FC2ブログ

子供用(ジュニア)のスキー板とビンディングの選び方 性能差について画像で比較する方法。

 子供用のジュニアスキー板性能差は、スキー板ビンディング見れば直ぐ解る。

 子供用のスキー板って大人用よりも格段に安い分、安く製造してる。
スポーツ量販店で、1番安く大量に並べて、売られているのはお勧めしません。

 頑張って販売しているお店の方々には申し訳御座いませんが。
お客側としての利益が少ないからです。


 以下は、タイプが違うジュニアスキー板を、広告素材を使って並べてます。




 全国展開しているスポーツ用品店のジュニアスキーコーナーに行くと。
ビンディングが付いて無い、平べったいままの子供板が重ねた状態で並べて有る。

 スキーコーナーの店員さんに聞けば、お子さんに適正な板の長さは教えてくれる。
そこで選んだ、平べったいスキー板の長さが決まったら。
次は平べったい板に、穴を空けて取り付けるビンディングを選びます。

 上記の広告画像は、それと同じタイプの。
ビンディング直付けタイプのジュニアスキーセット。

 正直言うと、何処のお店で購入しても、性能は殆ど変わらず。
今時期の大型量販店に購入しに行くと、13,000円位する。
 
 平べったいスキー板の下の方には製造国が表示して有りますが。
日本産でも中国産でも、気にする人はそんなに居ない。

 重要なのはお子さんが気に入ったデザインがどうか、それだけ。

スキーセンター
 これはジュニアスキー板の、ビンディング直付けタイプを実際に撮影した画像。
スキーブーツのつま先側のビンディングパーツが動かない。


 全国のスキー用具の事を何も知らない親御さんは。
大型スポーツ量販店で、ビンディング直付けタイプを迷わず購入します。


 買いに行った、店舗面積な大きいだけの、綺麗なカッコ良いスポーツ用品店で。
子供用のスキー板の安い物を探していたら、お店に一番利益の有る物になる仕組み。


 ゴズロフはこの販売方法が嫌いです。
無知な初心者は、何のスポーツ用具使おうが、解らないから。
お店が一番利益の出る商品を売ると言う、企業の販売戦略です。

 



 見た目で解る性能の比較ですから、お次は…平べったく無いスキー板。
スキーブーツの大きさ(ソール長)が変わっても、調整が幾らでも出来るタイプ。
性能的には、直付けよりもブーツの位置が高い所になって、カービングし易くなる。

 スキー場のレンタルコーナーに存在するのは殆どこのタイプですが。
ビンディングが直付けタイプのがレンタルで出されたら、運が無いですね。

 もし、ジュニアスキー板をリサイクルショップで買い取りして貰う場合。
直付けビンディングよりも、こっちの幾らでも調整出来る方が、高く売れます。

 
salx6sonogo
 これは大人用の画像で、ビンディングのパーツが外れてる状態から。
スキー板の凸凹してる部分に、ビンディングパーツをスライドさせる所。
前と後ろをブーツの長さに合わせる「調整」が必要です。
 
 
 この調整出来るジュニア用ビンディングって、調整が狂う事が有る。

 お子さんがスキービンディングに触れて、調整位置をズラシてしまったり。
滑ってる最中に転んで、ビンディングがブーツから外れた時、運悪くズレたり。

 勿論ビンディング直付けタイプでも、カカト側がズレたりしますが。
調整出来る方は、前も後ろも動かせるので、ズレる確率が高い。
もし、スキー場内でズレているのに気付いたら、レンタルコーナーの方に調整をお願いして下さい。

 スキー用品売っているお店では、S-B-B認定整備技術者セミナーを受けて無いと。
スキー用品を販売していても、ビンディングの取り付け&調整が出来ません。

 ネットショップの中には、S-B-B認定整備技術者セミナーを受けて無い所が有り。
「購入したら、お近くのスキー販売店に行って、ビンディング調整してね」
って無責任な所も有りますよ?


 もし、スキーブーツを所有していて、スキー板だけ新しく購入する時は。
ブーツのソール長がブーツのカカトやつま先付近に刻印されてますから。
それをショップに伝えてビンディング調整済みのスキー板を受け取る事です。


 ここまでが、一般的な初級・中級者向けのジュニアスキー板。
以下は、滑りの目的に合わせたスキー板。



 パークやら、ジャンプ台で飛んだり跳ねたり回ったりして遊ぶタイプの板。
特徴としては。雪上で360度クルクル回ったりする時にスキー板が雪面に引っ掛かり難くなっていたり。
後ろ向きで滑る事も想定して、スキー板の形状が通常と違ってたりする。

 1秒でも早く、お子さんにカービングターンをさせたい親御さんは購入しないし。
これを購入するお子さんのお父さんも同じ様なスキー板を使ってると思う。




 競技用(レースするジュニアスキー板)
お子さんをジュニアレーシングスクールに通わせてる親御さんが購入するスキー板。

 もしくは、カッコ良い(お父さんじゃ無い)オガサカブランドに包まれた滅茶苦茶スキーが上手い、デモ選手の滑りばかりを見せられて育って来た、将来を有望視されてるお子さんが、オガサカと言う企業さんから「坊やこれ使ってみないかい?」って言われて使ってるとかも有る。

 競技用板を使ってるお子さんは、スキー板の性能と言うよりは、お子さんのスキー技術力の高さで全てが決まってる。
もし、初心者のお子さんに競技用のジュニアスキー板を購入して滑らせた場合、まともに曲がれ無いから上達の妨げです。
お父様がしっかりと指導出来るなら、とても良い事だと思います。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

ファットスキーの選び方の前に、何処で滑るのかが重要です。気温が高い湿り雪?低い乾燥雪?クラスト?シュカブラ?


