ファットスキーの選び方の前に、何処で滑るのかが重要です。湿り雪?乾燥雪?

ファットスキーの2016モデルの購入を考えている皆さんへ。
お正月と1月中旬までは「ファットスキーは使わない」と決めていたのなら。
値段が下がる1月20日位まで待ちましょう。

しかし( ゚д゚ )
欲しいサイズが売り切れても、ゴズロフの責任は一切ございません。
又、年末寒波はキット来る。


んでもって、スキー下手糞ゴズロフがファットスキーに乗ってると色々と気づく事がある。
スキー上級者の皆様は、ドコノ板乗っても上手く乗りこなせるから関係無いけどね。

ファットスキーは、新雪を楽に滑る為に存在している用具。
ずっとコブを滑ってたり、ずっと整地を滑っていたら。
「俺って、新雪の上を浮いて滑る為に産まれて来たのに、何だよ、毎回こんなに酷使しやがって」
と、捻くれて、板が撓み過ぎてしまいます。

基礎スキー板の性能が1本1本違う様に、ファットスキーの性能も違う。
性能って言うと「上手く滑れる様になる」と誤解する人が多いので、個性って言った方が正しいかな?


以下、特定のブランドと地域を愚痴ってます。

基礎スキー板で聞いた事ありませんか?
湿り雪の日本の雪質に適したスキー板を開発しているブランドが何処かにある。

カマクラとか雪だるまとか、雪球とか・・・、降りたて新鮮の雪で速攻作れるのは「湿り雪
頑張って雪を握って固めようとしても、雪が粉々に崩れてしまうのが「乾燥雪


乾燥雪は元々軽いので、見た目が弱そうな雪かきでも使えるけど、
これを重い湿り雪で使用すると、予想よりも早く壊れてしまいます。



重い湿り雪の、重さに対応出来る様に雪かきの強度を上げている物は、
先端にステンレスの金具が付いている訳は、重い湿り雪を押しても簡単に壊れようにする為。


新雪には、空気と水分が含まれていて。
水分量が少ないのが「乾燥雪」、水分量が多いのが「湿り雪」。
重い原因は水分。


皆さんの周りで居ませんか?
雪質の良い(乾燥した雪)所のスキー場に行って来て
「凄く滑り易くて、スピードも出て、いつもの自分より上手く滑れた」って土産話をする人。
普段雪面抵抗が大きい所で滑って居たのに、抵抗が少ない所で滑ったのが原因なんですよ。

湿り雪雪面抵抗が10㎏と仮定すれば、乾燥雪雪面抵抗が5㎏だったりします。
この5㎏分、人は余計な力を使わずに済み、スキー操作が軽くなる。
勿論、しっかりピステ掛けられた整地になってても、湿り雪と乾燥雪の抵抗は違います。



( ゚д゚ )じゃじゃじゃぁ、ファットスキーと、湿り雪、乾燥雪がどう関係してくるか?
脚力不足のゴズロフの場合だけかもしれないけど。


湿り雪新雪をスキー板で滑った時の特徴。

・板をズラしてのターンが難しくなる。
スキー板の側面に湿り雪の壁が出来て、その壁を突き破る力で板を側面にズラす必要が出て疲れる。
ターンするには、、スキー板を体重移動を使って自然と曲がるのを待つ。

・同じ積雪量で、乾燥雪に比べて浮くのが早い。
水分が多い分、雪がスキー板を押し返してくれる、雪面抵抗が強く。
10cmの新雪でも、10cm下の底に着く前に、湿り雪が板の下で固まって、浮いてくれる。


乾燥雪新雪の場合。

・板をズラしてのターンがやり易い。
スキー板の側面に、乾燥雪の壁が在っても、壁の存在に気づかない位、整地滑ってるのと大差無い。
スキー板を新雪の中に潜らせても、小回りするのも楽。

・同じ積雪量で、湿り雪新雪に比べて浮くのが遅い。
水分が少なく、殆ど空気の乾燥雪、スキー板の下に伝わる雪面抵抗が弱い。
10cmの新雪でも、速度が遅いと、10cm下の底に板が突き、下地を使って滑ってるのと同じ状態になる。
新雪はラッセルしながら滑ってるのと同じ( ゚д゚ )


湿り雪を楽に滑る為のお勧めファットスキー板。
(乾燥雪で、沈んでも良いのでゆっくり新雪を滑りたい方もこちら)

・トップのロッカー形状有り。
トップが上がって居ると、トップがすぐ浮いてくれるので、トップの側面からの抵抗が軽減。
トップが雪面の中に潜っている状態よりターンする時の力が少なくて済む。

・テールのロッカー形状有り。
テールが反ってると、新雪の中に潜り過ぎないテールをズラすのがちょっと楽になる。

・硬いよりは柔らかめ。
湿り雪が凸凹したら、硬い板は衝撃が大きく、柔らかいなら板が撓んで少し軽減してくれる。

・重さ、凸凹新雪も残さず最後まで頂く方なら重ければ安定、軽ければ不安定になる。



乾燥雪新雪にお勧めファット

・スピードを出したいなら、ロッカー形状が無し、又はトップだけロッカー。
全部ロッカー形状入っていると、その分新雪の中に潜り過ぎて、体に当たる新雪抵抗で減速する。

・柔らかいよりは硬め。
柔らかいと、その分板が撓み過ぎて沈むので、同じ板でも硬いと沈み込みが少なくなる。

・重さ
浮く事が目的だから、重いよりは軽い方が良いと思う。


( ゚д゚ )ゴズロフの思い出話。

超長いトンネルを抜けたら、雨が降っていて、そこからスキー場もすぐそこ。
標高を上げていったら、なんとか雪に変わったけど、スキー場は湿り雪新雪がどっさり。
湿り雪でも、湿り雪新雪でも楽なファットスキーだったから、普通に1日中楽しいスキーを満喫。
けれども、スキー場の下部は、湿り雪が硬くなってて、滑るのは苦痛。

