ゴズロフのコブでのストックの使い方。

ゴズロフにとって、コブ滑りを無駄にしたシーズンがワンシーズンだけあった。
とある大晦日にコブ滑りの知識ゼロで「コブを滑ろう」と決意。

連続して3コブ以上を滑れずに苦戦してたけど、どうにか続くようになった。

原因は「ストックを強く突いて、それをブレーキ代わりに減速」してるだけ。
減速して、無理やりにスキーの方向を変えて、減速しての繰り返し。

この滑り方で1月中ずっとコブを滑り続け、2月中旬には10コブ以上続けて滑れる様にはなった。
だけど、次のシーズン問題が発生。コブを全く滑れなくなっていた。

今だから言える事は。
コブ滑る時のスキーの動かし方を知らないから、コブの応用が出来ないだけだった。


ゴズロフがその後、スキーを使ってのコブ滑りを習得したのは。
スキーの動かし方を本で知って、それを簡単なコブで練習したから。

毎週簡単なコブに通って、色んな練習をしましたね。
今思い返しても、楽しい時期でした。
だって、滑れないコブを段々と滑れる様になるんです。喜んで滑ってました。


( ゚д゚ )ゴズロフ論。
スキーの動かし方を習得したら、コブ滑りは出来る様になる。
ああ、でもオーバースペックのスキー使い続けている人は無理ね。


ストックを付くのは、次のターンをする時の「体重の掛ける場所に移る為の用具」
強く突くと、その分体の体重も掛けれて、次のコブで必要な体重の掛けるポジションに替わり易くなりますし。
それだけで減速出来るので、非常に助かります。


コブの溝の深い所に来た時は、もう次のコブに入れる体制にするって事が必要ですが。
コブ滑り初心者の方は、体重を次のコブから逃げる斜面の山側に掛ける。

けれども、無理にでも強く突けと言われて突き始めると、体重移動がし易くなるんですね。
ストック突いた時に、次のコブ溝に膝を向けると、さらに体重移動がし易くなると思います。

体重移動がし易くなると、次のターンへ繋げる確率が上がり、その滑りを繰り返すとコブに慣れ
コブを怖いと思わなくなるので、段々と滑れる様になってきます。

これがあるので、日本一コブで有名なブログさんは凄いな!と思ってる。




ストックを突かずのコブ滑り練習は本当に地獄。
足の疲労度が多く、動画の最後は「もう駄目だ!これ以上滑れない」と思ってる。

だけど、こうやって滑るのも一種のトレーニング。
早いピッチのコブを練習する時は、毎回ストックブレーキなんて掛け続けれない。

春コブ時期に手首の痛みが治まらず、ずっと痛い時があってから
速く滑っていてもストックはそんなに強く突きません。

速度が速い分、そっとコブにストックを突いても衝撃は大きいですからね。


コブ滑る時は伸縮ストック長さは短めにしてます。
長いと、その分コブに突いてるストック接地時間も長くなるし、深く刺さって危ない。

たまーに縦コブ滑り練習してると、ストックが抜けなくて後ろに体重を持って行かれる事も。
( ゚д゚ )あぶないあぶない。

ああ、デモね。
ゴズロフが「ストックの突き方ってどうするんですか?」とスキーの先生に聞いたのは
1級取った後でして、講習で教わってもなかなか上手く突けずに悩んでいました。

そんな時「検定で見るのは、スキーの動かし方だから、そんなに悩まなくても良いですよ」
とスクールの先生に励まして貰ってからは、もう気にしてません。

(; ゚д゚ )す、ストックなんて関係ねぇよ!

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ヘェ〜

やっぱりそうなんですね。こんどはスキー板の動かし方も教えてください (゚∀゚)ノ

Re: ばうさんへ

(((( ;゚Д゚))))上手くお伝え出来ますかな?
ブログの愚痴をもっと分かり易く見直して、専用ノート作って持って行かないと・・・

スキー板の動かし方は
ボーゲンとか横滑りとか、前から愚痴ってる様なツマラナイ動きですので・・・。
何も特殊な事はありません。1つも「へェ~」を頂けないかもしれません。

体重移動の話は、岩手県の雫石だか安比のスキーの先生に教えて頂き
膝の話は、月山で何処かのデモらしき方が言っていたのを、偶然聞いた事です。

No title

トシを取ったので、何年もコブを滑っていませんが、今年はトマムで
コブでも...と思っています。オジサンでもコブ、うまくなりますかね...。
イマイチ、近年のミゾのようなコブは苦手で、、、

Re: No title

ゆっきさん。

( ゚д゚ )何を仰っているのですか!?
スキーしている方でしたら、コブは無理じゃないですよ。


ゴズロフは、カービングスキーが出た後の溝コブ世代で練習して来ましたが
昔からある「ズラシ」操作が出来ないとコブは難しいと思ってます。

ですが、近年のミゾコブの中には「縦に落としてから回し込む形状」が時々あるので辛いです。
ゴズロフが最も苦手とするコブ形状です。

ゴズロフは、うん十年前にトマムで「コブ滑り練習するぞ」と決意し
タワーエリアのガリガリコブで練習後→最上級者限定コースのフカフカ雪コブで特訓してましたよ。
ですが、正直言うとトマムのコブは硬いので難しいです…。


中山峠の春時期で、60代後半でモーグル専用板を初めて購入したばかりだからと言って
凄いペースでコブ練習されている方が居ます。

人様に言える事ではありませんが
御自分のコブ滑りの弱点を探し、それを攻略して行くのが良いと思います。

ゴズロフは、「上手なりたい、格好良く滑りたい」との考えは無く。
「狭いコブを滑ってみたい」「もうちょっとスピード上げてみたい」等の考えで滑ってます。

なんちゃって縦滑りも、一般的な縦コブ滑りとは別物ですが
ゴズロフなりに、縦コブを滑る為に練習してたら「こうなった」の結果です。


スキーは本人が楽しと思っている滑りでも
「他から評価される滑り」はもっと力を使って疲れる事をしないと駄目ですからね。

上手くなりたい方向性がスキーヤー毎に異なるので難しいですが
とりあえず練習しないと駄目でしょうね…。


トマムのコブはチョッカリ大魔神の縄張り内のコブが1番雪付き良いのでお勧めです。
トマムに通い、トマムの風向きを知る方ならお分かり頂けると思います。
main_line
main_line
2017モデル試乗板一覧

2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
万年1級のレジャースキーヤー。
新雪が1番、コブが2番、整地が3番。
数年前のコブ滑り動画

下手糞が滑りの足元を撮影しながら書いてます。
下手糞なりに楽しめた時だけ、評価が高いのでご注意下さい。

評価が悪い板は、相当愚痴ります。
皆さんの大好きなスキー板でも平気で愚痴りますので、不愉快になる人も多いと思います。

コブの事も愚痴ってますが、コブ滑りをスクール等で教わった事はありません。
滑りは全て個人で勝手に解釈して滑ってます。
ですので、コブ愚痴りの記事等に、コブ滑りのアドバイス等頂けると大変嬉しいです。

北海道最高!
北海道スキーも最高
最新記事