ゴズロフスキーのスキー上達方法? ターン中に横滑り&横ズラシできますか?

 ゴズロフスキースキー上達方法? ターン中に滑りズラシできますか?

 スキー滑りズラシ出来ますか?じゃなくてターン中に滑りズラシできますか?

「横滑りズレの多いターンカービングの失敗動作だから、悪だ!」と考えていた事もありました。
だけど、ズラシ操作をしないと、滑れない所も有るし、今以上の滑りを出来ない事を思い知らされます。

  
 最初に気付いたのは、基礎検定1級に受かりたいから、滑れないコブを練習し始めた時。
コブを最初に練習する時、スキー雑誌で「ズルドン滑り」の予習をしてた。


  「コブの頂点から横ズラシで削って降りて、方向転換して、横ズラシで削って降りる」

スキー板を横にズラす操作なんて簡単に出来る。ってコブ滑り練習を舐めてました。


 だけど、2級検定を受かった後、カービングターンの練習をしてたので。
スキー板で曲がる事。=スキー板にターン弧を描かせる事しか考えて無かったので。
ゼロから始めたコブ滑り練習は難航したし、直ぐにズルドン滑りなんか出来なかった。


 コブを出た後、次のコブに向かうまでの短い距離だけで。
スキー板をカービングさせて、方向を変える事が間に合わない」
時間が足りない?コブコブの間の距離が短過ぎるから、滑走距離が足りない?
原因が解らず、スピードが上がって、コブからドロップアウトを繰り返す。


 ( ゚д゚ )・・・。目の前を基礎スキーヤーが、コブの中でターン弧を描く様に滑って行く・・・。
 ( ゚д゚ )・・・。何度試しても無理なんだけど?

 ( ゚д゚ )よし、コブを続けて滑るのが到底無理だって事に気付けたから。
滑りで、1個のコブだけを降りる練習法を試す」
エッジングをしながら&コブを滑りしながら&コブを削り続けながらコブ溝まで降りる。
溝に着いたら、板を180度方向転換して、エッジング滑りでコブを削りながら降りる。


ルスツ タイガーコース 優しい春コブ 横滑りで練習動画

 
 アイスバーン斜面に出会った時。
エッジをしっかり手入れしていて、ターン中に板が撓み過ぎない程度の硬さのスキー板ならば。
安心したカービングターンが可能でしょうけど。
 その条件に合わない板の時は、最初から最後までエッジを余り頼らない、ズレターンが安全。
一気にズレして停まる方法じゃなくて、スキー板の面に乗り続けながら、余り減速をさせない事。

 滑り続けて、スピードが出た時。
スキー板の硬さが足りない&板がヘタっていると、ターン後半、スキー板が勝手にズレる。
その時は、最初からスラしを伴ったズレズレターンをした方が、転ぶリスクを減らせて安全。
いつ来るか解らないズレをとっさに操作するよりも、最初からズレを操作して滑った方が安全。


201504 niseko Spring ski

 ( ゚д゚ )でもね、本心は。その斜面に適切なスペックのスキー板が欲しい。
アイスバーンや急斜面に対応出来る、硬さが有って、エッジも手入れしたスキー板。
春の凸凹シャク雪でも安定出来る程の、しっかりと張りのあるスキー板。
それを準備出来なかった場合、補う為の横ズレ&横滑り



 次は、横ズレでもズラス方向が難しい、縦方向へのズラシ
斜面に対して、スキー板を真横にしてブレーキを掛けるズラシでは無く。
 スキー板のトップをフォールライン方向に向けたまま、斜め前方&横方向にズラス。
( ゚д゚ )えっ?そんな動作何処で使うかって?


 ・横幅が狭くて、次のコブまでの距離が短いコブを滑る時。
スキー板は、殆どフォールラインを向いているけど、コブを削れる方向は、横方向。
板を回旋させてから削れる場所がありません。
 板をフォールライン方向に向けたまま、板の真上に重心を置いたまま、体も一緒に横に移動しながら、コブを削る。
これを習得出来れば、フォールラインから真横に板を回旋させる、全ての場所で削る事が出来る。 

 
 ・パウダーで、意図的に長時間続けて雪を舞い上がらせる時。
パウダーだと、一気に板を回旋させて停まるエッジングをすれば、雪は舞い上がりますが。
それだと、滑走スピードが著しく落ちて、面白く無い。

