試乗に使われた基礎スキー板購入する方へ、スキー板ヘタってても大丈夫ですね?

試乗に使われた基礎スキー板購入する方へ、スキーヘタってても大丈夫ですね?


シーズン終盤、スキー場で「あれ?何であの人来シーズンモデルで滑ってるんだろう?」
と思った事有りませんか?


来シーズンの板を使ってる方々は、一般の方・メーカー販売店関係者・イントラや選手の方。
皆さんそれぞれ乗る理由がある。


一般の方は個人ショップが試乗会のスキー板を(試乗モデル中古品として売ってるのを購入。
通常なら次のシーズンにならないと使えないモデルを、使える喜びを感じて滑る。

メーカー・販売店の方。
販売してもらう為に、僅かな人達の間で試乗会と宣伝の為。

イントラや選手の方
普通に持ってる為。


来期モデルを上手い人が使って滑ってるだけで良い宣伝になるので、使ってるのは上手い方が多い。


メーカー関係者や選手の方々は、「宣伝&販売」と言う大きな目的がある為納得出来るのですが。
一般の方が、来期のスキー板を、春コブの時期に使う理由がイマイチ分からない。


愚痴と理由。

スキー板には「板自体の張り」がある。
基礎スキーしてる方は「板自体の張り」が重要なのは知ってるハズ。

ヘタると板の跳ね返りが無くなり、ターン中板が外にズレ続けてしまい、ルーズなターンしか出来なくなる。
だから、脚力ある人・上手い方・尚且つお金持ちの人建ちは毎シーズン板を買い換える。


一般スキーヤーが滑って1番板を酷使してるのがコブ滑り。
折角の新しいスキー板を「コブでわざわざヘタらせてから」来シーズンを迎えるってどうなの?

しかも、試乗で使われている板なので、バリバリのレーサーや、強靭な脚力を持った方も試乗している可能性も有る…
だから、スキー板はそれなりにヘタってます。


同じスキー板でも、ヘタっている板と、新品の板は乗り味が変わる。
どんなに最上位機種のデモ板でもヘタったら、一般中級モデルと同じ価値に落ちている可能性があるので。
来期の試乗会で使われたスキー板は、その分安いのです。


これから、試乗モデルのスキー板の購入を考えている方へ。
スキー板は間違いなく2014年モデルの来期モデルですが…、新しく購入しても中古スキー板なので
スキー板の性能は100%出ない事を理解した上でご判断下さい。


但し、鋭いターンとかも求めず、検定も受けず、単にスキー板に乗って楽に滑る分には、ヘタっていても大丈夫。
むしろヘタっている板の方が楽に滑れます(柔らかく撓ってくれるから)


( ゚д゚ )ゴズロフは買い換えるお金が無いので・・・シーズンの7割はへタったスキー板で滑ってます。


13-14 VOLKL.フォルクル PLATINUM CD SPEEDWALL/r MOTION12.0 D 試乗モデル


13-14 VOLKL.フォルクル PLATINUM GD SPEEDWALL/r MOTION12.0 D 試乗モデル

試乗スキー板を売ってる販売店さんには申し訳無い記事で(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事