FC2ブログ

スキーコブ滑り練習中、全く滑れなくなった時は、安全に練習する方法を守る。

 スキーコブを滑る直前、コブラインを上から眺めて滑るラインを見極める。
事前に勉強したデモの解説が頭に叩き込まれてる!心配無い。
何度も見た本物のモーグラーさんの動画は頭に叩き込まれている!大丈夫だ。

 
こんなズルドンは嫌だ。キロロスキー場長峰2Bコブで一番深いラインが凍ってるからコブ板持って行っても何も出来ません。

 現実は悲しく、レジャーコブスキーヤーゴズロフにはこんなコブ滑れません。
春コブシーズンの朝一、コブの中で前日の滑走跡がボコボコしたまま凍ってる。
これはコブの雪質の状況を見極めれない事から来る失敗例。

 唯一滑れる方法は、前日の最終滑走でコブのデラ掛けをしっかり行う事。
前日の滑走跡が消えて綺麗になって居れば、少しは滑り易くなる。



 コブは滑走者が掘って出来る、雪が削られた形。
コブ初心者と、コブ上級者が滑ってるコブ形状が同じ訳有りません。
全然違います。


 以下、画像や動画を使い実際に滑ったコブ形状の説明。


米沢のコブ
米沢スキー場、北の背コース←公式ページへのリンク。
 最大斜度23° 平均斜度18°

 メッシュポールで意図的に作られたコブライン。毎日メンテされていた。
最初のコブ滑り練習にお勧めしたいコブ形状
スキー検定1級を受ける目的で、このコブで色んな滑りを試す。


天元台コブ
天元台スキー場、しゃくなげゲレンデ←公式ページへのリンク。
 最大斜度28°平均斜度13°
 
 スキー検定1級を受験した時のコブライン
スキーを縦に落としながら、をコブの壁面に向かって振り出さないと滑り難い。
コブ滑りを練習し始める方には、全くお勧め出来ない位、変なコブと言うか。
コブ上級者ばかりが滑ってるから、そんな形状に育っただけ。


ハンタマコブ
ハンタマスキー場、エフ・ディー・アール←公式ページへリンク。
 最大斜度25° 平均斜度18°

 コブ形状が均一で掘れ具合も揃っているけど、凄く硬いコブ。
ヘタったエッジ無いスキーだと、ステンっと転びそうで怖かった。
エッジがちゃんと有るスキーを持って行く事。



奥只見こぶ
奥只見丸山スキー場、カモシカAコース公式ページへのリンク。
 最大斜度35° 平均斜度不明°

 幅が広くて落差が大き過ぎる、バンク滑り専用コブ。
バンクラインを通らないでズルドンすると、コブの溝で止まる。

抜け出すには、コブラインでを真横にして横に通り抜ける動きが必要。
斜度が急過ぎて、次のコブ溝が見えない部分も有った。

滑走者なんて殆ど見掛けませんし、バンクだって気付いたのは帰る間際。


八海山はコブすぐ出来ますね
八海山スキー場、チャンピオンコース←公式ページへリンク。
 最大斜度35° 平均斜度28°

 完全非圧雪のパウダーエリアが、自然とコブになってしまったコースの入口。
湿り雪降雪も多く、新雪が乗ってる分意外と滑り易い。
斜度も上の奥只見の画像よりは緩く感じる。
降雪後は、基礎板なんかよりもファットスキーでコブ滑った方が楽。



タイガーこぶ
 ルスツスキー場、タイガーコース←公式ページへのリンク。
最大斜度29° 平均斜度22°

 幅はそうでも無いのに、落差が大きい。
滑ってる方々のスキー技術が高過ぎて、縦ズラシ小回りが出来ないと難しい。
コブ形状が一般的に見ると変なので、滑走者は極僅かで本物の上級者が居る。


北海道 ルスツ タイガーコース 優しい春コブ練習。


中山峠スキー場コブ→ライン
中山峠スキー場、シルバーコース←公式ページへのリンク。
 最大斜度24° 最低斜度14°
 
 左側の細かいピッチのコブは、モーグラーさん達が作成。
斜度が緩いから見た目は簡単そうだけど、コブを回し込んで滑るとこんなに忙しい。

 この斜面の終盤は、右側に斜面が傾いてる。
最後はコブへのターンが間に合わなくて、右も左もターン出来てません。
間に合って無いのに何度も滑ると、右も左も無いウェーブコブが出来上がる。



スキー縦コブ?基礎コブ?滑り、シャクシャク雪で回し込み減速練習。

 右側のラインは、基礎スキーヤーさん達が作成。
結構間延びしていて、動画みたいにターンを余りしないと、溝ばかり深くなる。


スキーコブ練習。なんちゃって縦コブ滑りと、内コブ削りラインは同じ所を通るみたい。
 



fusiginakuninogozurofukobu
 正確なデータは無いけど、最大斜度40°平均斜度20°位かな?
急過ぎでピッチが狭過ぎで結構掘れているレアなコブライン。

 基礎コブ滑りしようとしても、次のコブに間に合わずコブから追い出される。
安全に滑れるズルドンで練習し始めるが、体重を後ろにすると、ラインアウト。

 
スキー コブ 狭いのでズルドン&切り返し練習。
 



 コブ形状には、練習に適している滑り易いコブ
練習に適してない、滑るのにも高いコブ滑走技術が必要なコブ形状が有る。

 初めの内は簡単なコブを探して。
コブ滑り能力が上がって来たら、滑走技術が必要なコブに入れば良い。


「リフト券㏠券買っただろうが!」って方は。
無理しないで1日中コブ斜面から逃げずに考え込めば良い。


 ズルドンしたり、ボーゲンしたり、デラ掛けしたり。
「こんな事やって上達するのか?」って疑問に思いながらも滑れば良い。
1日中滑っても、連続で滑れるコブの個数が増えなければ、コブを変える事。


 ゴズロフの場合、本当にコブ滑りを始めた日。最大3コブ。
翌日5コブ。そのシーズンで最大18コブと増えた。

 月山代書絵

 本当に練習したいなら、コブを楽に滑れる、春コブシーズンの。
雪が緩み始めて、コブの中に凍ってる場所が無くなった時間から滑れば良い。
凍ってる内に滑ると転び易くて、怪我する可能性も高い。



 ってまあ滑る以前に使ってるスキー用具がコブ滑り難かったら意味無いんだけど。

 
コブ滑りに最適なスキー板は、自分の脚力で楽に小回り出来るスキー板を使う事、動画で説明…の記事へ



テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
今年のメロンは高い
コブ滑りのブーツガード。
エッジからブーツを守る。
道外人居ない北海道








2022モデル試乗板
2020モデル試乗板
2019モデル試乗板
2018モデル試乗板
2017モデル試乗板
2016モデル試乗板
2015モデル試乗板
2014モデル試乗板
2013モデル試乗板
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
最新記事