北海道マウントレースイスキー場でコブ滑り練習 コブの種類は沢山

( ゚д゚ )ゴズロフスキーの上達方法です。
上達方法のはずなのに、ゴズロフ自身まったく上達してないよ?と感じ始める今日この頃。((ミ゜ρ゜ ミ))


今回のロケ地は北海道の夕張市、マウントレースイスキー場。
マウントレースイで滑っていると、北海道で一度にハートのモーグル板を見てるはずなのに。
肝心なモーグルラインがほとんど無い。


よっしゃ、今日もコブ滑り練習だ!
レースイに乗り込んでも、下の動画で乗ってるリフトが空かないと繰り返しコブ滑りするのが大変。
北海道マウントレースイスキー場のコブラインをリフトから空撮

レースイスキー場、レーサーズリフト下のコブ滑り動画↓
北海道マウントレースイスキー場コブ滑り動画

最初は、に長いモーグラーが掘ったと思われる短いライン。
ゴズロフがこのライン滑る時の注意点はたった1つ。

コブを恐れて、体重を後ろにかけてしまうとコブから発射されるので、自分から前へ前へ」と、次のコブへトップを喰い付かせる。
テールでズラして滑るなんて事はまったく考えてません。


リフトの真下に辿り付き、コブ滑りスタート。
コブのピッチは標準的ですが、左右のバランスが複雑なので意外と大変。
テールでのエッジングでズレズレの基本滑りを出来る限り頑張りました。


( ̄u ̄;)ハァハァゼェゼェ… と1度休憩入れた後のコブライン。
途中までは基本ライン。
後半は、ラインが細くなるので、動画の1番最初と同じ様に、遅れないように「前へ、前へ」とトップ意識。

リフトし下の小さなジャンプ台で雄叫びあげてますが、どうか気にしないでください。
飛んだ後はコース合流の為、必ずコースを振り返る。


今回の動画でゴズロフ的には2つのコブ滑りを使い分けてます。
に長かったコブではエッジングは気にせず、スキー板のトップで次のターンに入り、真横にエッジングしたら、次のコブにトップを入れる意識だけ。
テールでコブを削ってエッジングしようとすると、ゴズロフは次のコブに入れなくなる。


逆に、動画中盤の基本コブはテールでエッジングしないと減速しないので、ゴズロフには恐くて降りれません。


( ゚д゚ )コブは全て同じ形状じゃありません。レジャースキーヤーゴズロフぐらい未熟だと
どう頑張っても乗り越えれないコブの形があります。
これは滑り、これは基本滑り、これはバンク滑り。とコブ練習してるとコブの種類が解ってきます。


滑りが適したコブなのに「DVDでやっていた横ズラし滑りが難しいぞゴルァ(▼ω▼)」と文句言うスキーヤーは、基本コブを見つけて横ズラし滑りをやって下さい。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

(。_。)φ

なるほど~(゚∀゚)大変参考になりました。自分的には後半の滑りが勉強になりました。斜度はどれくらいなんでしょう?

Re: (。_。)φ ____ロ(。。*)ケシケシ...

> なるほど~(゚∀゚)大変参考になりました。自分的には後半の滑りが勉強になりました。斜度はどれくらいなんでしょう?

斜度は、15~20度ぐらいの平らな所でございます。(*- -)(*_ _)ペコリ
イメージはコブの中の溝を通るのではなく、壁にスキー板の面を当てて滑って行く感覚です。
main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事