スキーバンクコブ滑りを低速ボーゲンで練習動画ゴズロフの個人的な練習。

スキーバンクコブ滑りを低速ボーゲンで練習するゴズロフの個人的な練習。
コブ練習場所は、あまり掘られてない、コブの形が完成してない基礎コブエリアが最適。
バンク滑りをした事の無い人だけ読んで下さい。


( ゚д゚ )こんぬづわ、ゴズロフです。
今回は、色んな上達ブログさんに刺激され、書き方をちょっくら真似しながら書いてみます。


ゴズロフブログのアクセス解析をすると、「スキーバンクコブ滑り練習」でイラッシャッタ方が3人も。
( ゚д゚ )3人もいらっしゃいました。凄いですよ。


ゴズロフはコブ滑りを全て自己流で滑って来たので、癖がありすぎて検定で点数取れる滑りでは無いです。
SAJの教程?に合わなくても文句は受け付けません。これはゴズロフ教程です。


バンク滑り、バンクターンですが、全部のコブ形状で使わない。
比較的広くなった、基礎コブでしかゴズロフ教程では使用しない。


バンクターン使用する状況。
「広過ぎて基礎コブ滑りだと落差があってキツイ時」「なんでこのコブこんなに延びてるの?の時」
コブの溝が2重に掘れていて、コブの溝に降りたく無い時」「コブ溝の出口が空中に続いている時」


スキーバンクコブ滑りを低速ボーゲンで練習動画

上のコブは緩い斜面にあるコブでの練習、ポイントはボーゲンで外スキーを、コブの1番上を通す事。
スキーをコブの溝に落とさない様に頑張ってボーゲンです。


の上に沿って、外スキーを滑らせて行くと、自然とコブとコブの間にある1番平らな所を通過します。
コブの深い溝には落ちません。


ボーゲンで滑ってるのは、低速で滑る為と、内足で身体が倒れない様に支える為。
これで滑り続けて、板が弧を描いて回っていく状態になったら、通るルートをの頂上から8合目位の位置に下げます。
すると、内足がそろそろ邪魔に感じてクルハズ。


次に両足で滑りますが
ゴズロフ教程バンクターンをする上で重要な、スキー板と身体の位置関係です。


今迄はボーゲンで滑りました。これは算数の授業で使ったコンパスと同じ。
外足スキーが、鉛筆の芯が付いてる円を描いて行く部分。
内足スキーが、コンパスが倒れない様に、支える部分。


ここで、内足スキーを外足スキーと一緒に弧を描いて行くと、普通なら内側に倒れますよね?
じゃあ、支える所は何処になるか?


コンパスを手で持つ頂上の所ですよ。
人差し指1本だけで、針と芯が閉じているコンパスを45度傾けて紙の上に立たせてみてください。
1番安定するのは、45度で傾いてるコンパスの頭を45度に対して垂直に押してる時です。


これを、コブに例えると。
2本のスキー板をコブのを滑らせて居る時、2本のスキー板をコブのに向かって押し付け、押し付けている力の先端は人の頭の上付近から。


この釣り合いを維持出来れば、内側に凄く倒して傾きを見せ付けている様なバンクターンが出来ます。
バンクターンで身体が傾く原因はコブのから返って来る圧力を頭から足下までで押し返しているからです。


コブの壁から押し返される力を感じながら、練習してみてください。
ゴズロフ教程のスローガン?は「道具の見得は上達の邪魔( ゚д゚ )」

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事