スキー初心者・初級者の方がスキー板を買う時、スキー専門店に行かない方が良いと思います。

スキー初心者初級者はスキー専門店に行かない方が良いと思います。
( ゚д゚ )ゴズロフは、全国のスキー専門店さんを敵に回すかもしれません。


スキー板を買おうとしている、これから始める初心者の方。
今迄、レンタルスキーで済ませていた方。

スキー板を買う時、何処に買いに行きますか?

近所のスキーが置いてある大型量販店。
全国でも数少ないスキー専門店
夏は登山・冬は山スキー用品のお店。
ネットのスキー販売店。


ゴズロフが個人的に感じてる事ですが。

大型量販店→全国展開してるスポーツショップの事。
スキー板を強化している店舗で無い限り、上級用スキー板は置いていない。
ターゲット層が、スキーをそんなにしない方々ですかね?

上級者が間違って行くと「えっ?こんなスキー板しか置いてないの?」と交通費の無駄になる。
スキー雑誌に載ってる様な、デモ達が使う板を置いてない。
逆に「こんなスキー板、メーカーのカタログにも載って無いけど、何これ?」と言う初心者用の板がある。
中にはこりゃヤバイヨと言う腐れ…た性能も…いえ何でもないです。
初心者の方が行くには、初心者用の板も結構有るからお勧めです。




スキー専門店 ターゲット層は1級取得以上の方々。
上級者が見ていて喜ぶような、デモ選手が使ってる様な板が沢山ある。
「おっ、これ何々選手の板だ…あの雑誌に載ってた板だ」と喜びを与えてくれる所。
安くて初心者用、初級者用の板が殆ど無い。
有ってもほんの僅かの為、選べる自由度が無い。

しかし、凄い板を見てると欲しくなってしまい、接客して来るスタッフさんも量販店のスタッフよりも熟練。
その為、「自分のスキー技術で、この板扱えないな…」と言う不安を「この板欲しい」と言う気持ちにさせられる。
とても危険です。

上級者の方、初級者の方をスキー専門店に連れて行くのは止めて下さい。
初級者の能力に合わないスキー板を購入させた場合でも「しっかり上達するまで指導してやる!」と決めてる方のみ連れて行ってください。

途中で「なんでこいつ上達しないんだ?教えるの疲れて来るよ」と思っても
ゴズロフが「アンタが買わせたんだろ!最後まで責任取りなさい」とツッコミますよ?



夏は登山、冬は山スキーのお店 ターゲット層は山登る方々。
装備品の取り揃えが凄い、一般人のゴズロフには解らない道具が沢山。
「基礎スキー?何それ楽しいの?」と言われんばかりの取り揃え。
ビンディングもアルペンビンディングが殆ど無いので、初級者の方にはお勧め出来ないですね。


ネットのスキーショップ。実は種類が豊富。
上記のスキーを売ってるお店もネットショップを運営してる所が増えてる。
中でも特殊なのが、とても安くスキー板を売ってる所。


メーカーに余ってる板を安く仕入れているのでしょうか?
カタログに載って無い様な板が沢山ありますが、初級者初心者用のスキー板です。

もし初級の方がスキー板欲しいけど、メーカー拘り無し、安いので良いと言うなら。
こうゆう所で2万円以下で購入した方が良いと思います。



だけど、間違って定価99,750 円が39,800円等の宣伝に誘導されてしまい。
「元の値段が高いけど、凄く安いから買っちゃおう!お得だね」と決断して買わないで下さい。
初心者の方が、値段の高い硬くて張りが有る中上級者用の板を買うと、上達の妨げになります。


最後に、最近増え始めたネットオークション・リサイクルショップ。
難しいですね。
オークションでも良い物が沢山あれば、悪い物も沢山有る。
リサイクルショップも同じだけど…古過ぎる物が多い。


「スキー板だけ購入するなら、ネットの初心者専用セットの安い物がお得ですかね」


スポーツをするには「良い道具が必要」と良く聞きますが。
値段が高くで上級者用・デモ選手が使う用具が「良い道具じゃありません」


初級者・初心者用
「スキーをして貰う為の必要最小限の機能があるスキー板」


中級者用
「初心者の時よりも、スピード出しても大丈夫な、硬さと張りのあるスキー板」


上級者用
「中級者の時よりも、スピード出しても大丈夫な、硬さと張りのあるスキー板」


こうやって少しずつ段階を上がって行ってるだけです。


スキー専門店さんのスタッフさんはとても優秀で。
上級者用のスキー板を
「鋭いショートターンも出来ますし、スピード出しても安定しますし、コブも行けますよ」と簡単に言う。
すると、スキー用具の初心者・初級者・中級者・上級者用のスキー板の区分け方法を知らない方が
「このスキー板使えば、鋭いショートターンも出来るし、スピード出せるし、コブも滑れるだ」と誤解する時がある。

