湿り雪深雪の朝里川温泉スキー場


SKI journal (スキー ジャーナル) 2015年 04月号

外れた方はゴメンナサイ( ゚д゚ )
ゴズロフは昨年のスキージャーナルリフト券プレゼントに当選してました。
人気の無い所で、行ける所・・・と言う事で「朝里川温泉スキー」に応募。
ゴズロフの住処に朝里川温泉スキーから封筒が届き、中には賞状みたいな紙があった。

北海道民のゴズロフは、朝里川温泉スキーには1度も行った事が無い。
仕入れた事前情報
「駐車から遠い」「リフトが遅い」「乗り継ぎ悪い」「スクールが超有名」
( ゚д゚ )フムフム、ではゴズロフが実際に行って、愚痴レポートでも・・・。



第1駐車は、センターハウス直下の、徒歩距離50メートル位。
第2駐車は、第1駐車から、徒歩距離50メートル位。

北海道の駐車としては登り坂も有り、辛い人も居るかもしれない。
本州の○○温泉スキーに比べればマシな方ですよ?
駐車からは、釣りの世間話しをしてる方々が、田舎のベンツでスキー板を運んでくれます。

登り坂が終わる所には、「よく登り終えましたね」と言わんばかりのリフト券売り場。
センターハウス前には、ボーダーさんが沢山集まって、何か挨拶してる。
後に、パーク講習90分間1,000円って書いてたポスターを見て「あっ、これか・・・」( ゚д゚ )

センターハウスの中には、北海道学生技術選?の優勝者名と学校名が掲示されてた。
お客さんの層はパーク講習受けてるボーダー3割、上手過ぎる学生基礎スキーヤー5割位。
リフトの乗り継ぎも、世界に有名な○○温泉スキー場より、遥かにマシ。

基礎スキーのクラウン検定するから、凄いコースを期待してたけど。
スキー場よりも、スクールが凄過ぎて有名になった所ですね。
アレですよ、斜面緩いのに、スクールが有名な所って意外とありますよね?


リフトは遅かった。
遅いうえに、6割位の確率で減速運転を繰り返す。
リフトマンは日本一のさわやか系イケ面君と言って良いほどのイケメン君が居た。
こりゃ、奥様方がわざと子供を転ばせたり、や女性ボーダーが乗り場で転ぶ訳だ・・・。
イケ面さんが「今日は休みます」って表示してたら、減速運転しないかもしれない。

朝里川温泉スキー場の斜面構成。
1番下のリフトが1番急斜面。2番目がコブ斜面。3番目が・・・( ゚д゚ )?って感じ。
リフト降り場に近づかないと、次のリフトが見えない面白いレイアウト。

ゴズロフは下部の不整地コースを何本か滑り、コブエリアへ。
湿り雪新雪でほぼ原型が無く、ストックを強く突いたら刺さって抜けない。
こんな日こそ、ストックに頼らないコブ滑り能力が必要なんです。
コブは2番目のリフトから丸見えで、学生さんが板をほぼフォールラインに向けて滑ってた。
( ゚д゚ )「おお。久しぶりに見た、あんな上手いコブ滑り。ゴズロフには無理」

コブからすぐに逃げ出して、下部エリアの不整地コースへ。
リフトから斜面を眺めてると、スキーの集団がコースの端から端へ、斜滑降し始めた。
( ゚д゚ )ええ!?ちょっと、待って!まだ下に落とせる美味しい所が残ってるのに、何?ソレ?

滑っている集団が、トップモデルばかり無駄に使用してる不整地を滑れない年配集団だったら
( ゚д゚ )本気で愚痴るぞゴルァ!
と、思ったけどリフトに乗ってるから身動き取れず、降車する頃には怒りも収まった。

( ゚д゚ )まあ、午後になっても荒れ無かったから、それだけでラッキーだったよ。
他のスキー場だったら、もう美味しい所無いだろうし・・・と、心を落ち着かせる。

近くで不整地で滑っている集団を確認すると子供だった。
( ゚д゚ )あの中から、未来のパウダージャンキーが育つのですね・・・致し方ない・・・。

総評。
日本全国にある温泉と名の付くスキー場の中ではマシな方。
上手過ぎる学生が多かった為か、なんちゃって上級者が全く見に入らない。
パウダー好きな方は、1番目リフトから見える斜面で楽しみましょう。
ちびっ子パークボーダーが上手過ぎる。

リフト券をプレゼントしてくれた、朝里川温泉スキー場、ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事