて出来た形状。
元のラインコブに戻したい場合は、しっかりと回し込んだ滑りをするか、デラガケし続ける事。



春コブ。右も左も解らなくなる、真っ直ぐウェーブ状になりかけたコブ


 減速する為の吸収動が出来ないと、コースアウト。
勿論、ゴズロフのナニが1コブ1コブに対して、抵抗してるけど?
疲労が蓄積して抵抗力が弱体化していき、終盤はコブに負けて吸収動作が出来てません。


 
 「コブを吸収しろ」と言って、見本を見せてくれる先生が居ます。
見せて貰った動作を真似しても、減速なんて全く出来ません。
「もっとしゃがんで吸収して」と言って来ますが、しゃがんでも減速なんて出来ません。
「しゃがんでコブに掛けろ」とも言いますが、を知らない人に言っても無理です。
だって、「知らないんだから」解る訳が無い。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

スキーのコブを1度も滑った事無い人に、滑り方を説明したいけど、本当に難しい。

 コブ滑りを楽しんでた時、見ず知らずの方に「コブ滑り教えろ」と言われ。
子一時間、色々とご説明した結果。

 「言ってる事が多すぎて、解り難いよ!」と愚痴を頂いた経験がございます。
( ゚д゚ )

 愚痴を頂いたお陰で、少しはコブ滑り方を考える様になり。
コブが全く滑れない友人に「コブ滑り教えろ」と言われた時は、下記の項目を一緒に滑りながら説明。
その後、深雪当りの日だったので、友人に「申し訳無い」と言って、友人を完全放置。

 友人は、緩いコブラインでずっと滑って居ましたが。
「ゴズロフのお陰でちょっとは滑れる様になった」と友人は言ってくれましたが。
ずっと放置してたし、様子も余り見に行かなかったし、実際に何処まで滑れる様になったかは不明。


 コブ滑った事が無い方に、滑り方の事を愚痴りますが、コブ素人ゴズロフの愚痴です。
「これでコブ滑れるようになります」って保障なんて無い。

この記事、1度投稿しますが、関連する動画の撮影に成功した時は随時追加します。
何度文章読んだって、映像見た方が分かり易いですからね。


続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

何で基礎スキーヤーの方々って、何でコブを掘ろうとしないの?コブ存在しなければ、コブ滑り練習出来ないよ?


 ( ゚д゚ )スキーシーズンが終わりましたので、愚痴りますね。
中山峠スキー場、最終営業日。
毎年、モーグラー集団さん達が新しいコブラインを掘ってくれます。
ゴズロフにとっては、非常にありがたい事です。

 でも、基礎コブを掘る熱心な基礎スキーヤーさん達を殆ど見掛けません。

 いやね、中山峠スキー場最終日滑りに来ている、基礎スキーヤーの方々が下手だって意味じゃ無い。
細かいモーグラーさんが掘ったコブも、異様に掘れ過ぎたコブも、なんとも無く滑ってますし。

 けどね、基礎スキー用のコブは何処にも無いでしょ?
上手い基礎スキーヤーさんが、集団で居るのに、何で基礎コブを掘らないの?
コブを掘る方法知らないの?

 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
新しいパソコンも欲しい。

【国内正規品】GoPro アクションカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

新品価格
¥40,064から
(2018/6/17 15:08時点)

2019モデル試乗板一覧
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事