コブをデラガケするのは、コブ形状を戻すのと、下地の土を埋める為ですよね。

 コブデラガケメンテナンス)する理由は、コブ形状を元の形に戻してコブ滑りを楽にする為。
積雪の少なくて、雪の下から出て来る土や岩を埋めて、コブの寿命を延ばす為。

 
縦長ラインコブをデラガケ中。

 ゴズロフはスキー検定1級を受かりたくて、コブ滑りを練習し始めたスキー場が要デラガケだった。
パトロールかスクールの研修生?の方々がデラガケしに来て、その後ろを見様見真似で滑ったのが最初。

 コブの底に出て来た土に、コブの中の雪を出来る限り削り落として埋める。
そうしておけば、次の日のコブ練習は土が出て無い状態から始められる。
滑った跡がそのまま凍ると次の日が悲惨。洗濯板の上を滑ってる様な感覚で正直怖い。
そんな、滑り易い状態に整えて「今日もコブ練習させてもらってありがとう」との意味を込める。
室内スポーツで、練習後にモップ掛けするのと同じですね。


 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事