春コブスキーの縦滑り練習動画、最初は縦削り、早めの縦削り、なんちゃって縦コブ滑りの完成。

コブスキー滑り練習、最初は削り、早めの削り、なんちゃってコブ滑りの完成。
この理論はゴズロフ教会独自の物で、スキー教会様が求めるコブ滑り、モーグル滑りには全く関係ございません。

スキーコブ練習で「どんなに格好悪くてもコブを滑る」事が第1の目標。

練習会場はの霧雨シャクシャクコブ、水分のお陰でストップ雪の引っかかりは少なくコブを削り易い。
トップシーズンだと、動画の様にコブの内側?を削り続けるのは困難ですので
実際にやってみようかな?と思ったら、シャクシャク雪コブで試して下さい。



春コブスキーの練習、縦気味コブの内側を削り、なんちゃって縦コブ滑りへリンク


本当の所は、コブの形状がに掘れ過ぎてバンクターンもズルドン横滑りも難しいからメンテナンスをしてるだけ。

動画の1番最初。
深過ぎるコブの溝を埋める為に、コブの内側に残っている雪を削り落として溝を埋る。
溝を埋めたら他の基礎スキーヤーさんが溝を滑って掘って行くので、何度も削り落とし練習ができる。


コブの内側を削るだけなんですが、削り方は意外と難しい。
内側を真直ぐ下に向って削るのは低速では難しく、低速だとコブの内側から溝に向って斜めに削って行きます。
削る時も膝から下だけ雪面に押すのではなく、カカトから頭のてっぺんまでを1本の線にして真下に押し込みます。


ゴズロフ理論だと2本のスキー板はピッタリと閉じません。
駅に在る段差の小さい階段でイメージすると
真横を向きながら、左足に加重して右足は1段上に乗せてる感じかな?
その状態で、外足スキー板の左足でコブの内側を削ります。

内側のコブを削る時、最初は内足加重で削ってたけどよくバランス崩し,外足加重に変更すると安定した。
外足加重&カカト加重&つま先よりカカトを下に落として溝に雪を削り落とす。
深い溝を埋める為のメンテナンスですから削れないと意味無い。


動画の2番目。
削るのに慣れてくると、ゆっくりと連続して気味のラインコブを滑り降りれるようになる。
あくまでも、削る事を忘れずにスピードを増やしてみた。


動画の3番目。
削れなくなる程のなんちゃってコブ滑りをした途中、上記で練習してきた削りを行ってコブライン内で停止。
これが1番辛い( ̄u ̄;)ハァハァゼェゼェ…


コブ滑りの格好なんてどうでも良い、格好悪くても良いので気味にコブを滑ってみたい方へ
コブメンテナンスしながら練習してみてください。コブの寿命も長くなるので悪い事では無いよ。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最初の縦滑りのラインはモーグルラインですよね。私はこのラインで内足を使って削れるようになったら滑りが安定してきました。


Re: No title

いらっしゃいませ。

これがモーグルラインなんですか・・・(;゜(エ)゜)
モーグラーの方は、もっとコブに板を当てて直角気味に曲がってるので、別物かと思ってました。

やはり、世間は内足が正しいみたいですね。
頑張って内足でも削ろうとしても、ほぼバランスを崩してしまいまして、外足に逃げました。
お恥ずかしいです。
main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
北海道スキーが最高
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事