新雪大回りを基礎板でする時のコツ。 パウダー基礎板大回り滑走! 

基礎スキー 新雪 パウダー れるスキー板
で検索して来た方…、基礎スキーで新雪れます。

( ゚д゚ )でも、これはゴズロフがっている最中に気付いた事なんで…あんまり本気にしないで。


但し、センター幅が広いファットスキーや、トップがパウダー専用のロッカーのスキー板の方が簡単にパウダーれるのは確かです。

基礎板でパウダーる時のコツ
1.板のトップを下げない。
2.トップよりテールに体重をかける。
3.外足スキーに荷重をしない。
4.内足ターンでる事。
5.スキー板が曲がっていくのを待つ事。


 1.は新雪って雪に潜らずる方法で誰もが知ってます。
太ももが死にそうになってきますよね、ふとももが限界になる前に休むように。
そうしないと、トップが刺さって、新雪ラッセルして、動けなくなります。

 2.トップを下げずに上げ続ける為、スキーのテールに寄りかかるようにります。
パウダーる時のバランスが解って来るはずです。

1.2.は新雪もしくはパウダーでまっすぐりながら練習。
次はターンです。

 3.パウダー新雪では、カービング技術を習得する時の外足荷重をしません。
外足のトップを雪面に食い込ませる動きは、1.2.に矛盾し、板が雪の中に潜って転がります。

 4.内足ターンで滑ります。コブで滑る様な捻り動作はしません。
頭までの体全部使い、ストックを体の両脇一杯に広げてヤジロベーバランスをキープ。
そのストックを振って、体を回し、板がゆっくりと曲がって行くのを辛抱強く待つ。

 5.早く回そうと4.の時にエッジを立てても無意味、スキー板が「曲がれるよ」
と言って来るターン弧があるので、それをを維持する。

これを実践すると、パウダー専用じゃない基礎スキー板でもある程度新雪滑走が出来ます。
ゴズロフはハートのC5.2MTでこれを覚えました。

最後に、コツというか、ターン中にバランスを取る方法ですが。
内足ターン中に、外足スキーのトップを持ち上げて、テールのみ雪面に付けてバランスを取ると楽。




パウダースキーの写真とか見ると、内足だけで滑って外足上げてる画像見た事ないですか?
きっとあれは滑りやすい方法なんでしょうね。

画像によってはカービングターンに見えますが、パウダーでフルカービングする前に
向こう側に飛び込むように転んで行くと思います。


基礎スキーでパウダー当たり日に巡り合ったならば、建物に引き篭もらないで遊びましょう。
昔は、圧雪バーンなんて無かったんですよ?

POWDER SKI (ブルーガイド・グラフィック)






テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事