 日本の雪質って地域に寄って差が有り過ぎる!
気温が高くて雨みたいな雪しか降らない地域(湿り雪エリア)
気温が低過ぎて風が吹けば雪が飛ばされる地域(乾燥雪エリア)が存在する。

 湿り雪乾燥雪の違いは、雪が重い軽いか。

 冬の平均気温が−10℃以下に普通になる北海道でも。
海に近いニセコ・キロロ・テイネ・札幌国際は湿り雪で、トマム・富良野は乾燥雪
本州の雪は重過ぎて、滑り難くて滑りたくないって道民は平気で言います。

 
 乾燥し過ぎる雪は、ビッグファットでも一定以上の速度にならないと底着きする。
湿り雪だと、例え基礎スキー板でも、速度を出せばずっと浮き続けられる。


テイネスキー場 女子大回転コース 北斜面

 湿り雪と似ているパウダーの条件が、雪が風で飛ばされて来て溜まった時。
風で飛んで来たから軽いのは確かだけど、風の影響でく溜まる時が有る。


3月上旬のニセコイワオヌプリ北東斜面

 表面がくクラストしてて、低速で滑るとスキー板が妨害されて曲がり難くなる。
曲がり易くする為には、速度を出してクラスト上に浮き続ける事。
それなのに、身体を倒す滑りの練習をBC斜面でやってたから、盛大にコケタ。



北海道5月中旬の旭岳。本物の山頂標識から北斜面の滑走。バックル締め忘れ&シュカブラ地獄。
 こんな所パウダー目的よりは、山登りを目的とする方々が多いかも?
くフルキャンバーで、エッジグリップするセンター85㎜位で良いと思う。
幅が有り過ぎたり、ロッカーが有り過ぎると、逆に危険になる。


 パウダーの中で、沈み込んでスキー板を撓ませた反動でターンを続ける。
その滑り方をする方は、キャンバーが有る程度存在して、メタル無しのファット

 パウダーの中で、速度を上げる事で浮かせてから、沈まずに大回りなら。
最低限、トップ部分はロッカーしてる、らか過ぎないファット


 1番相応しく無いファットスキー板の使い方は。
過ぎて幅が広過ぎるファットで、湿り雪新雪やクラスト雪で低速小回りする事。

 
 超絶イカスすナウくて渋カッコ良いブランドから。
スキー競技者が設計した凄いファットが発売されたから、即購入しても。
滑る状況の斜面が適さないと、全然面白くも何とも無くて、乗り難いだけ。

 素直に、乾燥雪で高速大回り出来るエリアで滑ってみたら。
絶対に「おお、やっぱりこのファット買って良かった」って思えますよ?


 それとは逆で。
「ゴズロフって言う変態に騙されて、初心者用ファット買ったのに、大回りし難い」
って方、楽しく無いかもしれませんが、湿り雪新雪がコブになるまで滑ってみてね。
コブになっても、そのファットでずっとコブ滑り続けると、良い訓練です。
 
 ファットでコブを滑れる位、そのファット板の面を使って滑る練習ですよ?

札幌国際スキー場、深雪(ダスキン)コース、センター100㎜ファットスキー板で、不規則コブ滑り練習。高画質でご覧になる時は設定を4Kに変更して下さい。


 新雪を滑る時、実は圧雪斜面上に10㎝積もっただけなら、基礎板でも十分楽しい。

ウントレースイスキー場、ゴンドラ降りて一般客一番乗り?
 

 この映像みたいに、スキー板のトップから舞い上がる新雪の流れ方で。
湿り雪か乾燥雪かは大体判別出来ると思います。
粉状に細かく舞い上がれば乾燥雪、雪同士が塊になって上に跳ね上がれば湿り雪。


 この映像は北海道内陸地の乾燥雪が降った日。
板は完全に新雪下の圧雪斜面上にエッジを立てて曲がってます。


 だからって、乾燥雪が最も優れてるって訳じゃ無い。

 新雪を滑るのにはエッジかソール面かの調整が必要

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

main_line
main_line
今年のメロンは高い
コブ滑りのブーツガード。
エッジからブーツを守る。
道外人居ない北海道








2022モデル試乗板
2020モデル試乗板
2019モデル試乗板
2018モデル試乗板
2017モデル試乗板
2016モデル試乗板
2015モデル試乗板
2014モデル試乗板
2013モデル試乗板
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
最新記事