rossignol super7 ロシニョール スーパー7 2014 モデル 試乗 レポート 滑走動画付き

rossignol super7 ロシニョール スーパー7 2014 モデル 試乗 レポート 滑走動画付き
スーパー7
super7のスリーサイズ 140-116-130
ラディウス R20.8

Squad7(スクワッド7)よりちょっぴり細くなったsuper7スーパー7) 
デモ、スーパー7の方がテール太いんですよ。

試乗したバーンは、整地~新雪20cm程
整地では、ファット特有の足下の幅広さが感じられ、楽にカービングターンは出来ません。

rossignol super7 ロシニョール スーパー7 2014 モデル 試乗 滑走動画



スーパー7は、2013モデルのS7より扱い易いと感じた。
新構造で軽量化を実現した恩恵でしょうか?
ファットスキー特有の幅の広さが原因で、スキー板の回し難さはそれほど感じられません。
きっとテールのロッカー具合が最適なんでしょうね。


試乗会の中でも、ロシニョールの7シリーズは人気があり、ゴズロフが返却しようとした時
「返却ですか?乗りたいのでそのまま受け取って良いですか?」と返却待ちの方が居た。


ゴズロフの試乗レポート。
rossignol super7 ロシニョール スーパー7 2014

必要脚力
1級取得する位の脚力の持った方で、センター幅110mmの具合を知ってる方なら大丈夫でしょう。

推奨斜面
パウダー専用、整地滑るには適しません。

タイプ別
パウダー専用として購入を考えてる方、後日別の試乗会で、シャクシャク雪の時に試乗しましたが、春のストップ雪、スピードの出ない斜面に来ると、センター幅の扱い難さを感じるのでご注意ください。


愚痴

(-ω-;)ウーン、でもねゴズロフの中で不思議なのか。
ロシニョール スーパー7とスクワッド7の違いがどうもあやふや。


ゴズロフの個人的な判断だと。
新雪の中で切るようなカービングしたいならスーパー7
新雪の中で、テールに乗っかってズラしながらパウダーを巻き上げて滑るならスクワッド7


滑ってる動画を見て貰えば分かると思いますが、スーパー7はスクワッド7ほどテールに乗った滑りをしてません。


乗った瞬間感動したのは間違い無い。
試乗会の中で2番目に欲しいと思ったロシニョール スーパー7



13-14スキー ロシニョール ROSSIGNOLSUPER7 スーパーセブン 板単品

あら?super7のレディース用のSTAR7(スター7)って板もあるんですね。
でも値段が一緒…。

13-14スキー ロシニョール ROSSIGNOLSTAR7 スターセブン 板単品

(-""-;)ムム・・・レディース用として、メーカーさんが販売してるモデルとしては
一般用(男性モデル)の板よりも、脚力の少ない女性でも乗れるように、フレックス(スキー板の撓み)を柔らかくして、乗り易くした物と思うのですが。

STAR7はスキー板のグラフィックを女性用に変えただけかな?
( ゚д゚ )

ROSSIGNOL ロシニョール SUPER7 スーパー YAHOO 最安値ページ


テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まだこんなにモフモフしているなんて、うまやらしい・・・

Re: No title

> まだこんなにモフモフしているなんて、うまやらしい・・・

(ΦωΦ)ふふふ・・・・、北海道最高です。

2013 or 2014?

新しいパウダー板が欲しくて、大いに悩み中でして、レビュー参考にしています。詳細なレビューありがとうございます!

2013のRossignolのS7 188cmをレンタルでのったことがあるのですが、ディープパウダーでも楽しく、ツリーランも荒れた新雪もぐいぐい滑れてすごく気に入りました。硬さは全く気にならず、むしり高い走破性に驚くとともに感動しました。

ただ来年から全く新しくなるので、安くなった2013モデルを買うか、来年モデルのSuper7かSquad7を買うかすんごく悩んでいます。

コズロフさんはどちらも履いたことがあるようですので、2013モデルか2014モデルかどちらがお勧めでしょうか。ディープパウダーやツリーラン、荒れてきた新雪など個別に教えていただけますと更に嬉しいです。

よろしくお願いします!

