FC2ブログ

ファットスキーで、カービングターンするコツ・やり方は板の面を雪面から離す。

 ファットスキーで、カービングターンするコツ・やり方は板の面を雪面から離す。
「常識な事を偉そうに言いやがって!」等の苦情は沢山有ると思います。
基礎スキーもまともに出来ないのに、有頂天になって調子に乗ってるゴズロフですみません。
とまず最初に謝っておきますね。

 
北海道カムイスキーリンクス、ゴンドラ1本分
 このファットで滑ってる時に、どうやってファットでカービングしてるの?と聞かれたのですが。
急に聞かれても、答えが解りませんでしたので。
 ノルディカのドーベルマンと同じダブルチタニウム構造で、同じ滑走面のファット板だから多分出来るんですよ。と、お伝えしました。

リンク切れだけど、画像がこれしか無いので許して下さい。

  基礎板よりも幅の広いファットスキーって、ズラシ操作主体で、深雪の上を滑る物です。
上手い方が滑ってる姿を見ると、基礎板みたいにカービングターンしてる様にも見えますが。
足元の雪に刻まれたスキー板の跡を見ればズレテいるのがハッキリ解りますよ。

 スキー技術が未熟なゴズロフが、圧雪ゲレンデを、硬くて幅の広いファットスキーで滑っている時。
内足だけ勝手にカービングして、外足が置いていかれる事が結構ありますが。
単純に、外側の肩を下げて、外足に体重を掛けれて無いからです。

 ずっとファットスキー板で滑っていた後に、普通の基礎板に乗り換えると。
凄く簡単に基礎板のエッジが立つから、楽に雪面に喰い込んでターンしてくれます。

 
 ファットスキー板でカービング出来ないと思って居る方々は。
エッジを立てる事を、行って無いのかもしれませんね。
基礎板なんて本当に、エッジを立てようとしなくても噛んでターンしてくれますからね。

 ファットスキー板でエッジを立てるには。
ファットの広い面を横方向に傾けて、面を浮かせてから、エッジを噛ませる必要が有る。
基礎板は面を浮かせる動きする前にエッジが噛んでる様なもんなんですよ。

 後はね、ファット板のフレックスとトーションも有る程度必要になって来ます。
日本語だと、柔らかと捻じれ強度。

 何故かって?
ファットスキー板でカービングすると。
ブーツ真下から雪面に触れているエッジまでの距離が基礎板より長い。
そこで、スピードを出しでカービングすると、ある程度の強度が無いと。
ヘタった板みたいにターン中外側にズレて膨らみます。

 多分それが有るから。
「整地でも深雪でも滑れるセンター幅100㎜位のファットスキー」って硬い奴なんでしょうね。


 ゴズロフの個人的な意見では、湿り雪日本で滑る場合は。
ツインロッカーのちょっと柔らかくて、重さが有る程度有る方が凸凹してても滑れますが。
湿り雪の凸凹は硬いファットスキー板は本当に地獄。

 だけどねファットスキーで深雪を滑る時は、ズラシ操作で滑りますからね。
底着きしない新雪の上で、ずっと浮いてる時はエッジなんて必要有りません。
スキー板のソール面を使ったスライドターンだと思ってる。

 それでも、ファットスキーを使って整地でカービングしたい!と言う変態な方へ、一言だけ。
基礎滑りの様に、外足スキーにだけ乗ってターンすれば、まず転ぶ事は無いでしょう。
しかし、なんちゃってカービングしか知らず、自ら身体を内側に倒す方々はコケルと思う。

 有能な基礎板は、体を傾けただけで、エッジに乗れるのでターンしてくれますが。
幅が広いファットスキーは、板を傾けないと駄目なんです。
体だけを傾けても、ファットスキー板を動かす操作をしてないと転ぶだけです。



スキークランマーターンが出来なくて。

 基礎板なら、内足のエッジに乗れるので、体を傾けてるだけでも、結構安定してくれます。
基礎板で、こんな内足ターン練習してて転んだのは、3回位ですが。
それが、ファット板となると、ターン中全部エッジが噛んでる訳じゃ無いので、意外と難しい。
何回転んだか数えてません。BCでも盛大に転びもしましたし。

 
 沢山転んで解った事は。
例え外足が浮いていようが、体の体重は外側に掛かって、外足側の方に重心が有る事です。


 基礎板なら、雪面と接触している、内足のエッジより内側に重心があっても、そうそう転びません。
内側に倒れそうになったら、深く回ろうとすれば切り上がる勢いで、体勢を戻せます。

 あと、この。ゴズロフがやってる、正式のクランマーターンじゃない。
クランマーもどきの滑りは、急斜面より緩い斜面。
ドパウダーよりも、圧雪されたゲレンデに10cm位の新雪時が一番やり易い。

 深雪過ぎると、内足一本で支えようとすると、沈み過ぎるし。
片足一本で、沈みながらズラス動きが、難しいし。
ゲレンデの圧雪されてる、綺麗な下地があれば、内足がとっても安定してくれます。

 急斜面より、緩い斜面が良い理由は、内足に安心して乗れるからです。
深雪を巻き上げる方法とかは、児玉毅さんの本に書いてあるので、説明はしません。
( ゚д゚ )上手く巻き上がると、雪が顔に当たって息出来無いから、程々にね。

児玉毅のよくわかるバックカントリースキーテクニック DVD45分付

新品価格
¥2,376から
(2018/9/25 19:06時点)




 硬いファットスキー板は、確かに操作が難しくて。
日本特有の腐れ雪?湿り雪?水分が多い雪だと本当に地獄ですけど。
練習目的として整地を滑るのも結構良いです。
但し、ファット板で無駄に整地を滑り過ぎるとヘタって、ターンに耐えてくれなくなります。
以下、急斜面に入った途端、圧雪サボりエリアに突入し、ターンする事を危険と判断して諦めた動画。



 最後に。
整地された斜面に15㎝位積もった新雪の上をファットスキーで滑る時、有る問題が発生します。
真っ直ぐ滑ってる時は、面が雪の上に浮いて、ずっと浮き続けて居るのに。
ターンしようとしてファットスキー板を傾けると、ある程度雪の中に潜ります。
潜った先で、エッジが下地の整地に接触すると、物凄く滑り難いです。

 どの位かって?
例えば、整地で滑ってたとします。
ゆったりとズラシ主体で滑ってたのに。
「そのズラシターンの軌道を維持したまま、エッジを効かせてターンして!」
って急に言われるんですよ、しかも、板の面は深雪を踏んで浮いてますから。
「エッジを効かせた軌道じゃ無くて、エッジを効かせたまま、ズラシターンの軌道を描きなさい!」
って鬼ですね。
面がファット板を進ませる方向と、エッジが噛んで板を進ませる方向が合って無いんですよ。

 こんな時は、基礎板で完全に新雪の中に板を潜らせて、下地を使って滑った方が楽しいです。



テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
今年のメロンは高い
コブ滑りのブーツガード。
エッジからブーツを守る。
道外人居ない北海道








2022モデル試乗板
2020モデル試乗板
2019モデル試乗板
2018モデル試乗板
2017モデル試乗板
2016モデル試乗板
2015モデル試乗板
2014モデル試乗板
2013モデル試乗板
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
最新記事