冬のリサイクルショップには、ジュニアスキーブーツと板が沢山ありますね。

ゴズロフの可哀想な?甥っ子が来年小学校に上がる。
その小学校には、授業としてのスキーが有る。冬自分のスキーを持って行かなければならない。

甥っ子の母親が、ゴズロフにとっての鬼姉。
その鬼姉が
(# ゚Д゚)「スキー用具を揃えたいけど、何買うか解らん。新品は高いからリサイクルショップで買う」
と、ゴズロフに言って来た。

( ゚д゚ )「なんで来年の冬に使う子供スキー用具を、1年以上前の今時期に買うの?」
 (# ゚Д゚)「えっ?今の内に良い物買って置いて、1年後に使おうと思ってるけど。駄目なのか?」

(; ゚д゚ )「今甥っ子のブーツ買っても、1年後の使う時期までに、足のサイズが大きく成長するかもしれないでしょ?それに、身長でスキーの長さも決めるのに、1年前に買ってどうするの?」
  (# ゚Д゚)「そうか、なら来年買う」

と言う出来事が実際にあった。
ゴズロフも全国展開している有名なリサイクルショップに行き。
ジュニアスキー用品を探しに行って価格を調べて来た。
この出来事を愚痴ネタとして今回の記事を書きます。

まずはジュニアスキー用具の資料広告画像を。


安い新品のジュニアスキーセットは大抵
スキーにビンディングを直接取り付けるタイプで、ブーツが1箇所だけ締めるタイプ。

ゴズロフ感覚では、スキー+ビンディング+ストックのセットで10,000円前後。ブーツが5,000円。



中古子供用ビンディングが直付けされてるスキー板。
状態が悪いのから良いのを含め、3,000~7,000円。



中古子供用スキーブーツ(1箇所締めのタイプ)が、500円~1,000円
ブーツが安いのは、直接肌に触れ易い用具だからでしょうね。



中古子供用ストックは、意外とお値打ち品は少なく。
500円~1,000円。

本当に真剣にスキー板の事を調べ上げているリサイクルショップで無い限り。
値段の付け方は、元々のスキー板の性能では無く。
見た目が綺麗か?傷付いていないか?の様にゴズロフは思いました。

中身は同じで、デザインが違うだけの製造年度が違うだけのスキー板が
4,000円と8,000円で並べられており、4,000円の価格差がありました。


となると、子供用のスキーセットを購入する場合。
新品だと15,000円位、中古だと6,000円位になりますね。


様々な家庭環境がある中、新品よりも中古が良いと言うゴズロフの鬼姉みたいな方も多いと思います。
ゴズロフはジュニアレーサーで無い限り、新品でも中古でも上達具合は変わらないと思ってる。

重要なのは、使っている子供ブーツサイズと、板の長さが扱い易い組み合わせかどうかですかね?。

札幌にある様なスキー・スノーボード専門のリサイクルショップで無い限り。
店員さんが、何も知らないゴズロフの鬼姉みたいな人に。
子供用のスキーセットの選び方を説明してくれるとは思えない。


だってね。

スキー板の並べ方が「明らかに長さの基準でしか並べて無い」
子供用・大人用ごちゃ混ぜのスキーボード→短いジュニアスキー板→大人のミッドスキー板→
大人のスキー板→長いジュニアスキー板→大人のスキー板。

( ゚д゚ )?
何で大人用と子供用のスキー板がごちゃ混ぜに並べてるんだろう?
店員さん達は、大人用と子供用のスキー板の区別ってどうやってるのかな?
確かに、大人のブーツでも入る子供用ビンディングは沢山あるけど・・・。


この並び方が1つの要因として、大人がジュニア用品を買ってしまうのかな~?

とあるスキー場でゴズロフが経験した出来事。

おおう、なんとふくよかなマダム様、何故ジュニアスキー板お使いになっているのでしょうか・・・?
そんなにふくよかでは、ジュニアスキー板の適正体重超えてませんか?
開放数値もマダムの適正値を計算すると、お足元のジュニアビンディングの限界値超えてませんか?


ほらお耳をお澄ませになって、スキー板君が泣きながら何かおっしゃってますよ?

ジュニアビンディング「ぎゃー、ブーツ保持し続けられないよ、壊れる~」
ジュニアスキー板(´;д;`)「重い、重いよ~。ねぇ、そろそろ折れても良いよね・・・?」


( ゚д゚ )ジュニアスキー板には適正体重が有り。
ジュニアビンディングだと、体重によって計算する開放数値に合わせられない物もあるのでご注意を。
 

中古の大人用スキー板の並びの中に、数個だけ入り込んでいる子供用スキー板は、
隣の大人用と比べると安いですからね。
「おっ、安い」と、飛びついてしまう方も居るのでしょうね。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事