FC2ブログ

パウダー専用ファットスキー板に、山登り用のクライミング「シール」を貼ったまま夏を越えてみたけれど。

 バックカントリーと言う文字列を、東京の原宿辺りの高級ブランド店内で見聞きすると、とてつもなくカッコ良く思えるけど。
実際にド田舎の山でバックカントリーしてると、学校の授業で一番辛いマラソンをさせられてるのと同じ位疲れる。

 
 山スキーで一番大切なのは、ブーツでもビンディングでもスキー板でも無い。
スキー板の滑走面に貼り付けて、雪の上を歩いて登る為に使う「シール」だと思う。



 登る時と滑る時の総重量が変わらないビンディングや、可変型ガンダムみたいな超高性能ビンディングでも、シール無かったら無意味。登れません。

 
 ボードの方はスノーシューとか、そのままボードブーツでハイクしてる方をお見掛けしますけどね。




 シールって雪上で何度か貼り剥がしを繰り返すと、シールの粘着面に雪が沢山付着して、シールスキー板に貼れなくなる。
貼れなくなると、シールを使って斜面を登る事が出来なくなり、一番疲れるスキー板を背負ってのツボ足移動とかになってしまう。


シーズン中ならシールを買った時に付いてる、チートシートと呼ばれる物に貼って保管してるけど、夏の間の保管方法って良く解らない。



↑これがチートシート。
春から秋に掛けて、これに貼って保管していたシールの部分が溶けてべったりと貼り付いていた。
そのままスキー板に貼ると、スキー板の滑走面にが残って、全然滑らないし。
雪上ハイクしてると、その部分から雪が貼り付いて来て最終的にシールがスキー板に貼れなくなってしまった。

ただし、コブで縦減速を板任せでしたい方は、一度やって見ると良いカモね。



 一番良いのは、使用後にちゃんと乾燥させて、シール購入時にシールに最初から貼り付いてる透明なプラフィルムみたいのに、貼って夏を越せば良いみたいだけど、気付いたらシールの箱ごと無くなったりもする。


 一時期はシールのを秀岳荘で貼り替えて貰って、貼り換えした接着面に貼って有った紙製ので代用したけど。
紙だから破けてしまって、シールを貼って保存する物が無くなって困って居たら。
ピコーンと何かが閃いた。

 
 パウダー専用ファットスキー板にシールを貼り付けたまま夏を越した。
勿論、バックカントリー使用後にシールは乾かして、スキー板は丸ごとチューンナップの袋の中に仕舞ってた。
しかし、今年の北海道の夏は暑かったし、湿度も高過ぎた。



G3seal1



馬鹿天才は紙一重と言うし、失敗は成功のもととも言うし。


G3seal2



万が一滑走面にがびっしりでも。
ファットスキーでコブ縦滑り減速!ってネタ動画でも作ろうかな?って考えてた。


 結果は。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

モーグルスキー板と基礎スキー板は、コブ状態やコブの滑り方で使い分け。(あくまでも素人の意見です)

 
 大きく深い間延びした基礎コブ
デラ掛けしてないままの状態で翌日まで凍って、昼まで緩まないアイスバーンコブ


 基礎滑りで点数が出易いと言われている(確証は無い)回し込むコブ滑り。
スキーを殆ど真横に向けて安全性重視で滑るズルドンコブ滑り。


 この場合、モーグルで滑る方が難易度が高くてむしろ危険な為、基礎で滑る。
条件が良くなったらコソコソとモーグルに乗り換えて来て。
「あっ、やっぱりまだ無理だった…」
と、2本位滑ってまたコソコソと基礎に戻す事が結構有る。


 デラ掛け&コブ掘りは、細いモーグルでやるとスグにコケますからね。
ファットスキー板もしくは基礎板でコブをデラ掛けしたり掘ってる。


ゼロから掘り始めた、連続225コブノンストップズルドンコブ掘り。キロロスキー場長峰2Aの左端。
 この掘ったコブラインを、モーグル板で滑りたかった…。
この時点でリフト営業終了1時間前ですから、板を交換しに車に戻るのを諦めた。


 モーグルスキー板を購入した動機は、コブに当たるスキー板の位置がドンピシャだと、スキー板が縦のままでも減速するのを試乗で知ったから。
数本試乗して、個人的に一番減速出来たかな?と思ってID ONE MR-Gを購入。

ID one (アイディーワン) 2020 MOGUL RIDE MR-G 168cm 173cm 178cm ID79062-82 アイディーワン モーグルライド スキー板 スキー単品 板のみ アイディーワンスキー IDoneski.com (ホワイトアイスグリーン, 173cm)

新品価格
¥92,400から
(2020/9/20 15:41時点)



 あ、もし購入しようと思った方は、多分日本最安値のワンゲルスポーツさんで。
(割引された旧モデルは別ね)


 但し試乗したのはシャクシャクの滑るのがとても楽な春雪。
購入後に滑ったコブは、湿り雪が降らない北海道の乾燥雪。

 
 新品でエッジも立っていて、ズラシで滑る方が難しいので、必然的にコブを真っ直ぐ滑るのを強制された。
スキー板のトップを春コブ時と同じ位置に当てれたとしても、スキー板から跳ね返って来る反発が強くて抑えるのがとても難しい。
(春コブよりも、速度の出る乾燥雪だから、自然と滑走速度が速くなる)
勿論、湿り雪だと乾燥雪よりスピードは遅くなる。


 正直、反発を抑えられずに苦労して。
本当のモーグル滑りも知らないコブ素人がモーグル専用板なんて買うんじゃ無かったって後悔してた。


 後に、スキー板のトップを下げてコブを当てる方法を諦めて。
ブーツからテールを下げて、コブとコブの間の高い部分にブーツを当てて滑る、誤魔化しコブ滑りを多用する事になった。



基礎スキーヤーさん方が掘った縦長基礎コブ連続106個を、スキー板の撓みで渡り続ける練習
 

 この滑りを春のシャクシャク雪でした場合。

キロロ長峰2Aコース。モーグラーさん方が掘ったピッチが細かいコブラインを、なんちゃって縦系で滑って行く、コブ板使用。


 至って真っ直ぐ滑るのを楽しいと思えるモーグル専用のスキー板ですが。
基礎コブを回し込んで滑るのは、基礎スキー板で滑った方が楽だし。
コブの中で安定して滑れるのは、個人的には基礎スキー板の方。

 

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
今年のメロンは高い
コブ滑りのブーツガード。
エッジからブーツを守る。
道外人居ない北海道








2022モデル試乗板
2020モデル試乗板
2019モデル試乗板
2018モデル試乗板
2017モデル試乗板
2016モデル試乗板
2015モデル試乗板
2014モデル試乗板
2013モデル試乗板
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
最新記事