FC2ブログ

コブ滑りに最適なスキー板は、自分の脚力で楽に小回り出来るスキー板を使う事、動画で説明

 

 
コブ滑りに最適なスキーは、自分の脚力でに小回り出来るスキーを使う事。
とても自然にに言うと。
クラウンプライズ取得済みのスキーヤーが、2級検定用のスキーを使う位。


  コブ滑れ無い殆どの方が、1級取得もまだなのに。
クラウンプライズ取得向けのスキーを購入するので、コブが何時までも滑れ無い。



 同じスキーに、違うビンディング付けただけでも、結構違って来るから注意。


コブ上手く滑れるスキー

コブ滑り易いスキー板」

コブ滑れる様になるスキー板」

この文字で検索してる方々は、コブを滑れ無くて困ってるのは、誰もが知ってる。


  スキー板の宣伝広告文章に。
「スキー検定のコブ滑りで合格出来る様になる、コブも滑れる上級者向けスキー板」
この表現で、何も知らないコブ滑りが出来ないスキーヤーが入れ食い状態。




 ゴズロフが個人的に思ってるコブが1番滑り易いスキー板は。
上級者用スキー板じゃなくて、中級者向け用位の柔らかさを持ってる板。


 コブ滑れる上級者の中には「コブはどんなスキー板でも滑れますよ」
って余裕で言うけど、硬い板を強靭な脚力で抑え付けれる技術と筋力が有る為。


 本物のスキーのデモさんとかが、スキーの受注会でそんな事言うからね。
失礼な言い方ですけど、コブラインで残念な方をお見掛けします。

「何で全くコブ滑れ無いのに、そんな硬くて重い板使ってるの?」

「ああ、そうか、騙されて買わされたんですね、仕方が無い」

「あ~あ、コブ全く滑れ無いからって、練習諦めて整地に逃げたよ」

「何であんなにコブ滑り難いスキー板を、滑り易いと宣伝して売るんだろうね?」


 以下の愚痴は、コブ練習を始めたばかり・始めようとする方用です。
既にコブ滑りが出来る上級者の方々は読んでもイミナイので、ご了承ください。


 まず逆から考えてみましょうか。

コブが下手に滑れスキー

コブ滑れないスキー

コブ滑れない様になるスキー

1.センター幅120㎜以上のファットスキーは幅が邪魔でコブ滑り難い。

2.フルロッカーのスキーはトップがコブを捉えず、テールは変に抜けて難しい。

3.GSレースの硬いは、コブの中でズラシ難い、重くて扱い難い。

4.ショートスキーはバランスが難しい。


 1.幅は狭い方が良い?
60後半から70後半までが一般的、ターンがし易い
センター幅80㎜以上で「コブでも何でも出来る」って宣伝してるは注意。
基礎コブなら気にならないけど、細かいコブだと、テールの幅が邪魔になってくる。
シャク雪の春コブシーズンなら、80~90㎜位の方が実は雪に沈まない。


 2.ロッカーじゃない方が良い?
ファット系の明らかに「凄く反ってるね!」ってロッカースキーは不要。
基礎スキー板のロッカー構造なら気にシナイで良い。


 3.硬過ぎるスキー板=緩い斜面で低速ターンが難しいスキー板。 
脚力と技術がある方は、硬い板でも簡単に撓ませて横ズラシが出来る。
脚力と技術が無い方は、軟い板なら簡単に撓ませられて横ズラシが出来る。


脚力と技術がある方は「板なんて何でも良い」と言う事が出来る。
技術と脚力が無い方は、コブに入る以前の問題。


 4.ショートスキー過ぎるとバランスが悪い。
バランス取るのが難しく、コブにショートスキーで突入するメリットは無いけど。
春のシャク雪だと物凄く減速出来るので、超低速で滑る方も居る。
 一般的なカービングスキーの長さでOK
逆に、長過ぎるスキー板(190cm以上等)も板を回旋させるのに苦労する。


 上記を合わせると、コブ滑りになるスキー板は。
普通のカービングスキー板で、使う人の脚力以上の硬さを持っていないスキー板。
もっと欲を言うと。
「こんな役立たずのスキー板で、カッコ良く整地カービング出来ないぞ!?」って位かな?

