FC2ブログ

スキー ビンディング 性能に違いは有る!

 スキービンディングの性能は、スキー検定で高得点出る性能の良さじゃなくて。
スキー技術力が元々高い選手層が激しい滑りをしても、耐えるかってお話。


 但し、値段が高いビンディングは、ブーツからの力伝達効率が良くなって。
スキー板を動かした時の無駄が少なるって性能も有る事は有る。
詳しくは全然知りませんけど。


 普通に滑るだけのスキー板って、ビンディングとセット販売されている事が多い。
下の広告画像は、神田で一番デカいかもしれないヴィクトリアの。
一番初心者向けのスキー板とビンディングのセット品。のビンディング画像。



 元々は、真っ平なスキー板の表面。
レール状のパーツをビス止めして。
レールのパーツに、つま先側とかかと側のビンディングをスライドして付ける。

 一番のメリットは、異なるサイズのスキーブーツでも。
ブーツに合わせた適正な調整をする事が可能。


 一番のデメリットは、スキー板が駄目になったらビンディング毎処分。


 ビンディングがすぐに外れて困るって時は。
適正な開放値・前圧で有っても、滑り方がビンディングを外す動きだと外れる。


 パウダーやコブを滑る分には、板を上下にも大きく動かすので。
上方(踵を浮き上がらせる向き)に解放し易いビンディングはヤメタ方が良い。






 ビンディングには価格の幅が有り過ぎで、訳が分からない点が沢山ありますよね。
最近お高い山スキー用のビンディングが沢山ありますけど。
まず最初は、普通にゲレンデを滑るタイプのアルペンビンディングの話題です。
アルペンビンディングとは、普通の滑る為だけに作られた。
アルペンソールのブーツに適合するビンディングの事。




 上記の広告画像2点です。
開放値:4-12と、レース競技対応の 解放値:12-24のビンディングです。

 まずは、一般人が解放値12から24なんて物は必要ありません。
開放値11位までで、開放する強さは十分です。

 お店で解放値の下限が12の取り付けを依頼すると。
「このビンディングで怪我しても、取り付け依頼したお客様の自己責任ですから」って言われます。

 何故かって?
適正な開放強度を算出すると、12とかの数値なんてまず出ません。

強過ぎる開放強度を好む方は、物凄い競技者で、開放値の事を知っていて。
「転んで骨折しても全く問題無いから、出来る限り外れないビンディングが欲しい」という方向け。
開放強度が高い分、値段を高くしているのが、大きな差ですね。

 開放値の強さに関しては「スキーが上手いから高い数字だ!」と思っている人は。
馬鹿と煙は高いのが好きと同じ位、の意味だと思います。
 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルック ビンディング LOOK BINDING P14-B95 ブレーキ幅80-95mm [19p14b95]
価格:45360円(税込、送料無料) (2018/11/17時点)




 深雪を滑るなら、ヒールピースpivotタイプのビンディングにした方が良いと思います。
もしくは、マーカーのこんなのとか。




 上記のビンディングを選ぶ理由はですが。
深雪に潜った時には、スキー板には上下方向にも負荷が掛かる。


 一般的な多くの、整地用のビンディングは上下方向の負荷に余り耐えてくれないけど。
pivotタイプのビンディングやら、マーカーのグリフォンみたいに。
ヒールピースが上から下に抑えてるタイプは、上下方向の保持力も有る。


 良く基礎スキー雑誌とかに、載っている深雪の滑り方が。
スキーのトップを雪の中に潜らせろ!って意味解ん無い事言ってますが。
トップを雪面に潜らせて、浮いて来るなら良い。

 スキー板のトップ寄りに体重を掛け過ぎて、潜らせると。
トップが雪面下にさらに潜り込もうとして、ビンディングが物凄く簡単に外れてしまいます。
縦方向は、誤開放とか言われているみたいですが。
普通に考えれば、基礎スキービンディングだから、上方解放なんてそんな考えて作って無い。


 ゴズロフは、マーカーのコンフォートタイプのビンディング使用中。
基礎板で深雪滑走を楽しんでいたら、急にビンディングが外れて、スキー板を失いました。
探しても見つからないんですよ。


 ターンテープルと言われる、ヒールピースがクルクル回るビンディング。
このビンディングは、変な言い方をすると、カービング用のビンディングじゃありません。
スキー板をスライドさせる動きを多様する、モーグル滑りや、パウダー滑り向けのビンディング。

 スキー板に対して、真下への力の伝達効率が他のビンディングよりも優れている。
伝達効率が良い理由は、ヒールピース(かかとにあるビンディング)と板を繋ぐネジが、かかとの真下に来るから。
カカトの真下で4点のビス締めが必要で、正直言って何処から回せば良いのか解らない。
他のビンディングは、かかとの真下から数CM離れたところで、板とビンディングを止めてる。

 カカトのビンディングがクルクル回るので、開放強度もしっかりしてるけど。
カカトを捻る様に動かすと、意外と簡単に外れてくれます。
これは、ヒールがクルクル回る特性で、安全性を求める為。


 最初からコブ滑り専用のスキー板を購入する方で。
基礎スキー検定に受かる為の不純な動機じゃなく。
コブ滑りが好きで、今後もコブを滑り続けたいなら。
最初から、ターンテーブルタイプのビンディングを選んだ方が、後々後悔しないと思います。


くるくる回る
ターンテーブルは、名前の様に、ヒールピースがクルクル回ります。

 バックカントリーで使用しているビンディングもマーカーのデュークかバロン。
止の中で、外れて無くしたら、最悪と言うか、命に関わります。



テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
今年のメロンは高い
コブ滑りのブーツガード。
エッジからブーツを守る。
道外人居ない北海道








2022モデル試乗板
2020モデル試乗板
2019モデル試乗板
2018モデル試乗板
2017モデル試乗板
2016モデル試乗板
2015モデル試乗板
2014モデル試乗板
2013モデル試乗板
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
最新記事