hart ハート Circuit c7.2mt c5.2mt

ブログのアクセス解析をするとハート c7.2 c5.2 で検索して見に来る人が結構居る。

(‥ )ン?ハートスキーってそんなに有名だったかな?と不思議に思うぐらいだ。

サロモンとかロシニョールとかと比べれば、一般デモ用なのになんでこんなに硬いんだ?と試乗会のリフトで相乗りした人が言ってたぐらい、コアな方々にしかウケナイ。

そんで、この板を買わされる方々は必然的に絞られる。

ハートスキーの製造元はジャパーナ。
直営店みたいなところはちょっと有る様だけど、ほぼアルペンでしか売ってない。


( ・_・)サーキットの板はどこかね? と他の大型量販店に行っても売ってない。



C7.2とC5.2の違いは、スキー板の中に硬い素材を一層入れてるか抜いてるかの違いだけ。

硬い素材が入っている方がc7.2

硬い素材を抜いている方がc5.2



オガサカのEXとEの違いもこれと全く同じ。


硬い素材が入っていた方が高速でも安定するし、脚力ある人や、スキー板に力をたくさん加える人向け。

硬い素材が入っていない方は、そんなに脚力無い人や、そんなにアグレッシブな滑りはしない。


だけど、これを普通の人に話すと。
「ふーん、じゃあ硬い素材入ってる方が、高速で滑れるし、アグレッシブな滑りもできるんでしょ?」
と勘違いするのが多い、多すぎ!たくさん居ます。


高速で滑れるし、アグレッシブな滑りもできるんでしょ?


じゃなくて、より高速で滑る人。アグレッシブな滑りをする人向けの板なんです。



たまーに、お店などで店員に「お客様の技術はどの程度ですか?」と聞かれると、たまーに嘘を付く人が居ます。


嘘を付くと自分が困る事になるのです。




とある、スキー場でC7.2を購入して頑張ってスクールに通い続けている方が居ました。

見る限り、板が合わず滑りにくそうに小回りをし、コブを滑っています。


1級受験の為に何回もスクールに通っているようでしたが・・・。



[壁]‥)申し訳無いのですが、スクール数回休んでC5.2に買い替えるか、もうちょっと柔らかい板に換えた方が、近いかもしれません。


と、検定を見ながら思ってました。



検定を見ていると、板が技術専用、デモモデルの上位機種を使っていて逆に滑りにくくなってる人を多く見ます。


そんな中、下位モデルや、中級者向け、初心者向けの板を使ってる居る人が合格したりします。



検定員はスキー板の種類なんて見ません。


滑り方を見るのです。



滑り方を良くするには、今現在の自分の脚力や技術に適した扱い易い物を購入し。


ただひたすら練習あるのみです。




そして、滑っているうちに

「あっ、この板今の自分の技術だと駄目だ」と感じて来てからもうちょっと上位機種に買い換えれば良いのです




テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

hart

いいですね・・・!
板の感覚、僕も同感です。

気ままに勝手なブログですが、暇な時にも遊びに来て
下さい。

Re: hart

> いいですね・・・!
> 板の感覚、僕も同感です。
>
> 気ままに勝手なブログですが、暇な時にも遊びに来て
> 下さい。

コメントありがとうございます。
HART乗りのお仲間の方にコメントを頂き、ありがとうございます。

ブログ訪問させて頂きました。
7.2が垂直に突き刺さってる画像が凄いですね、コブ滑っている最中にトップが刺さって外れた事はありますが・・・、ハートの板は丈夫な証拠です。


またのご訪問お待ちしてます。
main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事