コブ スキー 小指とかかとのラインをコブに当てる。

コブ スキー 小指とかかとのラインをコブに当てる」

このワードでブログにアクセスがありましたが、何でこんなんで検索に引っ掛かるんだろう?
ゴズロフはそんな事愚痴った事無いのに・・・、

コブ滑り記事の良いネタを貰いましたので、ゴズロフ的に愚痴ります。
小指とカカトのラインでコブに当てる場所は、コブの峠の登り中ですよね?

登りと言うと、コブ斜面は下り斜面だろ?とツッコマレますけど・・・。
ゲレンデの斜度をゼロ度にすれば、コブの溝の1番深い所からコブの1番高い峠の部分へ
登ったり下ったりしてるのがコブの斜面。


スキー板を右足の1本だけとして指の位置を考えます。コブは右左無いウェーブだと思って。

コブの溝に向い、「親指とカカトのライン」のエッジで削りながら減速
峠から下る時に、「親指とカカトのライン」に体重を掛けて削ってる。

コブの最深部の溝を通り過ぎた先は、峠の頂上に向かう為の登り坂に変わる。

コブの頂上に向い、「小指とカカトのライン」のエッジで削りながら減速
峠を登る時に、「小指とカカトのライン」に体重を掛けて削ってる。

コブ滑り全てを「後ろ側に体重を掛けて滑ろう」とすると、峠の登り部分で加速してしまう。
登りながら削る為には、「スキー板をやや前方に押しながら体重を掛けないと出来ません」

「前方に体重を掛けて」と言うと、身体を前に傾けて、スキー板が後ろに下げるので
スキー板をやや前方に押す」です。



( ゚д゚ )この動作を説明致します。

スキー場の平らな所に接地してあるウェーブあるでしょ?
そこ滑る時、スピードを落とさないようにする為、ブランコを漕ぐ動作しますよね?

その漕ぐ動作を逆にしてみる(体重を掛ける所はスキー板にです)
「下る時にしてる体重の掛け方を、登りでする」
「登りにしてる体重の掛け方を、下りでする」
そうすると、ウェーブの中で減速して止まってしまいます。

スキーのエッジを使う減速+ウェーブの中で減速する動作を組み合わせれば
ある程度ゆっくりしたコブ滑りが出来ると思う。


デモ、一般的な基礎スキーのターンは「もっと加速したくないか?」と訳が分からない事言ってるので。
基礎スキーのターンする時の体重の掛け方をすると、ブランコの漕ぐ動作だからコブで加速する。

_(( ゚д゚ ))ノ彡☆ばんばん!
だから、いつまで経っても「コブの中で加速して、数コブしか滑れません」って人を増幅させてると思う。


ゴズロフ的に、コブの中で速度を出したいので「漕ぐ」動作をしてるコブ滑り映像。


ゴズロフ的に、コブの中で速度を落としたいので「漕ぐとは逆」動作をしてるコブ滑り映像。


コレを見るとね。
コブの中で「加速する滑り」の方が明らかにカッコ良く見え、コブの中で「減速する滑り」は格好悪い。

だから、ゴズロフの愛読するスキー雑誌がこんなに格好悪いコブ滑りを記事にする訳が無い( ゚д゚ )!

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事