 内足を雪面の中に潜らせて、外足の滑走面で、新雪の最上部付近を除雪しながら舞い上がらせる。
と言う、理論的な事は、本で読んだので知ったかぶりしてますが、実際には全く出来ていません。
難しい、本当に難しい。


 横ズラシ、横滑りは、舐めちゃイケマセンし、罪でも無い、カービングの失敗でもありません。
1つのスキー技術です。
斜面で、ズルズルと横滑りでちょっと滑ったり、斜面の端から端まで移動してると、一定方向へのズレだけです。

 斜面1つで、上から下まで、全部横ズレで降りてみるのも、良い練習方法だと思います。



テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 動画見れなかったので

> スキー上達方法その3を見たのですが、
> ゴズロフさんのブログたいへん参考になります。
> 僕も、整地ではショートターン出来ても
> コブではうまく滑れない。
> モーグルしてる友達にはレジャースキーと笑われます^^;

コメントありがとうございます。
( ゚д゚ )わたくしは整地でのショートターンが出来ずに勉強中です。
ひねくれ愚痴がお役に立てれば嬉しいです。

> 僕のYouTubeでは、スキー場の紹介とコブをうまく滑れない
> ので、そんな動画をUPしていく予定です。

見せて頂いた動画の積雪積雪180cm、見た目20cmが面白すぎてついついコメントを書き込み致しました。
<(_ _)>

> このブログからもヒントを得て、
> 上達できれば良いとかんがえております。

ありがとうございます。
現在youtubeのプロフィールが「駄目」と言われ、何度と再審査中です。
ご迷惑おかけしております。

Re: コブ初心者より

> (そんな時に、何かの本で見た「横滑りでとりあえず1個のコブを降りる練習法」
> 単純で簡単そうに見えますが、レジャースキーヤーはカービングが大好き)
> とありましたが、僕もまさにそのような、レジャースキーヤーの一人^^;
>
> この記事、何度読んでも為になります^^

いつもありがとうございます<(_ _)>


> すらしが出来ないとコブは滑れない事に気づきます・
> なので、ずらしを勉強しています。
> 僕の動画に、(コブ初心者 トレーニング3)と今現在UP途中ですが、滑れない中でも、
> ずらしを勉強しております。

只今動画見て参りました。
動画再生中にコメント記入していたら、動画が次に変わってしまい。
コメント記入が途中なのに、youtubeに「コメントなんかもっと速く書け」
と、強制的に弾かれて、参りました。


> ゴズロフ様こんな滑り方で良いのでしょうか?
> 近場のスキー場では、初心者用のコブが見当たらないので、あえて上級の
> コースでの練習となっております。

( ゚д゚ )ゴズロフ様ではなく、ゴズロフにしてください。

実際にコースを滑ったのではなく、見ただけなので正しい事は言えませんが。
あのコブ地帯、モーグル滑り集団が作ってませんか?
ご友人が3Dのエアを練習していた時、リフトの左側に映っていたコブ地帯で練習ですよね?

縦に長い様なコブに見えまして、あの形状の場合、ゴズロフは横滑りをする事が出来ません。
コブが横に広がって無いので、横滑りしていても、板のトップがすぐ溝に当ってしまい。
「ペッ、このコブで横ズラシなんてさせねぇぜ」と言わんばかりに、ラインに沿って滑らされます。

ゴズロフが、このコブを滑れなくて困った場合。
まず、複数あるコブラインの中で、1番下のコブを調べに行きます。
その中で、3~4コブぐらい、ズラシ操作、ブレーキ操作無しで、とりあえずラインに沿って滑れる簡単な場所を、実際に自分で滑って調べます。

(1番下でやる理由は、ラインコブがそれ以上存在してないので、コブに怯えなくて済むからです)

リフトからその見つけたラインまで整地で移動するのですが、その時横ズラシ練習よりは。
斜面を斜めに横断しながら滑り、両足エッジングで緊急停止。の練習が良いと思います。

モーグルさん達の滑りを見ていると、エッジングの威力がレジャースキーヤーよりはるかに強いです。
あのエッジングだけでコブ掘ってるんですもん。


1番下のコブにたどり着いた時
ライン通りに滑った時、コブの溝に落ちる前に、ズラシでブレーキではなく、緊急停止のエッジングで、短い時間でブレーキをかけれる様に練習します。

