スキー ビンディング 性能に違いは有る!

スキービンディングを選ぶ時に1番重要なのは、滑り易くなるビンディングです。

滑り易い=同じ方法で荷重した時、スキーへの力の伝達率がUPする事。

それに特化してるのが、LOOKのPシリーズ(ピボット)
モーグルやレースでの使用率が高い理由が、通常のビンディングより力の伝達効率が良い為。

伝達効率が良い理由は、ヒールピース(かかとにあるビンディング)と板を繋ぐネジが、かかとの真下に来るから。
他のビンディングは、かかとの真下から数CM離れたところで、板とビンディングを止めてるので、Pシリーズに勝てない。

もう2個利点があって、ヒールピースがクルクルと回転するのだ。不良でもなんでもないよ。(・∀・)
この部分の事を「ターンテーブル」と読んでる。

普通のビンディングにブーツをセットして、くるぶしを押してブーツを外そうとすると簡単に外れます。
ターンテーブルだと、ブーツが外側に逃げようとしても、ヒールピースが回転するので、ある程度まで保持します。

最後に1つ、ヒールピースのバネが通常のビンディングとは逆構造。
他のビンディング
開放値 8で設定していたら、7.5ぐらいで、「あっ、そろそろヤバイ外しちゃえ」・⌒ ヾ(*´ー`) ポイ
と自ら外れます。

LOOKのPシリーズとPXシリーズは
開放値 8で設定していたら、7.5ぐらいで「あっ、そろそろか、限界まで頑張るぞ!」(゜O゜;
と逆に耐えます。

他のビンディングより外れ難く、力の伝達率も高い。
選手達が使う理由に納得です。


モーグル専用板でLOOKターンテーブル使用率は高いのがこの為。


でもね、LOOKビンディングが嫌いな方々も沢山居る。
「あのビンディングは外れないから困る」「そびえ立つヒールピースにお尻を掘られた」
(((=_=)))ブルブル


今シーズンは、ファットスキー対応の、ブレーキ幅が広いのもしっかり出して来るから
お早めに買わないと無くなります。










[岩影]ω ̄)LOOKのビンディングはカラーリングがあまり良くないから
        ロシニョールから出してるターンテーブルがカッコ良くてお勧め。(中身は同じだから)


lookビンディング取扱ネットショップへ

ロシニョールビンディング取扱ネットショップへ



テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事