スキー板 軽い 重い 

スキー板軽い方が良い? 重い方が良い?

スキー板にはそれぞれ重さがあります。

短いジュニア用は軽いし、GS用の大人の板は長くて重い


 


ノルディカが出してる、板の持ち運びを考えて軽量の素材を使用してるスキー板


軽量で扱い易さを重視してるK2 クラシック

こんな板に、プレートを付けようとする人も居る。




(`ェ´)勿体無い。
板自体の重さを軽くして製造してるのに、重いプレートを付けたら意味が無い。


どうせなら軽量ビンディングを直付けして、軽さを求めようよ。
と言いたい。



「昔みたいにハードに滑らないけど、一日中滑っても楽に疲れずに滑りたい方向けの板です」
と宣伝する板最近多くなってます。


傾向として、昔(10年以上前のカービング投入前)の時代は、一般初中級者も、レース用の長く重い板を使って滑り難そうにスキーしてた。
それで、周りの人は爽快に小回りで滑ってカッコ良く見えるけど、自分は小回りが出来ず、上達出来ないスキーなんてつまらない、と思ってしまう。


スキー人口の減少減少といいますが、本当の所は
「スキーするのは中流層としての見得の意味でのステータス。だから板も選手が使うような板を売り付けよう」と思っていた販売店側が悪いと思います。


もちろん、中には(`ェ´)「俺はスキーを始めるけど、他の奴らと同じ様な板は要らない!1番良いのにしろ!」と駄々を捏ねて、販売店の良いカモになってる人が多過ぎたのも悪いですが・・・。


ゴズロフは・・・15歳ぐらいからGS用191センチの板を使ってましたが・・・とても後悔してます。
       その時に、もっと短くて、柔らかい板に乗ってしっかりと練習していれば・・・
        小回りも得意になって、もうちょっと上手くなっていたと思うからです。


重い分、高速大回りが最高に楽しく、いつも大回りしか出来ませんでした。
新雪での小回りや、春のシャクシャク雪での小回りは、重い板を扱えず滑れませんでしたよ。



昨シーズン、競技スキーからボードに移って遊んでいた兄から
「普通のスキーしたいから板貸してくれ」と言われ。

2mの板扱っていた兄だから、ハート C7.2LT 185センチを貸し出したら。 重くて駄目と言われた。

代わりにハートのクエストを貸したら、こっちの方が良いと言われ。
「昔みたいに滑らないし、とりあえずカービング板に慣れたいから、妻の分も安いの買って送って」と言われ。


安いのなら任せろ!とアルペンのアウトレットにあったクエストを購入して送りました。

意外と軽いクエストに、Lookの軽いPXじゃないビンディングを付けて扱いやすさを重視。

物足りないと言い出したら、VISTプレート付きのC7.2を中古で売り付ける予定
(ΦωΦ)ふふふ・・・・。


父親も、k2 クラシックを板単品で購入して、LOOKのNXを取り付けて通常より軽くした物です。
一緒にニセコに行って、パウダー滑った時の板の先端で雪を掻き分ける瞬間が気に入ったらしく、少しずつ新雪好きになってる模様。

でも、アイスバーンを高速で滑るとクラシックはばたついて来ると言い出してるので、ゴズロフが秘密裏に2代目の板を物色中。

ロシニョールのS3そのまま使ってみればと提案しても、センター幅98はちょっと抵抗があるようで難しい。


クラシック使い始めた直後は、リフトに乗らずに斜面登って滑る練習してて、クラシックに軽いビンディング直付けでも重い重いと言ってたのに、今は10~20センチの新雪が気に入って滑って、硬い斜面だと板がばたつくと言い出して来た父親。

その後、コブや、その辺の山に入って行きそうで怖い。


向うは北海道という羨ましい環境に居ますから・・・(*゚д゚*)ズルイ!





テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事