2月のトップシーズンなのに、駐車場周りの雪は、乾燥雪地域の春シーズンの雪質。
シャバシャバしてる…、雪に水かけて融かす画期的なシステムがあるけど。
そんなの、乾燥雪地域でやったら、スケートリンクが至る所に出来るだけ。


乾燥雪地域。
20年に1度の奇跡、ニセコと呼ばれる所より乾燥雪が降るエリアで、2日で150cm降る日に遭遇。
センター幅が狭いファットでは、ほぼ役に立たず。
斜度が緩い(30度以下)の所だと、乾燥雪が体に当たる雪の抵抗で速度が出ずツマラナイ。
斜度が急な所で、( ゚д゚ )ひゃっほー!してた。

又、乾燥雪地域だけ起こる、風で雪面がリセットされる現象も起こる。
(2時間位で、滑った跡が風で均されて元通りになる現象)


けれども、乾燥雪過ぎるのと、積雪が有り過ぎは正直楽しく無い。
乾燥し過ぎだと、新雪は殆ど空気みたいな物、ファットスキーに乗ってるのに腰まで沈む。
スキー板外すと、肩位まで沈む。

これが、ちょっと湿って来ると。
ファットスキーに乗ったままで膝まで沈み、スキー板外して腰まで沈む。
勿論、滑っていても沈み過ぎず、スキー板が浮き易くなる。
(この浮き易いってのは、乾燥し過ぎよりも、水分ちょっとあると、下からの雪面抵抗が大きくなるから)
だけど、ちゃんどデメリットも出て、雪面抵抗が増える分、スキー板左右のバランスを崩し易くなる。
この雪質で、ゴズロフは深雪で2回位転んで起き上がるのに苦労した。

この日、スキー場で出合った人達は口を揃え。
「今日の雪質は悪すぎる」「本州みたいなクソ雪質だ」「春スキーしてるみたい」

( ゚д゚ )(ええ、本州ではトップクラスの雪質ですよ。ええ、そうですとも、本州はクソ雪質ですよ)
( ゚д゚ )(そんな雪質で通年滑っている本州の人達に謝れ!とは言わないけど…なんと贅沢な)




湿り雪地域にゴズロフが個人的に合ってると思う、試乗した事のあるファット。
JJ、TST、HEADの柔らかファット、パトロン、S3、SOUL7、シュレディター、コニック、ピナクル、クエスト、
spoon、ヘルドラド、ポンツーン、マントラ。
柔らかく、フルロッカーだったり、雪を蹴散らしていく戦車みたいな板が良いかも。

乾燥雪地域にゴズロフが個人的に合ってると思う、試乗した事のあるファット
ベンチェ、アトラス、ジリッシュ、エンフォーサー、エナジー、ジニアス。
硬くて、雪面抵抗が少ない乾燥雪でも浮いてくれる板が良いかも。



以下、物凄い愚痴。
湿り雪地域にゴズロフが個人的に合わないと思う、試乗した事のあるファット。
マスティ不。エンフォーさー。絵ナジー。ホワイト.。


ファット購入する前は、どこのエリア(正確には、どんな雪質)で主に滑るのか。
深雪滑りは慣れているか。新雪小回りするのか、スピード出して大回りするのか。
上記をご自分で明確にして、スキー専門スタッフさんの居るお店に相談した上で購入しましょう。


選択の幅が非常に狭まるので、最初からスキー板のブランドを指定したり。
1つのブランドと契約している、有名な方々だけに相談するのはお勧めしません。
万が一、他のブランドで最適なファットが存在してても、
契約してるブランドの中からしか勧めて来ないかもしれません。


新雪を早い時期に楽に滑りたいって方は、年末休みに北海道で滑る事をお勧めします。
北海道はここ数年。必ずと言って良い程、年末寒波がやって来てます。

( ゚д゚ )ガイジンさん達は言ってます。
何でニホン人は小さいゲレンデの中だけで、細い板で小回りばかり好んで滑り。
新雪が降ってるのに、新雪を楽しもうとしないのか?非常にモッタイナイ。

北海道スキーに来る時は、ゴズロフも出来る限り知っている事はご説明しますので。
本州の方々、もっと北海道に来てください。

ゴズロフ、関東住まい時のニセコアクセス。
朝4時起き、6:50分羽田発、新千歳行き。お昼前にニセコ着、荒らされた深雪でも楽しい。
連泊最終日、夕方の便で新千歳から羽田へ向かう。
( ゚д゚ )ぼへー、これから現実に戻るのか・・・と落ち込む。

次の週、神田のスキー街に出かけて、ファットを物色。
2月に新しくファットを購入し、またニセコでリベンジ。
帰って来てから、またファットを物色する。


ファットスキーを買ったら、ずっとその一本で乗り続けるのは難しいです。
スキー板10本WAX掛けてつくづく、思った。




テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
北海道スキーも最高
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事