ファットスキーで、カービングターンするコツ・やり方は正直解りません。

 ファットスキーで、カービングターンするコツ・やり方は正直解りません。
基礎スキーもまともに出来ないのに、有頂天になって調子に乗ってるゴズロフですみません。
とまず最初に謝っておきますね。

 
北海道カムイスキーリンクス、ゴンドラ1本分
 このファットで滑ってる時に、どうやってファットでカービングしてるの?と聞かれたのですが。
どうお答えしたら良いのか正直解りませんでしたので。
 ノルディカのダブルチタニウム構造で、WCモデルと同等の滑走面と宣伝してた板なので。
多分この板のお陰ですよ。と、お答えしまして、本当にすみませんでした。


  基礎板よりも幅の広いファットスキーって、ズラシ操作主体で、深雪の上を滑る物です。
上手い方が滑ってる姿を見ると、基礎板みたいにカービングターンしてる様にも見えますが。
足元の雪に刻まれたスキー板の跡を見ればズレテいるのがハッキリ解りますよ。

 スキー技術が未熟なゴズロフが、圧雪ゲレンデを、硬くて幅の広いファットスキーで滑っている時。
内足だけ勝手にカービングして、外足が置いていかれる事が結構あります。
原因は、内足に体重を掛け過ぎだと、勝手に思ってますが、詳しくは解りません。
ちなみに乗れて無いのは、左足ですよ。

 その時、内足をズラす操作をするか、外足を浮かせて、内足ターンで逃げてます。
ズラシ易いビンディングと、カービングし易いシステムビンディングどっちが良いか?
って考えると、この状況の時は悩みますね。


 だけど、深雪を滑る時は、ズラシ操作で滑りますからね。
ファットには底着きしない新雪の上で浮いてる時はエッジなんて殆んど使わず。
スキー板のソール面を使ったスライドターンだと思ってる。

 それでも、ファットスキーを使って整地でカービングしたい!と言う変態な方へ、一言だけ。
基礎滑りの様に、外足スキーにだけ乗ってターンすれば、まず転ぶ事は無いでしょう。
しかし、なんちゃってカービングしか知らず、自ら身体を内側に倒す方々はコケルと思う。

 有能な基礎板は、体を傾けただけで、エッジに乗れるのでターンしてくれますが。
幅が広いファットスキーは、板を傾けないと駄目なんです。
体だけを傾けても、ファットスキー板を動かす操作をしてないと転ぶだけです。



スキークランマーターンが出来なくて。

 基礎板なら、内足のエッジに乗れるので、体を傾けてるだけでも、結構安定してくれます。
基礎板で、こんな内足ターン練習してて転んだのは、3回位ですが。
それが、ファット板となると、ターン中全部エッジが噛んでる訳じゃ無いので、意外と難しい。
何回転んだか数えてません。BCで盛大に転びもしましたし。

 
 沢山転んで解った事は。
例え外足が浮いていようが、体の体重は外側に掛かって、外足側の方に重心が有る事です。


 基礎板なら、雪面と接触している、内足のエッジより内側にあっても、そうそう転びません。
内側に倒れそうになったら、深く回ろうとすれば、切り上がる勢いで体勢を有る程度まで戻せます。

 ファットだと、内足スキー板だけで、滑っていようが。
外足側に体重を掛ける?重心位置を置く?正式な表現方法が解りませんけど。
雪面と接触してる内足スキー板よりも外側に位置してないと、内側に倒れます。

 倒れそうになった時のリカバリ方法は、外足のテールを雪面に強く突き立てる事です。
雪山で、滑落した時に、ピッケルを立てて雪面に突き刺して止まる?みたいな?
板のトップを上げて、テールを雪面に着けると
体重位置?重心位置が外側に移動してくれるお陰で、転ばずに済みます。

 外足スキー板のテールを上げる方法は。

児玉毅のよくわかるバックカントリースキーテクニック DVD45分付

新品価格
¥2,376から
(2017/10/29 10:42時点)



こちらでしっかりと書いて有りますけど。

 深雪の中でターンする時に、普通に使う事なんです。
ゴズロフの投稿してる深雪動画をメンドクサクテも御覧になって頂ければ。
ターン始動は、外足だったスキー板のテールから始まってるのにお気付きになるかも。

 あと、この。ゴズロフがやってる、正式のクランマーターンじゃない。
クランマーもどきの滑りは、急斜面より緩い斜面。
ドパウダーよりも、圧雪されたゲレンデに10cm位の新雪時が一番やり易い。

 深雪過ぎると、内足一本で支えようとすると、沈み過ぎるし。
片足一本で、沈みながらズラス動きが、難しいし。
ゲレンデの圧雪されてる、綺麗な下地があれば、内足がとっても安定してくれます。

 急斜面より、緩い斜面が良い理由は、内足に安心して乗れるからです。
深雪を巻き上げる方法とかは、児玉毅さんの本に書いてあるので、説明はしません。
( ゚д゚ )上手く巻き上がると、雪が顔に当たって息出来無いから、程々にね。


 硬いファットスキー板は、確かに操作が難しくて。
日本特有の腐れ雪?湿り雪?水分が多い雪だと本当に地獄ですけど。
練習目的として整地を滑るのも結構良いですよ。

 よりハードな練習をしたい方なら。
ヴェクターグライドの、ジニアスカーボンとか、レイズなんてお勧めですよ。
本当に体重位置ちゃんとしてないと、曲がりませんから。

 BCでは自分の乗っている板で、十分に操作出来て曲がれないと、本当に危険ですから。
怪我しても、メディアから文句言われない、安全なゲレンデ内で練習しましょう。
 
 本州からわざわざ北海道にお越しになるなら、カムイスキーリンクスがお勧めですよ。
3月の後半で深雪も無いのに、上手過ぎるジニアス乗りさんを見掛けますし。
晴天なのに、何故かヴェクターグライド率が異様に高くて、かぐら並かもしれません。

 ニセコのゲート外は凸凹過ぎて、本当に地獄ですから、止めた方が良いです。
ニセコの凸凹の食い尽くされた不整地を滑るなら。
柔らかくて、重くて、ツインロッカーか、フルロッカーファットの方がお勧めですよ。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。

北海道スノーパラダイス
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事