次は、コブに遅れて溝から追い出されないように、体重移動ですかね?
右側のコブ溝から左側のコブ溝に切り替わる瞬間、体重はいつでも左側のコブを滑れる体勢じゃないと駄目です。
右側のコブでライン通りに次のコブ目掛けてジャンプしたと想像してください。
ジャンプしている空中姿勢は、ジャンプしたコブの溝を飛んだ時の体勢です。

着地地点は左側のコブの溝になってます。
空中での体勢を変えずに、真直ぐ飛ぶと、コブの溝に当たりはしますが、コブを乗り越えてコースアウト。
空中で、体勢を着地地点のコブ溝に合わせて、準備してから着地すると、衝撃は来ますが、あんまりコースアウトしません。コブの溝に上手く入ってるので、体重が変な所に無い限り転ばないでしょう。

次は、コブでの吸収動作の練習です。
何処かに連続ウェーブがあれば、山を登り始める時「山にトンネル掘ってやる!」ぐらいの勢いで全体重を山の入り口辺りにぶつけます。
成功すると、滑っている速度が減速して山を越えられなくなります。

もしくは、コブの溝だけを「横からお邪魔します」をして「コブの溝もっと広げてやるぜ」の勢いで体重をぶつけると、スキーが減速すると思います。


動画でのコブの3ターンを見せて頂きましたが、コブが恐いと体重が後ろに逃げて、次のコブの対応が遅れてしまい、滑り出しの2つぐらいまでは速度が遅いので、コブの中になんとか居られる状況だとお見受けしました。


1.一瞬一蹴りの強いエッジング
2.コブを1つ乗り越えたら、もう次のコブを乗り越えれるポジション。
(特に膝の角度、ゴズロフのボーゲンでのコブ滑り動画2でやってる事です)
3.コブでの吸収動作

[壁|_-)申し訳無いです、このコブじゃ横滑りをお伝えする事が出来ないので、これでお許しください。

Re: No title

> >斜面を斜めに横断しながら滑り、両足エッジングで緊急停止。の練習が良いと思います。
>
> コブ斜面を斜めから飛び越えるようにジグザクに斜め滑りで横断ですね。
> 今度からやってみます。


(゜O゜;、緊急停止の練習はコブの発達してない、整地でお願いします。
斜め方向に滑ってからブレーキする理由ですが、コブ斜面でエッジングする方向ですが、よく考えると真下じゃなくて、斜め横方向にエッジングしてます。

真下が12時方向だとしたら、2時方向と10時方向にエッジングです。
この斜め側にエッジングする為、斜めに滑って貰いたいのです。(゜O゜;



> 緊急停止するくらいのエッヂングですね、そうとう筋力使いますが、コブにあたった瞬間に押し返すくらいの気持ちなのでしょうか。

コブに当った瞬間は、もうエッジングが終わってる状態にしてください。
コブの溝に「さあ、今から落ちていくぞ、って時にエッジングしてコブを削りますので」

> それと、短い時間でブレーキをかけれる様に練習します。
>
> これら一連の技術、スキー場に行った時に何度も練習してみます。

最初は筋肉痛を覚悟して頑張って下さい。

今シーズンありがとう!

今シーズンいろいろ滑ってみて、コブを滑る
感覚をつかみかけました。
実際コブの技術は誰も教えてくれないのが、実情。
自分で感覚つかむしかない。
以前ここで教えてもらったいくつかの技術に関する説明は
とても参考になりました。
しかし、頭で理解しても、実際滑ってみると体はその通り動かない。
スキー場の駐車場で何回も読み直して、よし!分かったぞ
と滑ってみるものの、コブにはじかれるしまつW
感覚つかみかけた時機にヒザの故障。
多難な今シーズンではありましたが、来シーズンは
もう少しましにコブ滑れるように頑張ってみます。
ご指導ありがとうございました。
感謝!感謝!

potentialobserveさん

愚痴だらけのふざけたブログですが、お役に立てて嬉しいです。(;゜(エ)゜) アセアセ
コブは慣れと、一瞬の閃きでいつの間にか滑れるようになってくるハズですので
来年も楽しいコブ滑りを続けて下さい。

ゴズロフもコブで細かいターンをする課題も出来たので、来年はちょっとだけ成長出来たら良いな…
と思いながら滑ります。

コメントありがとうございます。
main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事