スタッフさんも優しいので「初級者の方には、扱うの難しい」とはなかなか言えないでしょ。
言ってしまうと、今目の前に居るお客さんに対して
「貴方は初心者だから、上級者用は無理です」と言うような物。

理解してくるお客さんなら良いけど、頭の固い方の場合「初心者だとバカにされた」と思われて怒らせてしまう。
運が悪かったら大クレームにもなりかねない。

たぶん、会話の中には「もしかしたら、スキー板が硬くて扱い難い点があるかもしれませんが、良い板ですから楽しんでくださいね」と何処かでやんわりと説明してくれてるハズです。


後日、「オタクからスキー板買ったけど、仲間はもっと安いスキー板で2級合格したけど、俺は一向に合格できない、不良品売りやがって」と怒って行かない為にも。

初心者・初級者の方は、スキー専門店に行ってスキー板を購入するのは止めた方が良いと思います。
もうちょっと上達して、硬くて張りの有るスキー板をスキー技術が要求するようになってからでOKです。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

シーズンが近づき愚痴が冴えてきましたね!
先日イエティへ行って来ましたがやはりスキーは楽しいモノです。なので楽しくなる道具選びは大事でよね。
最近仕事で北海道に行く機会が多いのですがいつも日帰り…
今日もこれから札幌ですがもちろん日帰り…
プライベートなら考えられないです。

初滑り、もうお済なんですね。羨ましいです。

お久しぶりです。
愚痴は…北海道で雪が降った影響で頭がスキーモードになってしまったのと。
ブログのアクセスが少し増え、検索されている「キーワード」をニヤニヤしながら眺めていると
コレを愚痴ろう・・・と思いつくだけなんです。


現在は、ジュニアスキー用品のアクセスが上がって来ているので、何かジュニア用品で愚痴無いかな?
と考案中です。

スキー好きの方が、雪のある北海道に仕事で来て、何も遊べずに帰るのは拷問ですね。
今年も、一定の雪が降って楽しいシーズンになると良いですね。

子供スキーの愚痴

こんにちは。ひとつ言いたいことがあります。
チロリアのLR4.5というビンディング。なんでこんなに重いんでしょう?
今、120cmくらいの板を物色中なんですが、ゼ○オに行ったら
並んでいるジュニア板のほとんどがチロリアのレール。
(まだマニア向けの板しか出ていないのですが)

運動神経抜群な子なら安定して良いのかもしれませんが、
普通の子だとまず持ち運びに重すぎやしませんか?
雪国では学校に持っていくんですから。

ちなみに、一昔前のレールフレックスはもっと軽かったです。
耐久性に問題があったから金属を多用したビンディングに
変わったのかな?

Re: 子供スキーの愚痴

コメントありがとうございます。

どうして重いと言われると…販売店の人間では無いので確かな事は言えないのですが…。
一般人ゴズロフの予想としてお答えします。


・ビンディングは昔より大きくなってきて、色々と機能的になってる。
今のビンディングは、ビンディングだけでスキー板の硬さを変えて、機種のランクも変えてます。
重くすると安定性が良くなりますが、スキー操作が不慣れなお子さんには使い難いですよね。

この点が有る為、スキー板がジュニア中級者位のランクにはなってるかと思います。
エントリー向けの初心者専用板に、重めのジュニアシステムビンディングのセットだったら
「利益優先で子供の事なんか考えてない」販売店。とゴズロフは思います。


軽めのビンディングが良ければ、やはり板に直接穴開けして取り付ける板ですね。
販売店も、普通の競技やらない子供ならこのタイプでしょ。と思ってるハズです。
これらは、シーズンに入ってからじゃないと販売しないのではないでしょうか?

でも、まあ…スキー技術ある子供は恐ろしい技術で滑り降りますが。
重たい板でも頑張って運んでる姿を見ますよ。


後は、単に販売店がメーカーに
「安ければ何でも良いからジュニア用のシステムビンディング」と言って、在庫を仕入れてるだけですかね?
その場合、どんなにそのショップで「もっと軽い○○社のビンディングは無いのか?」と言っても
「仕入れられません」と返答が来るので。
取り扱いが有る販売店に行って買うしか無いですね。


ビンディングは軽い方が良い?重い方が良い?となると。
山屋さんと基礎屋さんが喧嘩しそうなので、何も言わずにそっとしておきます。

お返事どうもです

それがですね、まるっきりの初心者用で、年長~低学年サイズから重いビンディングなんですわ。
http://www.head.com/ski/products/skis/junior/pez-team-lr/6263/?region=jp
ヘッド、エラン、ハート(130cm以上)、あとゼビオリジナルあたりがこの重いレール式。
まぁ130cm以上が適している体格になってしまえば多少重くても持ち運びは困らないでしょうけど、学校まで持って行くとなるとやっぱりイヤ。
ヨーロッパでは学校まで持って行くという風習がないのでは?と思います。

