Rossignol squad7 で羊蹄山に登ってみての使用感レポート。

ゴズロフがこの前まで使用していた山登り用スキー板はヴェクターグライドのシフト。
だけど、もっと深い雪になったり硬い新雪になったりすると、フルキャンバーの板だと辛いと感じた。

という事でハイシーズンパウダー山登り用としてRossignol squad7を購入。


お店でもなかなか売れないみたいで、大きく値下がりで大助かり。
(  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!!?大きく値下がりしてsuper7よりsoul7の方が値段高いの?






まあ、soul7は人気過ぎですから仕方が無いですね。

ゴズロフが、soul7 super7より、squad7を選んだかは、センター幅の割にテール幅が小さい事で、テールのズラシがやり易い事です。
3つの板を比べても、使ってる面積は「値段の割りにそんなに変わりが無い」
何でsquad7だけ定価10万超えてるんだ?と思ってましたが、現在値下がりしたこのショップの価格が適正ですね。

super7soul7はテールのサイドカーブがきついので、カービング気味のターンはし易いのですが、ゴズロフはターンの後半テールをズラスので、squad7の方が好み。

長さは大回りだけする為に190cmにしました。

登りで苦労したのは、慣れないキックターンが難しい事、バックパックにスキー板を横に取り付けてツボ足で登った時、短足のゴズロフなんで、板のテールとブーツの後ろを何度かぶつけた。180cmの方が良かったかも。



これが長さ故のアヤマチと言うものです。


山頂からお鉢巡り。
トップロッカーのお陰でトップが潜る事は無く助かりました。


下山途中。
ズラシターン最高!

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事