ゴズロフスキーのスキー 上達 方法 ( ゚д゚ )その1

ゴズロフスキースキー上達方法と宣伝してますが
ゴズロフのブログでは何度も愚痴ってる事を書くだけです。
特に技術どうこうとは全く書きません。


スキー人口の中で1番多い人達が、SAJ1級付近の方々。
スキー板でも「これで1級合格できます」と言われて購入した人も居るかと思います。


ゴズロフは指導員でもクラウン持ちでもありません。
単なるレジャースキーヤーです。 ( ゚д゚ )

レジャースキーヤーで、ある1点の事に気付かないと上手くなりません。
それが
無意味に硬いスキー板を買わない事です。
「俺は自称1級、自称準指導員」とか頭の中がオカシイ人が大勢居ます。
大丈夫、ゴズロフも自称2級ぐらいと、小さい頃ほざいてました。


ゴズロフのスキー人生で大失敗は、16歳で購入して貰ったスキー板が競技用の長くて硬い板だった事。
メリット無しのデメリットだらけ。
この時板を選んだ基準が、長くて、好きな色で有る事。

この板を選んだお陰で、ゴズロフは上達できませんでした。
何故かって?
板が長すぎる為、技術が無いから板を扱い切れない。
板が硬すぎる為、低速で板を撓ませられない→低速ターンが出来ない。


板の上にただ乗って、上から下に滑ってるだけのスキーライフを満喫してませんでした。


こんな板選びをしてる、人はゴズロフ以外にも沢山居ます。
特に、検定の時・・・、検定はスキーの技術を評価する為で、スキー板の品評会じゃありません。


自分の技術を上達させたいなら、自分の技術をしっかりと見極めて、硬すぎるデモ板を買うな!
オールラウンドで、中級用と言われるスキー板を使用して、自分の脚力で扱い易い物でOK.

( ;゚д゚ )・・・。
デモ用より、中級用のスキー板の方が扱い易い理由なんですが。


以下は例え話です。

ターンする時、スキー板を踏み込んで、板を撓ませるから、ターン弧を描きます。
この時、デモ用スキー板は、160キロの力で1番上手く撓むとします。
1番上手く撓む→、スキー板の1番最適なターン弧を描ける。→綺麗に見える。

これが、中級モデルの板になった場合。
スキー板を踏み込む力が80キロでOKなので、加重点のコツを知らない人でも
上手いターン弧を描けます→綺麗に見える。


ここで、検定員が見ているポイントは、板を扱い切れているかの?
板のターン弧に頼って、ただ板を回してるだけか?
しっかりと力をかけて滑っているか?

検定員はプロなんで、板を踏んでない滑りはすぐに分ります。

この時に、自分の力が100キロなのに、デモ用スキーなんて扱える訳が無い。
中級用の80キロで上手く撓んでくれる板の方が、滑っていて綺麗に見えます。


これからのスキーは、「楽に滑ろう」と何処かで騒がれてますが。
楽に滑りたいなら、柔らかい板に乗ってた方が疲れません。

トップデモ達が、使っている板を、1級位の方々が使用すると、楽には滑れません。
ずっと、苦労して、100%以上の力を出し続けないと、上手く滑れません。



もし、近所にスキー板が沢山ある「スポーツデポ」か「アルペン」があって、
そこに、スキーブーツを履いて、機械に乗って、スキーする時の脚力を測定できる機械があったら、
自分のブーツを持ち込んで、自分の脚力を測定してみてください。


すると、あなたの脚力は何キロですと評価されて、お勧めのスキー板まで紹介されますが。
お勧めされたスキー板は完全無視でOKです。当てになりません。


重要なのは、脚力が表示されるのと、力を加えた荷重点が図で表示される事です。
その後のスキー上達で役に立つ事が多々あります。



テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。

北海道スノーパラダイス
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事