同じレンジのレール式でも、サロモン/アトミック、ルック/ロシニョール、マーカーグループ(セパレート)はここまで重くないんです。
ただ、サロモンは120cmの板に解放値2-7.5のビンディングという、不思議な組み合わせという点はありますけど。(おいおい、解放値1.75か2.25だべよ。同じアメアのアトミックは4.5採用)
http://item.rakuten.co.jp/paraspo/jp115/?s-id=Beta05_ws_click

あと、青モ○ス製の板は塗装がすぐに剥げるとか、中国スワ○ーはコンベックスだったり酷いコンケーブだったとか、愚痴りたいネタはいろいろありますよ。

Re: お返事どうもです

> ヘッド、エラン、ハート(130cm以上)、あとゼビオリジナルあたりがこの重いレール式。
不思議ですね、仕入れが安いからですかね?

> まぁ130cm以上が適している体格になってしまえば多少重くても持ち運びは困らないでしょうけど、学校まで持って行くとなるとやっぱりイヤ。
> ヨーロッパでは学校まで持って行くという風習がないのでは?と思います。
ゴズロフが小学生の時は、学校のスキー置き場に置きっ放しでして、学校終わった後にナイター行く時は毎回持ち帰りしてました。


> 同じレンジのレール式でも、サロモン/アトミック、ルック/ロシニョール、マーカーグループ(セパレート)はここまで重くないんです。
> ただ、サロモンは120cmの板に解放値2-7.5のビンディングという、不思議な組み合わせという点はありますけど。(おいおい、解放値1.75か2.25だべよ。同じアメアのアトミックは4.5採用)
販売する前に開放強度の説明をしっかりとしないと…危ないですね。
「初心者の子供が2の開放強度だと、何故危険か?まで説明して納得の上、購入なら…」


> あと、青モ○ス製の板は塗装がすぐに剥げるとか、中国スワ○ーはコンベックスだったり酷いコンケーブだったとか、愚痴りたいネタはいろいろありますよ。

(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…、そんなに面白そうな愚痴ネタがあったのですね。

もう少し愚痴続けていいべが?

近所のローカルリサイクルショップで「そろそろスキー用品買い取り始まりましたか?」と聞いてみたら、「子供用のみ扱います。板とブーツとストックの3点セットのみ買い取ります」とのお答え。

なんじゃそりゃ?
うちはブーツはピッタンコのがあるし、ストックは伸縮式。
板だけ欲しいんじゃぁ!(売るときはヤフオクのつもり)

そしてリサイクルショップ回って気がつきました。
板の長さの割りにブーツがデカい組み合わせが多い!
じゃあビンディングを前に寄せようかと思ったら、後ろには動くけど前に動きません。
どうやら、成長を見越して大きなブーツを組み合わせる家庭が多いみたいなんです。

うちは下の子ににお下がりするし、2人の成長ペースが異なるのでその時のブーツサイズはわからないし、レール式のビンディングは非常にありがたいんです。
もしかしたらチロリアはレールフレックスの強度が問題となり、第2世代は金属を多用したレールとビンディングで重くなったのでは?と勘ぐってます。

ちなみに私は片側3.2kgの妙にスピードに強いレジャー用中級板と、同じく3.2kgのノマド・ブラックアイTiです。

どうぞどうぞ。ゴズロフは毎記事で愚痴ってますよ。

ほぼジュニアのスキー用品を買う方々は3点セットを購入するので
恐らくそれに合わせて、リサイクルショップも3点セットとして「売り易い」から買取を制限してるんでしょうね。

でも、リサイクルショップなんで、しっかりネジが切れてるか確認や、調整した証明書を寄こさないと不安ですよね。
とあるリサイクルショップで、ビンディングを弄ってると壊れてるの見つけたりしますので…。

長く使わせたいからと言って、大きいブーツと長い板、靴下を2重で重ね履きが多いようですが。
自分の子供に「お前は楽しくない快適じゃない滑り難く、操作も大変な用具でとりあえず今シーズン頑張れ」と、バカな事を言って…しかも上達の妨げしてるんですよ…。

もし子供がスキー好きになったら、数年後「くそ親父、子供の時のスキー用具の選び方間違ってたよ!」と、逆に教えられるハズです。
数年後に気付くよりも、買う前に知ってれば良いのですがね。


スキーの団体さんは「楽で楽しいスキーをしようっていってますが」
教え方どうこうより、まずは道具の選び方から教えて欲しいですね。

上達し難い用具使ってるの知ってて、何度もスクールに通わせてるのも「ある意味詐欺ですよね」
一般人ゴズロフが愚痴ってるより、デモや指導者の方々が言った方が理解してくれますもん。


