オールラウンドなファットスキー。(; ̄ー ̄)...ン?何ですかそれ?

オールラウンドなファットスキーとは…?(アクセス解析ネタ)
ゴズロフの感覚で愚痴ります。間違ってる可能性大です。


ゴズロフにとってオールラウンドなファットスキーは…
センター幅90-100位の幅で、新雪慣れてない方はツインロッカー形状、慣れてる方はトップロッカー形状

もちろん整地でのターンなんて事は考えません。
ファットに慣れる為に整地で練習するなら、解りますが、整地と新雪どっちでも滑れるファットと言う考え方は否定。
整地滑りたいなら、1度車に戻って基礎スキー板と交換すれば良いだけです。


新雪の中での操作性ですが。
フルキャンバーのスキー板は、雪がトップのエッジ付近に嫌にまとわり付いて操作が1番難しい。
2番目がトップだけロッカー形状、このまとわり付く感覚が軽減される。
3番目がツインロッカー形状、トップもまとわり付かず、後ろが短いのでターンが楽になる。

フルロッカーで底着きしない新雪は滑った事ないので不明。


これが完全に底着きしない新雪の上のスピードとなると。
キャンバーが1番速く、2番目がトップロッカー形状、3番目がツインロッカー形状となります。

スリーサイズと長さが同じスキー板で、完全に底着きしない新雪の上に立った場合。
キャンバーが1番沈まず、次がトップロッカー形状、その次がツインロッカー形状です。
スキー板の下で固められる雪の集まり方を考えて貰えは解ります。

キャンバー形状の下だと、トップとテールの間で挟まれて雪が固まるので余り沈まない
トップだけロッカー形状だと、トップの先の方に雪が逃げるので、上より沈む。
ツインロッカー形状だと、トップとテールの先に雪が逃げるので、上より沈む。

沈んでしまうと、その分新雪を掻き分けて進むラッセル時の抵抗が増えるのでスピードが違って来ます。


ちょっと前まではツインロッカーが「何でも出来るよ」と言われてる様ですが。
皆さん、新雪を沢山滑ってる内に「物足りない」と言い出したので。

トップだけロッカー形状の物が増えて来て、スピード出せるようになってます。


間違ってもツインロッカーだから初心者用と言う訳じゃないです。
斜度が急になれば、どんな形状でも深い雪の上で浮きますので。


だけど、板の柔らかさや、ロッカー形状によって板に乗った時の感覚が異なるので
自分好みのファットを見つけるのは実は難しいんですよ。

お店に行って、「何でも出来るファット下さい」「はい、これだよ」「よし買った!」だけの会話じゃ…
後ろでスキー板見ているゴズロフが心の中で盛大に愚痴ってます。


ゴズロフの好みの板は、トップロッカー&、テールは控え目ロッカーで、センター幅とテールの最大幅の差が少ないヤツ。
軽いのと、テールがそんなに硬くなくてズラシ易いのが好み。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。

北海道スノーパラダイス
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事