ぱうろふさん2013です。

愚痴ブログ見てくださってありがとうございますm(。_。;))m

恐らく2013モデルだと思います。

以下理由です。
2014年の7シリーズは全体的な軽量化を押し出して造ってる様な感じでして。
2013よりも、軽くなったかな?と感じてます。

軽い新雪でパウダー・ツリーランでしたら、2014スクワッド7→2014スーパー7→2013S7の順です。
理由は、スクワッドが1番ズラシ易いので、小回りがし易いと感じた点。
次にスーパーが来るのはS7より軽いと感じた所です。


重くなる新雪&ボコボコ荒れた斜面のパウダー・ツリーラン・になると
2013S7→2014スーパー7→2014スクワッド7です。

重くなった新雪、ボコボコに荒れて来ると、重要なのはスキー自体の重量=走破性だと思ってます。
軽い2014の7シリーズ等で、ボコボコ斜面滑っても扱い難いだけで、重量で足下の雪を崩しながら滑って行く重い方が、ツリーランでも楽になります。
但し、重い湿り雪&ボコボコ斜面でもスキー板を抑え付ける脚力が必要です。

2013のS7での重さを違和感無く滑れるのであれば、長いシーズン考えるとS7の方が合っているのかと思います。
スクワッド7とスーパー7は、本当に新雪が20cm以上積もった新雪専用にお勧めです。

プラスで、スイッチでパウダー滑る時もあるなら尚更S7が良いかと(^^;

ありがとうございました!

早速お返事いただきましてありがとうございます!しかも詳しく教えていただき非常に参考になりました。

僕は新潟に住んでいます。シーズン中はほとんど新雪を滑っていまして、オープンバーンが荒れた後は、帰るまではずーっと林の中にこもってツリーランです。

最近数年は、2010年モデルの柔らかくなる前の固いObsethedを使っていまして、かなり調子が良いのですが(このObsethedでシーズン初めから、腐れ雪まで滑ってます(笑))、前にも来ましたように2013S7に感動し、すっかり新しい板が欲しくなっています。

やはし おすすめ通りの2013S7なのかとも思っています。ただ、同じライダーのいたということでAtomicのAutomaticにも心揺られたりもしちゃうのですが。。。

またコメントをいただいて非常に合点がいったのが、軽い板(柔らかい?)板だと荒れるとつらいというところです。シャルマンで、JJや4FRNTの板なども履いてみたのですが、柔らかくてとにかくちょっとでもトラックが入っていると、特にトップが暴れて仕方なくて、どうして自分には他の人たちが履いている板が合わないのかと不思議に思っていました。

長文で失礼ついでに、もう一点お聞きしたいのですが、S7の178㎝と188㎝はどちらが良いでしょうか?現在のObsethedは179㎝で浮力的にはほとんど不満はないですし、ツリーランが快適なので、あまり長い板がツリーらんに心配だっていうことから教えていただきたいです。

ぱうろふさん、お役に立てれば幸いです(;゜(エ)゜) アセアセ

ツリーランなら178cmの方が良いですよ、ゴズロフツリーランは177cmで滑ってますので(゜O゜;
新潟は標高下がって来ると湿り雪になるので、長めでツリーランは疲れてくると予想します。
但し、オープンバーンは大回りで降りて、ツリーランは横ズラシ主体で滑るなら長くてもOKです。


スキー板はそれぞれ乗り味が異なるので、世間の評判と個人の感覚は違います。
湿雪・乾燥雪のどちらで使うかによっても大分変わるので、難しいですよね。


AutomaticはS7より、中~大回り向けで走破していく感覚でした。
小回りが必要になって来るツリーランが多いのなら、是非S7に…。


ぱうろふさんが、来シーズンパウダー滑った後に
「ゴズロフの野郎!こんな板勧めやがって!」とならない事を祈りながら
「送信」ボタン押しておきます□。_((´д`)) ぶるぶる・・・良い雪降れば問題無い。

ありがとうございます!

繰り返し色々と教えて頂きありがとうございます!すっきりしました。

S7 178cmにするか来期モデルにするかが最終的に悩んでいましたが、S7で行こうと思います。実際、新しいモデルはそのうちでも手に入りますが、S7は今限りっていうのも決め手にはなっています。

S7は試乗もしているので愚痴ったりしませんので、ご心配なくー(笑)!

ジュニアスキーの記事も読みましたが、実は我が家の小5の息子はK2のIndyをはいてまして、調子よく僕と一緒にパウダー、特に林間を滑っています。そんなことろの考え方もゴズロフさんと共通している気がします。ただ身長が伸びてきたのと、もう少し太くてもよさそうなので、今度はJuvyかとも思っています。

また今後もぜひ、試乗などの感想を発信していってください!