> うちは下の子ににお下がりするし、2人の成長ペースが異なるのでその時のブーツサイズはわからないし、レール式のビンディングは非常にありがたいんです。
> もしかしたらチロリアはレールフレックスの強度が問題となり、第2世代は金属を多用したレールとビンディングで重くなったのでは?と勘ぐってます。

ビンディングで何か事故があれば、問題になって改良等は有るようですが。
ゴズロフは…単に材料代ケチって安く作ったら重い金属が増えた…だと思ってます。

>
> ちなみに私は片側3.2kgの妙にスピードに強いレジャー用中級板と、同じく3.2kgのノマド・ブラックアイTiです。

( ̄~ ̄;) ウーン
重めの分類でしょうかね、ゴズロフ所有のプレート付き155cmのハートの板の重量を初めて測りましたが片方3.5kgでした。
185cmのファットはもっと軽いようです。

重い板で、シャクシャク雪滑る程地獄は無いですよね。

いや、それがですね

片側3.7kgのオールラウンドで膝パウ(東北なのでたいしたことはない)も、パウダー食い荒らされたあとのボコボコも、カービングも、蔵王の壁巡り(上手くはない)も、My溝コブ彫りも、なんでもやってましたよ。

持ち運びは重いけれど、滑り出すと軽い板ってのはあります。
180cm台のファットが重いと大変だと思いますが、160cm台のオールラウンドは重くてもそれなりに滑れちゃうんです。
板は個々のスペックではなく、バランスなんだと思います。

ブラックアイTiは板+プレートが1.9kgで、ビンディングが1.3kgくらいでした。サロモンのZビンディングが重いです。
メーカーによって重量を公表しているところと、書いてないところがありますね。
アトミックは以前ビンディングの重さを公表していたけど、最近は板のみ、それも代表サイズだけになってしまいました。

持った重さと、滑った重さは必ずしも一致しないので、データ公表すると先入観が入ってしまうのかも。

Re: いや、それがですね

サロモンのエンデューロでしたかな?
昔、その最上位機種を持ち上げた瞬間「重すぎて無理」と思ったのですが、きちんと考えて作ってるんですね。

(=゜ρ゜=)バランスですか…確かにニューモデルより、旧モデルの方が絶対良かったのに…と言う板ありますもんね。
技術詰め込んだら良いスキー板出来る訳ないですもんね。

でも筋力無いゴズロフには、重めの基礎板でのコブ滑りは無理でした…。
試乗会中にへばちゃいましたもん。

板にしっかり乗れずに振り回してるせいなのかもしれません。

ネタ引っ張ってすみません

計ってみました。

親戚から回って来た、数年前のロシニョールのラディカルJの130cm、プレート無しビンディング直タイプがあるのですが、1,450gでした。
息子の身長125cmには長めだし、20cmブーツはハマりません。今年はイトコの子に貸し出し予定。

アトミックの今年のレール式130cm、板+プレートが1100gでビンディング(4.5)が580g。合計1,680gなら許容範囲ですね。
ちなみに7.5のビンディングだと一気に920gまで増えるようです。

ヘッドは板の重量がわかりませんが、4.5のビンディングがなんと1270g。
http://item.rakuten.co.jp/f-janck/head_jr-ski01/
こりゃ、合計2kgに迫るんでないですか?2kgといえば大人用の150cmくらいの初級モデルで、プレートレス直ビンディングと同じくらいの重量になってしまいます。
眺めていたら、やはり重いというレビューがありました。

というわけで、子供の板もネットショップではなく、お店に行って、重量を確かめてみてから買ったほうが良いんでないかい?と思います。

長くなってすみません。

うーん、重量を測るとは…徹底しておりますね。

親戚の中で共有出来るのは良いですね。
ルスツのナイターで滑っていた時、スキー少年団の親御さん達が今後のスキー板の共有のお話をしてましたね。
○○君はこれ位滑れるから、●●君のお下がりで…と、上手く共用してるようです。

うーん、ゴズロフの意見としては
スキーに慣れていない(スピードをあまり出さない、上手く曲がれない)等のお子さんであれば、軽い重量のスキー板を選ぶのは当然と思いますが。

慣れて来ると、スピード出した時に安定してくれるスキー板と、有る程度の重量が必要。
ボコボコ斜面で雪からの抵抗を受けても走破してくれる機能性が必要になって、軽すぎるのは駄目となってきますので

ゴズロフは一概に、軽めのスキー板を探す為に…とは言えませんが
実店舗に行って「お子さんと一緒に買い物する、お子さんに板を見て選んで貰う」と言う楽しみが有るので、子供用のスキー板は実店舗で買った方が良いですね。

もちろん、ジュニアのスキーブーツは、「必ず試し履きしないと購入して欲しくないので」
実店舗に行くべきです。
main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事