スキー雑誌を立ち読み…オールマウンテンスキーが人気にさせられるようです。

パウダーと整地を両方で滑れる板を2013-2014シーズンに流行らせたい。

と…お金が無くスキー雑誌を買うお金が無いゴズロフは感じた。


だけど、どうしても一本で深い新雪でも整地でもコブも滑れと言われたら…
センター85mmのこのスキー板しか思いつかない。


ニセコの頂上から花園ゲート5番ゲート横までちょいパウダー大回り動画


中山峠スキー場でのコブ滑り動画

2つの動画はセンター85mmの同じスキー板。


メリット

ちょこっとパウダー(30cmまでの深さで簡単に底が当る深さ)までは扱い易いので小回りも楽しい。

が有る分春のシャクシャク雪に沈んで行く事はほぼ無い。


デメリット

40cm以上の深いパウダーは浮かない、ファットが欲しくなる。

基礎板から移行するとが邪魔だと感じる。



ゴズロフが使用した所。


テイネ、春のソフトクリーム雪?と呼ばれる時に北壁横で使用。


今回の記事の1番上の動画。
ニセコヒラフからアンヌプリ山頂まで登り、新雪10~20cmで頂上から花園エリアへの滑走。
板が軽い分多少不安定に滑ってますが、スピードが出て楽しかった。
恐らく2013シーズンで最速の滑走だと思う。


2番目の動画。
スキーの中山峠スキー場でのコブ練習。
柔らかくが有るので、シャクシャクコブに刺さったりするような事はほぼ無い。


参考までにゴズロフが使用して来たスキーのセンター

68mm 70mm 80mm 85mm 98mm 100mm 110mm


mm単位では無くcm単位で見れば僅かに幅が増えてるだけで違うんですよね。
1番最初に基礎板の幅を決めた人達は凄いですね。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。

北海道スノーパラダイス
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事