スキー板の値下げ時期は、1月下旬、3月中旬、4月頃。 値上げも有るから要注意!

 
 常識ですけど、スキーの値段は、販売するお店毎で異なる。
地域が異なるだけでも差が出てくる。
1kmの距離も離れいてない、ご近所のスーパーだってそうでしょ?
同じ500mlのコーラでも、130円の所もあれば、98円の所もある。

 後は、凄く人気のあるスキー程、値下げする金額が少ない。
これは、人気のある商品だから、わざわざ値下げをしなくても、買ってくれるお客さんが居るから。
お客さんが購入してくれまで待ち続けている状態だったり、別の見えない力が掛かってるとか。

 お店は、「他のお店価格が安ければ、その価格より1,000円お安くしますよ!」という作戦もある。
最近「同じ地域のエリアの価格だけに対応致します」と言われて。
「全国で1番安い所、神田界隈の価格には、合わせてられません」という意味だと解りました。

 お店が儲かる為には、出来る限り割引販売無しで、売る必要がありますからね。
よく、スキー雑誌に登場してる、何処かのスキー専門店のお偉いさんが。
スキー用品は割引競争ばかりで、店舗は非常に大変。割引販売をしないで売りたい」って言ってたし。

 正直、割引販売をしないで、スキーを販売しても、別のお店が安い価格で売れるので無理。
メーカーやブランドが「うちのスキーは、高級ブランドイメージを維持するから、割引禁止な」
と制限する事が可能ならば、何処かのブランドみたいに、値下げ無しでも売る事は出来るみたい。
それでも、スキーが売れる理由は、スキーの性能が本物だから、本物が欲しい方が購入します。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コブをデラガケするのは、コブ形状を戻すのと、下地の土を埋める為ですよね。

 コブデラガケメンテナンス)する理由は、コブ形状を元の形に戻してコブ滑りを楽にする為。
積雪の少なくて、雪の下から出て来る土や岩を埋めて、コブの寿命を延ばす為。

 
縦長ラインコブをデラガケ中。

 ゴズロフはスキー検定1級を受かりたくて、コブ滑りを練習し始めたスキー場が要デラガケだった。
パトロールかスクールの研修生?の方々がデラガケしに来て、その後ろを見様見真似で滑ったのが最初。

 コブの底に出て来た土に、コブの中の雪を出来る限り削り落として埋める。
そうしておけば、次の日のコブ練習は土が出て無い状態から始められる。
滑った跡がそのまま凍ると次の日が悲惨。洗濯板の上を滑ってる様な感覚で正直怖い。
そんな、滑り易い状態に整えて「今日もコブ練習させてもらってありがとう」との意味を込める。
室内スポーツで、練習後にモップ掛けするのと同じですね。


 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事