ヴェクターグライド Camel Hump S Flex キャメルハンプ Sフレックス 試乗会レポート

ヴェクターグライド Camel Hump S Flex キャメルハンプ Sフレックス 試乗

ヴェクターグライドのモーグルモデルの板。

オイラの技術が無い為だと思いますが、何にも特徴が無い。
ハートF17とリィズムのB-MPの様に滑った瞬間に特徴が出て来ない。

ヴェクターグライドが何故コブ用板出すんだろう?と不思議に思った一台です。

すぐに乗り換えたので、画像無し。

ネットで売っているヴェクターグライドの場所



テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ヴェクターグライド  Make Wt メイク 試乗会レポート VECTOR GLIDE

ヴェクターグライド  Make Wt メイク 試乗
メイクWT

試乗した中で(._.?) ン?なんだ?
ターン後半の抜けが面白いぞ!と感じた板。

板のテール部分に乗っかって滑る感覚が楽しい。
ロシニョールのS3でも体感出来る感覚。

コレが最後の試乗板だったから、直後にS3で滑りましたが、メイクの方が硬いので安定感はありましたね。

ネットで売っているヴェクターグライドの場所


テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ヴェクターグライド Cordova S flex コルドヴァ ソフトフレックス 試乗会レポート

ヴェクターグライド Cordova S flex コルドヴァ ソフトフレックス 試乗


コルドヴァ



本当にあらゆるコンディションに対応します。
ブラックの185センチに試乗

オイラが普段使用している、エッジが丸まったハートの乗り味と共通する所があり、自分の滑りのイメージ通りに板をコントロール出来た。

(*゚д゚*)よっしゃー、すぐコブ入るぞ!

と、コブに入っても違和感全く無し、本当に185センチもあるのか?と言う程の操作のし易さ。
試乗会の中で、一番攻めたコブ滑りを出来た板で、一番欲しいと思った板。

ヴェクターグライドの板が欲しいけど、今までは普通のゲレンデスキーヤーで、これからパウダーも行きたいし、コブも滑りたい。
だけど、Omnny(オムニィ)みたいな普通の板は嫌だ!と言う方にお勧めしたい一台。







ネットで売っているヴェクターグライドの場所


テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ヴェクターグライド Mastiff マスティフ 試乗会レポート

ヴェクターグライド Mastiff マスティフ
上級者にしかお勧めできない板です。
Mastiff マスティフ


ヴェクターグライドのパウダーもいけるし、整地でもカービング出来ると言う板ですが。
オイラとは相性最悪。

ウッド心材も厳選されて凄く良い物をお使いでしょうが、これだけのセンター幅で
凄くエッジグリップ力もある分、本当の上級者用の板です。

なんちゃってカービングをしようとしても、マスティフのエッジが噛んで
まだまだ脚力が足りねぇ!と言われてるようでした。

お勧めできるとしては、GS用のレース用の板を使ってる方が、「パウダー入りたい・・・」と言った時
一番活躍するでしょう。

エッジの噛みが怖いので、コブは滑りませんでした。

ずらし操作とカービングが十分に出来る人じゃないと難しい。



ネットで売っているヴェクターグライドの場所



テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ヴェクターグライド Butter Knife バターナイフ 試乗レポート

ヴェクターグライド Butter Knifeバターナイフ
ヴェクターグライドのトップ機種です。
Butter Knife バターナイフ

ジニアスと同じセンター幅130のツインロッカー。

ジニアスより重くてしっかりしてる感じなので、ジニアスが軽くて柔らかいと思った人なら、迷わずバターナイフ
(-_-;ウーン。
ジニアス乗ってからバターナイフ乗ると、個人的にはバターナイフが欲しくなった。

ジニアスは、幅の割には予想以上に軽くて回し易い。
でも、ジニアス最高!と思えるのは誰にも喰われて無い新雪バーンを滑る場合のみ。

荒れてくると、ジニアスは雪面からの衝撃が来易く、踏ん張る力が必要。
バターナイフの方が重いから、ちょっとボコボコしていても簡単に走破可能。

何でバターナイフなのか?と疑問に思ったら、リフトに乗りながら板のトップを( ・_・)ジッと見よう。
段々とバターナイフに見えてくるから。

重い分安定感があり、自分でも信じられなかったけど、このセンター幅でコブも滑れた。



ネットで売っているヴェクターグライドの場所


テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ヴェクターグライド 試乗会 Genius ジニアス

ヴェクターグライド Geniusジニアス
Genius ジニアス


スキー板のセンター幅が130センチのファットスキー。

12月に原宿のICIスポーツで、ヴェクターグライドのカタログを初めて見た時・・・
(" ̄д ̄)けっ!、 どうせこんな板取り回しなんでできねーよ!

と想像していたけど。

まったく逆でした。

193センチに乗っても長さを感じさせない、ロッカー形状のエッジの設置点。
しかも軽いから扱いが容易、小回りも出来ちゃう。

だけど欠点もあります。
新雪を食べられてボコボコ荒れたかぐらのジャイアントコースで大回りしたけど
浮力はあるけど、板の硬さはほぼ無いので、ボコボコ斜面を抑えるのに力は必要。

ボコボコの新雪でも簡単に大回り出来るほど、世の中甘くない。


そもそも、この板の本気を出せるスキー場内はあんまり無いと思います。
常に新雪を求めて何処にでも行きますよ?
と根性のある方じゃないと難しいですね。




ネットで売っているヴェクターグライドの場所


テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事