縦に長いコブで横滑り練習出来ない時、ボーゲンで練習しましょう。

1番最初のコブ練習はコブを削りながら横滑りで降りましょう。ってDVDやら本で見た事あるけど。
横滑り練習がし易いコブとし難いコブ形状があるんですよ。これが( ゚д゚ )


やっと掘れているコブを発見し、今シーズン本格的なコブ滑りを練習したけど
なかなか上手く滑れない…

なかなか滑れない時こそ、基本的な練習をしなければならない。
ゴズロフにとってコブの基本的な滑りは「横滑りでコブを削りながら滑る練習」

しかし、コブが縦に長めの形状だと横滑りしてもコブの溝の形状と、横滑りスキー板の方向が合わない。
スキー板を横にして横滑りしてても、コブの溝はもっと斜め下方を向いているので合ってない。


合ってない事を雪から教えられたゴズロフ。
最初横滑りしてるけど、雪に「ソレチガウ」と突っ込まれボーゲン練習に切り替えたコブ練習動画。


雪の塊さんに、シーズンの初コケの洗礼を頂いた後に、心を入れ替えてのボーゲンコブ滑り練習。


とりあえず、下にあるコブのラインに真直ぐ身体を向ける。
ボーゲンスキー板を回しこまず、右スキーだけに体重掛けて削り、次のコブでは左スキーだけに体重を掛けて削る練習。

これをしていると、縦に長いコブの場合、エッジング方向も縦に長くなるので、通常のコブでの横滑りと同じスキー板の角度だと、エッジでのブレーキングが出来ない
片方のスキー板がコブにぶつかる時に、身体の体重をスキー板に乗せてコブにぶつけるとさらに減速、この方法で吸収の練習にもなるし、良い事だらけ。


縦に長いコブでスキー板のエッジング方向を学ぶには良い練習だと思います。

しかし、個人で練習してるよりはちゃんとしたスクールでコブ滑りを教えて貰った方が、直に上達しますよ。
ゴズロフはスクールでコブ滑り習った事が無く、コブの練習方法はゴズロフ論ですのであまり本気にしないでね。


追加で愚痴。
基礎スキー界で、多くの一般スキーヤーがコブを滑れないのはボーゲンをしっかり習得せず「まっ良いか」と飛ばし
足揃えてすぐにパラレルターンを出来るスキー板に乗って「パラレルターン出来た!やった」と惑わされてるのが悪いと思う。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
2017モデル試乗板一覧

2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
万年1級のレジャースキーヤー。
新雪が1番、コブが2番、整地が3番。
数年前のコブ滑り動画

下手糞が滑りの足元を撮影しながら書いてます。
下手糞なりに楽しめた時だけ、評価が高いのでご注意下さい。

評価が悪い板は、相当愚痴ります。
皆さんの大好きなスキー板でも平気で愚痴りますので、不愉快になる人も多いと思います。

コブの事も愚痴ってますが、コブ滑りをスクール等で教わった事はありません。
滑りは全て個人で勝手に解釈して滑ってます。
ですので、コブ愚痴りの記事等に、コブ滑りのアドバイス等頂けると大変嬉しいです。

北海道最高!
北海道スキーも最高
最新記事