ストックを突かないでコブを滑るのは練習の為です。見せびらかす目的は無いのだけれども?

 コブ滑り練習中、モーグラーさんがストックを突かないで滑っていて。
滑りを見ると、ストックを突いている時よりも、コブ滑りがギコチナクなってる。
何度体勢を崩しても、体を前に向けるのを維持し続ける練習と勝手に理解。

 ストックを突かないと、体がどっちに傾いているかがスグ解る。
ゴズロフは、左足側に体重を上手く移動出来ません。
左足でターンしていても、右足に体重が掛かってしまい、削るスキー板に圧が掛からず。
減速要素が無くなってしまって、コースアウト。
コブで弾かれて体勢を崩し、ストックを使えばリカバリ出来るけど、まだ出来ないからコースアウト。

 コブで弾かれても、ストックを突かないで体勢を立て直すのが目的の「練習」です。


縦長ラインコブ、ストックを前に出しての、エッジング練習。
 
 
 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

山でも、街中でも、超高機能アウトドアグローブのレポート。除雪時は絶対コレ!


 ( ゚д゚ )

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便:190円】NO.282防寒テムレス手袋(裏起毛)(1双)
価格:1100円(税込、送料別) (2017/1/27時点)




 本当はね、黄色の-60度対応のグローブを探しに行ったけど。
あまりの高額品につき、手は入れたけど、手が出せなかった。



 そもそも、-60度の中スキーする気にもならない。
隣に並んでた、値段が安いテムレスに手を入れてみると、中々毛触りが良く、即購入。

 
 正直言って、スキーで使うつもりは無く、家での除雪用として購入。
除雪と言う作業は、除雪スコップを握ります。
握ってる部分って、生地が延ばされたり圧迫されたりして、耐水性が著しく低下します。
ゴアテックスの素材のスキーグローブでも、ビチャビチャ湿り雪の中では、意外とれてしまう。

 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

クランマーターンを整地じゃなくて本物のパウダーでやってみたくて児玉毅のよくわかるバックカントリースキーテクニックを購入。





 いや、本当に購入しましたよ?児玉毅のよくわかるバックカントリースキーテクニック
北海道のとあるレジェンドさんのブログを拝見して知り。
ブログのリンクを辿って、楽天ブックスで即購入。 

 基礎スキー雑誌で児玉毅さんが、テクニカルの方にパウダー滑りを指導してた記事。
その中でクランマーターンを初めて知った。
バンダナが貰えた、コルチナを舞台としたグラフィック雑誌のクランマーターンはなんか違う。
雑誌の記事だけでは、クランマーターンの弧の大きさが良く解らない。


 整地での練習方法とかあるのかな?と期待して
児玉毅のよくわかるバックカントリースキーテクニック のDVDを再生。


続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

何でコブ斜面でボーゲンしないのですか?足揃えるから何も出来ないんでしょ?

 何でコブ斜面でボーゲンしないのですか?足揃えるから何も出来ないんでしょ?
本当に全く全然、「コブ滑り出来ない方」を否定している訳ではありませんが。


 コブを最初から縦気味に滑ろうとするのは何故なんですか?
3コブスキー板の制御が出来なくなって、コブラインから(゚⊿゚)イラネされるのに。
何でスキー板を縦にして滑ろうとするのですか?

 頭の中でイメージしてるコブ滑りって「オリンピック級」なんですか?
雑誌に載ってる、検定で不合格になった人達の、コブ滑り連続写真を鼻で笑える級なんですか?
カービングターンが出来ないボーゲンでコブ滑ってる子供達より下手ですよね?

 下手糞なのに、「今日は調子悪いから、次来た時にコブ練習するから」と逃亡者が多過ぎます。


 ( ゚д゚ )オイラは下手糞だ!ボーゲンで滑って行く子供達より下手糞だ。
スキー場の中で1番底辺にヘバり付いてる、くそ虫スキーヤーだ!
と、その辺に居るカラスにでも話しかけてください。
カラスは頭が良いので、何を言いたいのか理解してくれるでしょう。
「お前は何を当たり前の事言っているんだ?そんなの常識だろう」アホーって答えてくれますよ。

 下手糞なんだから、練習しないと4コブも滑れる様にはなりません。
最近流行の縦長ラインコブで、初心者向け滑りのボーゲンをして下さい。


 
 でもね、今のカービングスキー板でのカービング滑りしか目指して無い方々には無理でしょうね。
足を揃える練習しかしてないので、普通のボーゲンなんて練習しませんと言うか、出来ません。