 コブ滑りの初期の練習方法は、どんなにカッコ悪くたってコブを降りる事。
技術選の選手がコブをターン弧描いて行く滑りは最初から出来ません。


 まずは、横滑り+スキー板の回旋を使ってコブをゆっくり降りて行く練習。

ルスツ タイガー コブ 横滑りで降りる練習

 
 基礎スキーに熱心なスキーヤーは、何故か技術選が開催された場所のコースで、練習したがりますが。
コブ滑りを練習するなら、もっと斜度が緩くてコブも深く無い簡単な方が良い。


 ルスツスキー場のタイガーコースでコブ滑りを練習し始める方なんてまず居ない。
本当の上級スキーヤーさん方が本気で練習してたらお邪魔になりますし。
滑走者は本当に少ない。


滑るのが楽過ぎる程緩いコブラインで、ボーゲンでコブを削る練習動画


 このコブ動画全てに共通する事が、一般的なコブ滑ってる方の速度より遅い事。

スキーの速度が遅い=人がスキー板に伝える事の出来る、総合の力が少ない。

スキーの速度が速い=人がスキー板に伝える事の出来る、総合の力が多くなる。


 初心者でも、整地で速度を出せばレース用の板でも曲がれますが。
低速でスキー板を操作するのは非常に難しい。


 ここで、基礎スキー板の最上位機種とかの定義。
スキー板を硬く造ってる=スキー板に伝わる力が強い事を想定してる=スキーの速度が速い時安定させる為
だから、低速域では脚力無いと撓ませてターンするのが難しい。


 じゃあ、基礎スキー板のセカンドモデルや、下位機種、オールランドと言われる板は何なのか?
トップ機種より、スキー板を柔らかく作ってる=低速でも板を撓ませ易くしてる。

低速で撓ませ易いとどうなるか?
ゆっくり滑っていても、スキー板を方向転換&ターンさせるのが簡単。


 ゴズロフが実際に試乗させて貰った時の動画で説明します。
動画の後半コブ滑ってますので、確認お願いします。



OGASAKA オガサカ TC MC FM600 2018モデル試乗レポート コブも滑走動画。
 滑走してるコブは、テイネスキー場の男女回転コース下部。
滑る技術力が未熟な為、技術選に出場を目指す方々が使う様な、硬くプレート付きのスキー板だと、板が重くて操作が難しい。
スキー板を扱うには、プレートの硬さも気にせずに、スキー板を撓ませる事を可能にする、それなりの技術力と筋力等が必要ですね。




ROSSIGNOL PURSUIT 800 TI ロシニョール パシュート 2018モデル 試乗 コブも滑走動画。
 滑走してるコブは、テイネスキー場の北壁コース上部。
テイネで北壁コブばかり滑るのは、歴代モーグル選手が北壁を滑ってるからと言う、憧れの理由では無く。
テイネスキー場で一番面白いコブエリアが北壁コースだから。



salomon Xmax X6 サロモン エックスマックス 2017モデル 試乗レポート コブ滑走動画

 試乗会場では、デモモデルの1番下の最下位機種Xmax X6。
皆さんXMAXの10とか12とかに夢中で、6なんてスキー板には興味を持ちません。

軽くて、スキー板の操作がし易く、システムスキーのビンディングですが、セパレートタイプだから。
スキー板の撓ませる力を妨害して来ません。
後は、XMAXのスキー板の構造が、コブの滑り易さに大きく影響を与えてる。


 この事実を思い知らされるのが、昔の1級検定での不整地小回り。
デモ板上位機種のスキー板に乗った方が、不整地小回りのコブをぎこちなく滑る。
逆に普通に売ってるスキー板に乗ってる人が、すんなりとコブを滑って行く。


 理由が簡単、スキー技術が同じでもコブを滑り易いスキー板で滑っているから。


どうします?