(´▽`) ホッ、良かったです。

板も、新しいモデル=良いスキー板とは限らないので、難しいものです。
ぴったりの板を見つけるのが大変なんですよね(ーー;)

お子さんもバンバンパウダーに連れて行って、是非パウダージャンキーっ子にしてください。

S7最高ですー

2年ほど前に質問をしたのもですが、結局S7にしました。非常にいい板で、お勧めしてもらい感謝しています。

昨シーズンは30日ほど、シーズン初めから終わりまで、新雪からしゃば雪までずーっとS7で滑っていました。新雪はもちろん、圧雪もカービングが気持ちいいですし、どんな雪でも気持ち良く滑れます。ほんっとおすすめありがとうございました。

今年も毎週末林間を楽しく滑ってます。

小学生の息子はSin7で一緒に林間滑っていますが、体重が軽いためかSin7が優れているのか、油断していると息子のほうが滑るスピードが早いくらいで。。。

来シーズンに向けて、安くなったらそろそろ新板をなんて考えてますが、今度はSquad7かSuper7で悩んでます。ゴズロフさんのレビューや以前いただいたご丁寧なお返事を見ますと、林間のSquadかカービングのSuperかってとこでしょうか。

またまたご助言いただけますと嬉しいです。

Re: S7最高ですー( ゚д゚ )まだまだ楽しんでくださいね。

おお、S7でシャバ雪まで滑れる技術をお持ちですか、羨ましい。

( ゚д゚ )小学生sin7ですか…、凄いと言うか贅沢過ぎると言うか
今のお子さん方はパウダー環境も素晴らしいですね。
子供は恐れ知らずですからね、楽しいと思ってしまえば恐怖心より好奇心です。
大人が無意識にセーブして滑っていても、子供はそんなの知りません。
「父ちゃんに新雪喰われる前に、先に喰わないと」って思ってるんでしょう。
ツリーランでも、良いラインを探しながら滑っていると、衝突の危険もありますので
他の滑走者が側に居る時は、お子さんにご注意だけはお忘れなく…。

ゴズロフは誰も居ないのに友人と2人でツリーランして、衝突した事がありますので…。




Squad7かSuper7ですね。
ゴズロフはSquad7をちょうど1年位前から使って山スキーしてますので
Squad7寄りのアドバイスになりそうですが、ご了承下さい。
ニセコイワオヌプリや、羊蹄山で滑ってた板です。

まあ、前回とほぼ同じ意見ですが、Squad7のSuper7の違いは
ズラシ主体で滑るか。カービング主体で滑るかです。

シャバ雪の中でSuper7をズラスのはちょっと苦労してました。
Super7はyoutubeに投稿してるパウダー試乗動画の時と、雨降りの中で試乗してます。

Squad7は、テールが細いのその分ズラシに逃げれます。
どっちが上級向け?と聞かれたら、ゴズロフはSuper7と答えたいです。
幅が広いSquad7と2番目に広いSuper7と言う比べ方よりは
全く別のスキー板だと思って下さい。

欠点は、軽く他のメーカーの板に比べて柔らかいので
体重の多い方や、脚力の有り過ぎる方は「物足りない」と感じると思います。
現に、ゴズロフが他に所有している、ノルディカのジリッシュより
柔らかいので、下に沈み速度が劣りますが、軽い分操作性が良いです。

身長170で体重62キロ位のゴズロフでも、難無く使えている点もスキー板の優しさと思って下さい。
一応、ガリガリになってなければコブも滑れた位の操作性の良さです。


ツリーラン主体ならSquad7の方をお勧めしたいです。

ちょうど今時期が1月の値下がり時期ですからね、ある意味狙い目ですね。

またまた教えていただきありがとうございました

お返事ありがとうございます!

やはりSquadですね!参考になります。Squadの欠点はSuperより1万円ほど高いことです。。。

今持っているS7は178cmなんですけど、実質170cm位でして、Superは172cmのもののあるので、それもいいかなとも思っていはいました。このS7はほんとに調子よく、コブ以外だったらどこでも快適です。僕が上手なわけではなく、板が僕にあっているんだと思います。あらためて以前におすすめ頂いたことを感謝しています。

子供は数年間ためていたお年玉でSin7を買ったまでですー。ちなみに身長は160cmちょっとと、子供スキーはもうはけないのでこのようなチョイスになりました。


もう少し楽しく悩んでみます


Re: ゴズロフのS3は177cmです。

新しいスキー板を購入する事になっても、今ご使用中のS7はずっと使えると思いますので。
大切にしてくださいね。

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
北海道スキーが最高
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事