パウダーでのスキー板を扱う為の脚力について。

パウダーでのスキー板を扱う為の脚力について。

新雪深雪パウダーを滑る事はゴズロフにとってはスキーで1番楽しい事。
アクセス解析で「スキー パウダー 脚力」での訪問が有ったので考えてみた。

まず、パウダーと言っても。
本州の標高が低く気温が高い地域の「湿り雪新雪
北海道の内陸部エリアの気温が低く積もった新雪が風で流される「乾いた雪」

5cmの新雪で雪の下にある斜面に板が触れている「底着き有り」
50cm超えた位から有る、スキー板で滑っても、斜面に板が着かない「底着き無し」

等々の様々な場面があります。


雪に水分が多く含まれると、その分滑走中の板にかかる抵抗が大きい。
雪の水分が少ないと、その分抵抗は少なくなる。

( ゚д゚ )でも、結晶によって滑らなかったりもするから、詳しい事までは無知。
ごめんなさい。

まずは底着きする場合。

半分位、整地滑ってるのと同じ。 だって雪の下に隠れた斜面つかって曲がる事が多いから。
下地の斜面が整地されていれば滑り易く、ほんの少しスキー板が浮く感覚がある。

この時の脚力は、使ってるスキー板によって違う。

脚力少ない人は
柔らかくて、短くて、スキー板のトップの跳ね上がりが強いツインロッカー形状ファット
(湿り雪なら、ターン始動時の側面への抵抗を弱くできる、横も反ってる奴ならさらに楽)

脚力ある人は
普通の基礎スキーの硬くて細いデモ板でなんとも無いように滑る。
デモ、滑ってる最中に強めの脚力は必要。

新雪の量が多くても、滑走速度が遅いと雪の中に沈み込み過ぎて、操作が非常に難しくなる。
湿り雪の深い雪で、斜度もそんなに無い所は地獄。埋まって進まないし、脱出するのも一苦労。



次は底着きしない場合。
表現方法が物凄く難しくて、湿り雪過ぎても駄目、乾燥雪過ぎても駄目。
しかも、滑る斜度が急斜面でスピード出さないとツマンナイ。

脚力無い人
上の底着きする場合とほぼ同じ感じですが・・・。
スピードがそんなに出ず、雪に沈み込み過ぎると、底着き状態になってしまう・・・。

脚力ある人
スピードを求めると思うので、硬くて重く幅の有るファットスキーを使う事が多い。

なんですが・・・。
パウダーで真直ぐ滑り、スキー板が「雪の上にずっと浮き続ける状態」を維持出来れば。
上記のゴズロフ定義が全部意味無くなります。

スキー板が細くても、その分スピードを出せばずっと浮き続ける。
スキー板が重くても、雪が下から押し上げてくれるので、整地より重さを感じない。

スキー板が柔らかく、その分下に沈み込んでも、その分スピード出せばずっと浮き続ける。
スキー板が硬いと、その分元々沈み難く、スピードがそんなに出なくても浮き続ける。

「浮き続ける状態」って本当に心地良い。

浮き続けている時のスキー板の操作の仕方は・・・
2本のスキー板への加重を変え続けて、傾ける方法かな?

2つの加重数値を合計100%と考え。
直進してる時は両足とも50% 50%

ターンする時は、右30% 左70% 何かの凸凹エリアに遭遇した時は前後もバランスを取りつつ
その斜面状況に合わせた、スキー板操作をする。


( ゚д゚ )このバランスの取り方が本当に難しい。
他の人から見て迫力のある滑りは、多分外足加重が多いと思いますが。

難しい雪質の時、ゴズロフは内足加重の棒立ちで滑ってる。
おかげ様で、パウダーターンの外側に向かって転んだ事は無いけど・・・
内側に倒れて転んだ事は幾度もあります。


このニセコに行った時の記事には湿り雪滑走
春雪のニセコ頂上からの、微妙に底着きしてない滑走動画があります。

雪が湿っていて、抵抗が大きい為、リフト降りてからの湿り雪は地獄。
頂上からは、スピードが出せた為、殆ど圧雪された整地に似てた。

底着き全く無しのパウダーヘブンはイワオヌプリの時
こんな時は、本当にスキー板のバランスの取り方を重視してます。
ヒトリストBCだから転ぶ事は出来ませんし。

テイネのゴズロフ動画ページ新雪女子大回転コースの時は基礎板でも滑り易い。
この時ばかりは「アレ?ファットスキーより新雪小回りが楽しいぞ?」と幸せでした。
要因は、湿り雪に近く、真下からの抵抗が意外とあったので、整地の滑り方が出来た事かな。


( ゚д゚ )スキー板のパウダーの脚力ですが・・・。
とりあえず、本物のパウダーを喰いに北海道に来てください。


滑った日の夜、北海道の美味しい物食べながらサイコーだった滑りを語って下さい。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
2017モデル試乗板一覧

2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
万年1級のレジャースキーヤー。
新雪が1番、コブが2番、整地が3番。
数年前のコブ滑り動画

下手糞が滑りの足元を撮影しながら書いてます。
下手糞なりに楽しめた時だけ、評価が高いのでご注意下さい。

評価が悪い板は、相当愚痴ります。
皆さんの大好きなスキー板でも平気で愚痴りますので、不愉快になる人も多いと思います。

コブの事も愚痴ってますが、コブ滑りをスクール等で教わった事はありません。
滑りは全て個人で勝手に解釈して滑ってます。
ですので、コブ愚痴りの記事等に、コブ滑りのアドバイス等頂けると大変嬉しいです。

北海道最高!
北海道スキーも最高
最新記事