FC2ブログ

スキービンディング、直付けが良いか、システムビンディングが良いか、ライトオールマウンテン板なんて( ゚д゚ )


  システムビンディングとは、スキー板とビンディングが最初から一体化されて。
スキー板と、ビンディングのトゥピースと、ヒールピースを付ける、レールみたいなのが元々付いてる。
ビンディングメーカーさん達が頑張って開発して頂いたお陰で。
昔の平たい板にビンディング直付けよりも、物凄くスキーがし易くなりました。

 それなのに
システムビンディングや、プレートよりも、軽い直付けビンディングの方が良いよ!
って、木目が2つ存在しているスキー板を売ろうと、頑張っている企業が有りました。

 いえいえ、無くなった訳じゃ無くて、今も頑張って営業中です。
カスタムフェアでは、ノベルティ貰いましたし。
予約した商品のお会計しに行ったら、会計時に店舗で普通に購入した方が安かったし。
フェアで予約した方が高いってのは、ちょっと不思議でしたね。


 木目が2つのスキー板。実は試乗させて貰ってまして。
ゴズロフが乗ったスキー板の中で、一番ヘタっていて、屍のスキー板だった。
普通のスキー板なら普通に降りられる斜面が、ヘタリ過ぎて、スキー板の意味を成さず、普通に滑れません。
売りたくて試乗させるなら、ヘタった板は埋葬してあげるか、へし折って燃やして下さい。
カスタムフェアやっているお店が1番売りたいスキー板ですよね?扱い方間違ってるよ?

 ヘタッた板を「これ凄く乗り易いですよ」と勧めなければならない、スタッフさんが可哀想です。

 下は一応広告画像だから注意してくださいね。
画像をクリックすると、販売ページに飛ばされて、もしかしたら買わざるをえないかもしれません。
画像は、世の中のダンディな基礎スキーヤーさん達が、涎を垂らしながら欲するデモ板です。
システムビンディングのプレートと、ビンディングパーツだけで製品名当てたら、変態ですよ?
単に物珍しくて、並べてます。




 グフみたいですね。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
今年のメロンは高い
コブ滑りのブーツガード。
エッジからブーツを守る。
道外人居ない北海道








2022モデル試乗板
2020モデル試乗板
2019モデル試乗板
2018モデル試乗板
2017モデル試乗板
2016モデル試乗板
2015モデル試乗板
2014モデル試乗板
2013モデル試乗板
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
最新記事