 今使ってるデモ用のスキー板より、一般的なオールラウンドタイプの中級者用スキー板でコブ滑った方が、綺麗でで、検定で高得点出たら。

 硬めのファットスキー板でコブ滑りをするとこうなる。

ヴェクターグライド シフトでコブ滑り滑走
 旧型で軟くなる前の凄くヘタったセンター幅100mmシフト。
ビンディングはマーカーのツアービンディング、デューク。
踵の真下が堅くてズラシ操作が難しい上に、板の幅も硬さも操作の邪魔して来る。


 その他。
モーグル専用板は、コブを上手く滑れる板では無く、「モーグル滑りに適した造りになってる事」を理解した上で購入するのをお勧めします。

 その昔、コブを全く滑れない年配の方に。
ID-ONE上村愛子モデルのターンテーブルビンディングを買わせるお店が有った。
本人が自己満足で購入されてるなら、文句はございません。
2019シーズンなら、MR-CEが欲しいと言う方が大勢居るかもしれませんが…。


ドMR ピッチが細かいコブラインをなんちゃって縦系で滑って行く、コブの良い練習方法
 ID ONE MR-Gで遊んでましたが、基礎コブを基礎コブ滑りするのは難しい。
滑り方関係無く、スキー板を真っ直ぐしたまま撓ませての減速が凄くやり易い


 コブを滑る目的が、基礎スキー検定合格の為なら、モーグル板なんて不要。
基礎コブ滑りするのが難しいのが理由ですね。

 
 基礎スキー検定なんて、絶対にしない!
どんなに変な滑りだって、馬鹿にされてもキニシナイ。

正しいモーグル滑りが出来なくてもキニシナイ。
取り敢えず、縦気味にコブを滑ってみたいなら、モーグル板購入しても良いカモしれませんね。
それで縦気味の減速方法を学ぶって手も有りますね。


 しかし、検定の為にコブを滑らなければならない方は。
何処にでも売ってるデモモデル以下の、普通ののスキー板の方がですよ。

 コブも滑れないのに、デモ板最上位機種買っても、コブなんて滑り難いだけ。
硬過ぎて、重過ぎる。

 練習するなら、古くてヘタっている板をコブ滑り練習用として使い。
新品の大切な基礎スキー板は、整地オンリーで使った方が良いですよ。



テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もコブ滑れないのにモーグル専用板を買ってしまった一人ですよ~!!来シーズンはコブ板じゃない板を買って試してみようかと思っています。

チョッキーさん。コメントありがとうございます。

> 私もコブ滑れないのにモーグル専用板を買ってしまった一人ですよ~!!来シーズンはコブ板じゃない板を買って試してみようかと思っています。

( ゚д゚ )またまた、ご謙遜を…
凄まじい数のコブ地帯を経験されてるじゃないですか。
しかも、この記事は「コブ滑れない方」専用ですので(;゜(エ)゜) アセアセ、ゴメンナサイ。

No title

アトミックのSCのほうはどうでしょうか?
コブが苦手で・・・。

ntさん

> アトミックのSCのほうはどうでしょうか?
> コブが苦手で・・・。

(゜O゜;アトミックのSCでは実際にコブを滑ってないので、なんとも言えませんが…
新品のSCよりは、今お持ちの板が柔らかく、回転半径も14M以下位なら使いやすいかと…。



Re: トップデモモデル

ありがとうございます。

上手い先生方は、技術力と脚力の使い方が違いますからね。
私みたいなレジャースキーヤーは、簡単なスキー板を探して、楽に逃げます。


main_line
main_line
今年のメロンは高い
コブ滑りのブーツガード。
エッジからブーツを守る。
道外人居ない北海道








2022モデル試乗板
2020モデル試乗板
2019モデル試乗板
2018モデル試乗板
2017モデル試乗板
2016モデル試乗板
2015モデル試乗板
2014モデル試乗板
2013モデル試乗板
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
最新記事