コブ斜面を1番簡単に滑れる状況を発見!

同じスキー場の同じコースにある同じラインのコブ斜面でも、状況によって難易度が変わります。
斜面状況に応じて滑る技術を求められる今日この頃…。

この度、「コブ斜面が1番簡単になる状況を確定しました」

但し、簡単と言っても「コブを滑れない方」「不整地を滑れない方」には関係無い話なんで文句は言わないで。


コブ斜面を1番楽に滑れている斜面状況のスキー動画

このコブ斜面を滑っている時コブの溝の中に新雪があります。

新雪が有る事の利点。
新雪が抵抗となって、コブ滑り中のスピードを抑えてくれる。
コブに当った時の衝撃を、新雪がクッションとなって和らげてくれる。
コブの溝から次の溝に移る時、新雪に圧を掛ける分新雪からスキー板が押し返される。

上記を言い換えると
スキーヤーがブレーキング操作をしなくても良い。
スキーヤーが吸収動作をしなくて良い。
スキーヤーがコブを乗り越える為のスキー操作をしなくて良い。

実は、コブ斜面を滑ってるけど新雪小回りをしてるだけの状態なんですよ。
さらに、新雪小回りで通るルートが全て決められているのでターンの繋ぎがとても楽。

参考動画、新雪で飛び跳ねる新雪小回りしている動画

但し、湿り雪新雪だと逆に地獄ですから、湿り雪地方のコブで試して転んでも文句言わないでね。


最後に証拠として、上記のコブエリアを彫り堀りして普通のコブ滑りを練習している動画

普通のスキーコブ滑り練習動画
新雪で誤魔化せないのでスピードが出過ぎ、ターンが間に合わずコブを飛ばしたり、止まったりしてます。
この日のコブ練習では、最後までノンストップで滑れたのは最初の1回だけ。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事