rossignol soul7 ロシニョール ソウル7 2014 試乗レポート 確認動画付き

rossignol soul7 ロシニョール ソウル7 2014 試乗レポート 確認動画付き
2015もたぶん継続。

rosisoul7


2014年のロシニョールの「新7シリーズ板」で試乗してなかったsoul7
今回、試乗会のゲレンデコンディションは「春雪が凍りついた硬めのバーン」新雪ほとんど無し。


youtubeにロシニョール7シリーズのハニカム構造が光ってる映像がありましたけど
上の画像は、雪面に反射した日光がハニカム構造を通った為「光っている様に見える」だけですよ。


rossignol soul7 ロシニョール ソウル7 2014 試乗した時の確認動画


新雪が無いのにファットスキー試乗しても、雪の上で浮いた時の感覚が分からない…
オフロード用の車の試乗を、アスファルトで平らに舗装された道路でやるようなもどかしい気持ち。


試乗の仕方も悩みました、横滑りでの足下感覚の確認・ズレ易いか?ズラシ難いか?
テールが引っ掛かるか?整地滑ったらどうなるの?位の試乗レポートになります。


他の7シリーズと同様で、ソウル7自体の重量は軽い方。ロッカー構造の作りがゴズロフの好みで、トップが引っ掛かる感覚も、テールが引っ掛かる感覚も無く、足下も違和感無し。


整地滑ってる時も、板自らエッジを喰い込ませて走る感覚は無いです。
確認滑走動画の後半では、板の振動を抑える力は必要になってきました。


ゴズロフが普段ロシニョールのS3に乗ってる為か、今回の7シリーズの感覚は好きです(*'_')



新雪が無くてあてにならない、ゴズロフの試乗レポート
rossignol soul7 ロシニョール ソウル7 2014


必要脚力 
全く必要無し。強いて言うならSAJ2級受験を考えてる脚力程度の男性で、一般的なゲレンデ滑れる方。
そんな方がパウダーの入門用で使っても大丈夫だと思います。
女性はちょっときついと思いますが…K2の女性用よりは乗り易いと思います。

推奨バーン。
凸凹で凍り付いて荒れてない新雪ゾーン。


タイプ分類。
パウダーをズラシながら、とりあえず楽に滑る方で、エッジを噛ませる感覚を好まない方。
パウダーでスピード出してターンしたい方は、ソウル7の柔らかでは不満になりますよ。


sin7とsoul7で比べたら、soul7の方が好み。


13-14スキー ロシニョール ROSSIGNOLSOUL7 ソウルセブン 板単品

soul7のレディースモデルSAVORY7 サボりー7ですって。面白い名前。
これでも、値段が一般モデルと同じの為、中身がソフトなのか?グラフィックが違うだけなのか不明。



13-14スキー ロシニョール ROSSIGNOLSAVORY7 サボリーセブン 板単品


ROSSIGNOL ロシニョール SOUL7 ソウル  YAHOO 最安値ページ




テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

女性です。ファット入門で迷っています。
(SAJ1級を目指し中www)

sin7は結構乗れました。今思うとsoul7も試してみれば良かったです。

値段もアルケド・・・お勧めがあったら教えてください。

>naさん

> 女性です。ファット入門で迷っています。
> (SAJ1級を目指し中www)
>
> sin7は結構乗れました。今思うとsoul7も試してみれば良かったです。
>
> 値段もアルケド・・・お勧めがあったら教えてください。

お勧めラインは、ロシニョールのsin7 soul7 2013モデルのS3 dpsのyvetteです。
新潟の湯沢エリアを一例として説明します。

標高1,000m以上の軽い雪でずっと滑るのであれば、soul7 yvette。
soul7とyvetteの整地での滑り易さはyvetteです。


標高が1,000m以下の湿り雪が多い場合ですと、sin7 S3。
湿り雪になってくると、ファットに慣れてなく脚力が弱い方だと、重さと硬さは邪魔になり扱い難くなります。(脚力のある男性は、抑える事が出来るので重くても使います)

湿り雪パウダーでsin7とs3を比べた場合ですが…、S3の方をお勧めしたいです。
両方ともトップ・センター・テールのサイズが同じみたいですが
sin7とS3の形状が異なってるので、乗り味が違います。


sin7
トップからすぐの所に、最大幅が無く、アルマダの様なカモノハシノーズに似てます。
さらにテール部分は、数年前からロシのレディース用基礎板にあった、クビレ形状。

この2つの形状のお陰で、力の無い方でもスイングが容易で、テールの抜けも凄く良いです。
ファット特有の足下の幅広さ違和感が殆どありませんが、トップが潜ってしまう事があり。

s3
トップ付近に最大幅が有る。テールもクビレ形状は無し。
ファット特有の足下の幅広さ違和感と、トップの広さが感じられます。
トップが潜ってしまう事は、普段乗りで殆ど感じた事がありません。


S3を改良して、振り易さ+軽量化したのがsin7だと思いますが…
重たい湿り雪エリアでトップが沈んでしまうと、躓いて前に転んでしまう可能性が高くなります。
テール側に寄りかかり気味にして、トップを潜らせないように注意すれば防げると思いますが(^^;;

そんな危険性を感じてしまったゴズロフですので、
sin7は圧雪されたゲレンデの上に新雪が積もった場合にお勧めで
s3は圧雪されない、非圧雪バーンの深い新雪にお勧めになります。


もし女性でs3選ばれるのであれば
小回りが好きなら、159cm 中回~大回り好きなら168cmだと思います。


入門向けでS3を購入し、パウダーに慣れて来ると、別のファットが欲しくなるので
旦那様には「最初は安いので安心させておいて、2台目は高いので…」
と言う作戦は如何でしょうか?( ̄o ̄;)ボソッ
main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事