 そんな方々に、「コブはボーゲン出来れば滑れるから、はい滑ってね。」は酷いですよね。

とある頑張ってるコブを教えているイントラさん。
あくまでもゴズロフの想像の話しです、現実とは相違ないかもしれません。

( ゚д゚ )(あ~あ駄目だこりゃ、スキー板を横にして停まる事も出来やしねぇ、コブなんて無理だって)
( ゚д゚ )「じゃあ、1度整地で練習してみましょうね」
小学生を教える様な、初心者的な練習をみっちり行って。

 受講者の方々に、「コブ滑り習いに来たのに、初心者用の練習させる!詐欺だ!」
ボーゲンもまともに出来ないお客さんに、散々文句言われるのは、気の毒に思います。


 ゴズロフがガラスの10代の頃。
191cmのスラ板でスキー人生初のコブ滑りを練習してた。
滑り方知らないから、知らず知らずに「ストックを強く突き刺す方法」で減速してました。
それだけでも、20コブ位は滑れる様になるもんですが、コブ滑りは一定以上上達しません。


 何故上達しないかって?
スキー板を使って、コブをる動作を練習しないから。


1番簡単な滑りのはずのボーゲンで、コブをりながら滑る練習が1番簡単ですよね?
「コブをボーゲンで滑るのは、上級者しか出来ない」って意味解らん事言ってる人達は
ボーゲン自体出来ません。まずは、ボーゲンの滑り方をスキースクールで学んで来て下さい。



簡単なラインコブをボーゲンで1コブ毎停まれる位削る練習


 1番重要なポイントは、大人気のスキー雑誌的に言い換えると。

「コブの中でスキー板にを掛ける事」

なんだけど、コブの中で必要なのは減速する事。
を貰って、適切な方向にを逃して、加速するのとは真逆なんですが。


 カービングターンで、外足に加重してを貰った時。
その方にとって、柔過ぎるスキー板を使っている場合や、強く踏み過ぎると。
スキー板が撓んだ状態を維持出来ず、外側に膨ら過ぎてスキー板がズレテしまう。
エッジを嚙ませたまま、板がズレルと、雪面をった分だけ、スキー板のが逃げます。

 コブの中では、スキー板にを掛けて撓ませて、ズラシて雪面をって圧を逃がして減速します。
だからね、整地でもスキー板を撓ませる事が出来ない位の、オーバースペックのスキー板使ってる人達。
コブなんて無理です、撓ませれる位の、御自分の脚力に相応したスキー板で練習してね。


 さて、上記動画のボーゲン滑り。
完全に外足加重で、体重を掛ける為に、コブに向かって体ごと移動してます。
脚が疲れる位、憎きコブを踏みつける様に加重しながら回旋させてってます。
もちろん、削る時は体を沈み込ませながら削ってね。

州 ゚д゚ 州 「動画位の優しい緩斜面でしたら、1コブ毎に停まれる位、踏み付けておやり。」

 これで練習しても1シーズンで習得するのは難しいかもね。
周りから蔑む様な視線を感じながら、「逃げちゃ駄目だ」を繰り返して練習して下さい。

 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

縦に長いラインコブで、基礎コブ、バンク、デラガケマジック掛けてからのなんちゃって縦滑り練習。

 新雪無い時の、パウダー滑りの練習としてコブ滑りをしてるゴズロフ。
時々、上手いモーグラーさん達の滑りを見させて頂きますが、縦コブ滑り過ぎて、何も解りません。

  ヒトリストスキーヤーの味方、goproでコブ滑り動画を撮影してみても。

( ゚д゚ )これがなんちゃって縦滑り系の動画だな、映像見ると・・・普通の基礎コブ滑りじゃね?

( ゚д゚ )これが、バンク滑り系の動画だな、映像見ると・・・普通の基礎コブ滑りじゃね?

