コブ作りは、何処に作るかが重要ですよ。

コブ前
( ゚д゚ )ここを、本日のコブキャンプ地とする!

コブを滑るのが、整地を滑るよりも好きな変態ゴズロフ。
いくらコブを好きでも、練習したくても、コブが無ければ意味が無い。
誰かが作ってくれるのを待つのも1つの手段ですが、かぐらじゃないので
初滑り時期にコブが出来るなんてほぼ無い。

コブは「同じ所を小回り」し続ければ出来上がる。
けれども、この画像のスキー場は、基礎や競技の方々が沢山いらっしゃって。
例え、コース脇にこっそり掘ったとしても、物凄いカービングターンで、蹴散らして行く。

ゴズロフ対、10人以上じゃ勝ち目は無い。
学んだゴズロフは、最初から、基礎や競技の方々が入って来ない、不整地を選んだ。

コブ後2
朝9時から掘って14時頃の画像。

妨害工作も沢山ありました。
競技の方々が、整地から離れている不整地にわざわざ並んで、なんか話混んでるし。
シール無くても、斜面を登れる装備の方々も、登って来るし。

( ゚д゚ )ちょっと、そこ今コブ工作中なんですよ。
レクチャーやら、お叱りなら整地エリアでやってよ。

途中から、コブ滑りが上手い方1名、コブ練習をする2名の方々が掘ってくれました。
こうやって、2016シーズン初のコブ滑り練習も出来ました。
ありがとうございます。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
北海道スキーも最高
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事