FC2ブログ

ピッチの細かくて、間に合わないコブは、ボーゲンで停まれる事から練習する。

 次のコブまでの間隔(ピッチ)が短いコブで「ターンが間に合わない!」
と言ってる「滑り方を知らない方」にド素人がご説明致します。


ピッチの狭いコブでのスキーボーゲン削り練習

 基礎スキーのコブと、ピッチ狭いコブは「別ジャンルのコブ」だと思ってる。
コブでのターンは身体を回し込んですると、強く洗脳されてますので。
整地でのカービングターンのイメージで、回し込むと、狭いピッチは滑れません。


 狭いコブを滑れない原因は。
斜め方向にスキー板でのエッジングが出来無い。(単純に知らないだけ)
ボーゲンをまともに出来ない事。(ボーゲンなんてする必要無いって教わってるから)
そうなんですよね、教わって無いから知る訳が無いんですよね。


 狭いコブは「削って方向を変えてる」


 まずはコブ滑り練習で必要なボーゲン
ボーゲンで真直ぐ滑り、膝を少し内側に倒した後、カカトに体重を掛けて、テール部分で雪面を削って停まる。
これが上手く出来ないと、コブの中で雪を削って減速するのは難しく、吸収動作でカバーしないと大変。
ゴズロフは吸収動作なんて出来ないので、削りを重要視してる。


 冗談抜きで「足を揃える事だけに重点を置いて」長くスキーしてると、このボーゲンで停まる事が出来ません。
ボーゲンでの練習方法は、カービング滑りが出る前のボーゲン滑りに似てるかもね?
真直ぐ滑る→膝を内側に倒しこむ→エッジング開始で削り続ける→停まる。

 
 停まれる様になったら、次第に両足を広げる幅を狭めていって下さい。
狭めても、エッジを立てて、減速出来る様になるのが、練習です。


 このボーゲンで停まる時のエッジング方向と、狭いコブでのエッジング方向はほぼ同じ
「斜め横方向にスキー板を押し出して、カカトの真下のテール寄りで1番削ってる」
この操作で停まれない人は、狭いコブに入らない事をお勧めします。



 次は、身体を右や左に向けず、真直ぐコブ方向に向けて、スキー板を1番動かして身体を捻る練習
1番捻る角度が大きいのに順番を付けると、スキー板→膝→骨盤付近→腰付近。
この練習に適しているのは、皆さんご存知の真下向いたまま板だけ右・左と旋回しての横滑り降り。


 上の動画で捻ってる角度は90度位しか無いので、そんなに振らなくても大丈夫ですが
上半身を真直ぐにした状態でも、スキー板を回せる様な足の操作を練習する為です。


2つの事を出来る様になってからコブでのボーゲン練習。


動画だと、何もやって無い様に見えますが
「膝を内側に入れて強くカカト下でエッジング」してます。
128コブも連続で行くと、足の筋肉が限界を向えそうになり、最後の方はエッジング不足。
ストックを突いて無いのは、エッジングとバランスを保つ為の練習。

 次記事へ。
狭いピッチのコブは両スキーはピッタリ閉じません、膝でスキー板を斜め下に押すんです。の記事へリンク


 ピッチの細かい、急斜面コブは落差が有り過ぎてボーゲンでも間に合いません。
本当に急でピッチの細かいコブは滑れません、ズルドン切り返しなら何とか降りれた記事へのリンク


テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
今年のメロンは高い
コブ滑りのブーツガード。
エッジからブーツを守る。
道外人居ない北海道








2022モデル試乗板
2020モデル試乗板
2019モデル試乗板
2018モデル試乗板
2017モデル試乗板
2016モデル試乗板
2015モデル試乗板
2014モデル試乗板
2013モデル試乗板
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
最新記事