 練習しなければ滑れる様にはならない。
滑り方が解らなくても、練習方法を知らなくても、色んな事をやって滑れれば楽しい。


続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

大寒波だ!行こうと思ってたスキー場は雪降って滑れるだろう。は大間違い。

 大都会に住んでいる方々には

 「大寒波」=「寒い所の全エリアに大量の雪が降る」

と言うイメージを、一方的な情報を発信しているメディアに植え付けられています。

「○○県のどこかの村では24時間で130cmも降りました。」って放送すると。
「これで○○県のスキー場は全部滑れるな、よし滑りに行こう」と思ってしまう。

 
 北海道なんて、本当に最悪。
一晩で80cm積もる所があっても、同じ北海道でも0cmしか積もらない所もある。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

パウダー当たり日が無いので、コブ三昧。コブ板なんて買わなくて良いよ、捨て板使ってね。

 今週全国的に寒気が入るので、今週末はどうなるか解りませんが。
北海道も実は雪不足、ニセコ、ルスツなんて特に雪はありません。

 雪質も珍しく本州みたいな雪質で、道民の方々には結構不評。
スキー場も、一応雪が降る気温なのに「本日は気温が非常に高く」と、本州に喧嘩売ってたし。
湿った雪って、抵抗が大きく、10cm以内なら楽に浮遊感出てお得なのに。

 ガリガリコブ練習してる時、湿り雪が5cm降ってくれただけで幸せ。
コブに当たった衝撃を、柔らかい湿り雪が緩和してくれるし。
湿り雪の中の水分で、を真っ直ぐにしていても、湿り雪ブレーキが掛かる。
踏み固められた湿り雪は、ゴメンナサイ。要りません。


 ( ゚д゚ )なんだ?急にコブ滑りが上手くなった気がするぞ?
湿り雪マジックに掛かったゴズロフは勘違いをしたまま、後日硬いコブでやられ、現実を知る。

 時々見掛ける、モーグラーさんの滑りを見て勉強したいけど。
滑りが安定し過ぎて、何やってるのかが解りません。


 
 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

先日投稿したコブ動画が壊れてたので、もう一度上げ直しです。

 ゴズロフは滑る事が楽しいと思っているレジャースキーヤー。
どっさり新雪が積もった斜面の画像や、面白そうなコブライン画像を見るだけでも楽しい。

 デモ、最近流行のコブ滑り方。
文字ばかりが多く、頭の悪いゴズロフは文字だけでは理解出来ない。
コブの斜面や、滑っているラインを写して貰えると、凄く有り難い。

 色んな形状を見ると、「このコブライン滑ってみたいなぁ」と楽しくなるのがゴズロフです。
文字だけ読んで「へ!?そんな形状のコブがあるの?見たい!」って思っても画像無いのは非常に残念。
文字を100回読んでも、1枚の画像を見せて頂ければ、凄く解り易いのです。

 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

斜度が緩くて簡単なラインコブなのに、なんちゃって縦コブ滑りも出来ない。

 朝、このラインのコブをちゃちゃっと滑って、本当のコブエリアに行こうとしてたのに。
朝コブ

 コブラインが新しくなった為なのか、減速出来るポイントが解らなくなった。
( ゚д゚ )?スキー板を真っ直ぐにして、コブを乗り越えて、減速しないままコースアウトの繰り返し。
コブの滑り方忘れちゃったのか?

 トップを下げて、コブに当てた後、カカト加重で溝部分を踏み込むのかな?
(ゴズロフはコブの正しい滑り方知らないので、どう滑れば良いのか解らない)
トップを当てる時、スキー板は真っ直ぐ下にしたまま、斜め横にスライドしながらコブに当たるの?

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

北海道サホロスキー場北斜面、日本に居るとは思えない凄さ。

 サホロスキー場の北斜面が一部オープン
本当は、北斜面全面オープンしてから行きたかった。

 サホロ北斜面

 北海道の道東最大級のスケールになったサホロスキー場。
2016-2017シーズンから営業開始の北斜面ロマンスコースの画像。
絶対に画像をクリックして拡大表示で見てください。


続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

2017年1月1日北海道サホロスキー場。本年度最初のコブは最大斜度39度?のノースウェイ

 北海道サホロスキー場で1番急なノースウェイ。最大斜度39度。
何度コースを見上げても、「何処の部分が39度なんだろう?」と悩む位、39度の場所が解らない。
ゴズロフ感覚だと、最大斜度35度位じゃないでしょうかね?
サホロノースウェイ
上部が急で、段々と緩くなっていく面白い地形、横に高速リフトもあって快適。



北海道サホロスキー場。ノースウェイ コブ
 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事