FC2ブログ

スキー板、ブランドよりも何処で製造している方が重要かもしれない。

 スキーの本当の所。1つのブランドだけを勧めるなんて、ゴズロフは出来ません。
とあるメーカーorブランドスキーは、全てが同じ工場で製造しているとは限りません。

 それを知って居るか・知らないかの違いです。
サロモンと何処からどう見ても、サロモンのスキーにしか見えないのに。
製造元は、メーカーのサロモンとは全く関係無い、別工場で作ってる事も有る。

 理由は様々でしょうが、工場を持ってないブランドやら、有名メーカーがコスト削減の為に委託して作って貰ってるとか。
それが、悪い事だとは思いませんし、利益を上げる為だから当たり前の事です。
ゴズロフが大好きだったスキーブランドは、利益優先のコストダウンの為か、製造元が某国に変わり、試乗して数ターンで、こんなスキー要らない!ってブランドイメージが総崩れしてしまった。
 その後、そのブランドの旧モデルを急いで買い集めて、10年前のモデルなのに未使用新品が有ったりもする。

 
単なる広告画像です。

 何でこんな事を愚痴るかって?
つい最近、スキーに記された製造元が付ける「刻印」の位置が、スキー板のモデル毎に違うブランドが有りまして。
そのブランドに深く関わりの有る方に聞いてみたんですよ。
「これって、刻印の場所が違うって事は、製造元がそれぞれ違うって事ですよね?」
(ゴズロフは知能が低く、こういった失礼な発言を結構します。実際にお会いしてる方々は申し訳ございません)
「いえ、ただ単に製造しているタイミングが違うので、刻印の場所が異なるだけです」
「じゃあ、製造元じゃ無くて、製造時期が違うだけで、刻印の場所を変えてるって事なんですね?」
「そうです」

 その後は、思う存分スキー板の違いについて質問させて頂きまして。
何で乗り味がここまで違うのかのご説明を頂き、本当にありがとうございました。
本当に、製造元なんて気にしているゴズロフが恥ずかしく思います。

 万が一、製造元が違っていても、同じ製造方法、同タイプの機械で製造したりすると思うので。
元々の素材の質が変わらない限り、スキー板に乗った時の乗り味は変わらないと思うのですがね。
そうじゃないと、素材を厳選して選んで良質の木材を使ってます。って宣伝してる所が馬鹿みたいですもん。

 だから、同じブランドでもスキー板の種類が違うと、乗り味が別物のスキー板が存在します。
「何でこのブランドの板、板名が同じで、数値が65と70って違うだけなのに、性格が全く違う板なんだろう?」
って感じたスキー板が、トップシートに表示して有る生産国が違ってて納得。

 

 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
今年のメロンは高い
コブ滑りのブーツガード。
エッジからブーツを守る。
道外人居ない北海道








2022モデル試乗板
2020モデル試乗板
2019モデル試乗板
2018モデル試乗板
2017モデル試乗板
2016モデル試乗板
2015モデル試乗板
2014モデル試乗板
2013モデル試乗板
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
最新記事