スキー初心者の方に、OGASAKA(オガサカ)Az(エーゼット)や、SALOMON(サロモン)X- DRIVE(エックスドライブ)はお勧めしません。

 スキー初心者の方に、OGASAKA(オガサカ)Az(エーゼット)や、
SALOMON(サロモンX- DRIVE(エックスドライブ)はお勧めしません。




 「基礎スキー」ヤーなら「オガサカスキーの名前を知らない人は居ない…」
一部の方々に大人気の日本のメーカーです。
ゴズロフはスキーを始めてから、15年目にして「オガサカスキー」の名前を知った。
 「基礎スキー」って言葉も同じ頃に知る。
基礎スキーは、検定等の合格を目標として、仲間と一緒に技術上達を楽しむスキーだと思ってる。


 初心者の方にAZをお勧め出来ない理由は「まだ早い」からです。
上達してから、初級の領域を超えて、初心者用スキー板を折れる位使い倒してからでも、遅くは無い。

 スキー板売りたい側が、頑張って宣伝し過ぎるもんだから。
高級だと思ってしまうスキー板が「上手に滑れるスキー板なら良いな」とまずは希望を抱きます。
すると、いつの間にか希望が予想に換わり「上手く滑れるだろう」と勘違いしてしまうのです。




この動画は、スキーの先輩に数年前に撮影して頂いたモノです。
撮影して頂いた先輩、ありがとうございます。愚痴ブログに載せて申し訳ございません。

 ゴズロフがオガサカスキーで滑ってる動画を誰かに撮影して貰い。
オガサカスキー板最高です」って言っても、誰も信じてくれません。
 上手過ぎるデモさん達が言ってるかの様に、宣伝するもんだから、皆が信じてしまうのです。
それでも信じると言う人には。


 プロ野球選手の、プロが使用してるキャッチャーグローブを一時お借りして。
日本ハム大谷投手の「最速ストレート」を受け取って見て下さい。
「信じてる」なら出来るはずでしょ?
 
 しかし、実際に受け取る為には、速いボールを受け取れる筋力が必要だったり。
もしキャッチャーミットを空かして、ボールが体に当たっても有る程度大丈夫な様に、
体を徹底的に鍛えておかないと危ないでしょうし。
ボール軌道を予測出来る経験をウン十年練習しないとね。

「信じていても」無理なモノは無理なんです。

 だから!スキーを始める人は「初心者用の柔らかくて軽いスキー板」を使って練習して下さい。
最初だから、スキー板で滑る事に慣れないと駄目なんですよ。
 

 販売店が「オガサカスキーに依頼して安く作って貰ったスキー板である」
ogasakaAZ(エーゼット)に乗ったとしても、上手くはならない。
期間限定受注って言うのも、「何本以上注文するなら、安く作ってあげるよ」
と、オガサカスキーから言われてる可能性が有るかもしれないし、無いかもしれないし。
だから、色んなお店にデザインが異なるAZが溢れて居るんです。

 



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OGASAKA
( オガサカ ) AZ-16WT + SLR 10

価格:45800円(税込、送料無料) (2016/10/26時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OGASAKA
 (オガサカ) AZ-15+ SLR10

価格:40900円(税込、送料無料) (2016/10/26時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OGASAKA
〔オガサカ 〕 AZ-15/WT + SLR 10

価格:39900円(税込、送料無料) (2016/10/26時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OGASAKA
〔オガサカ 〕 AZ-16/BK + SLR 10

価格:45800円(税込、送料無料) (2016/10/26時点)




 沢山ありますが、値段が似てる物は中身も似ている場合があります。



 次にサロモンX- DRIVE
ゴズロフは8.3をちょっと前に試乗して、悪い評価はしてませんが。
初心者の方には勧めたく無い。

 スキー板の幅が広い分、普通の基礎スキー板より曲がり難いからです。
センター幅「75未満」なら普通の基礎スキー板。
センター幅「75以上」になると、セミファットスキー板と呼んでる所もあります。

 スキー板って、トップからテールの構造が完全に同じ板なら。
等倍率でスキー板を太くして行くと、曲がり難くなります。

 そもそも、サロモンX- DRIVEは基礎スキー板とは別の目的のスキー板。
綺麗になんて滑れ無くても良いから、スキー場の新雪10cm以下の所をとりあえず滑る板。

 ゴズロフの個人的な思い込みですが。
海外のスキー場で、凄く広く、長い距離を楽しみながら滑る、「レジャー志向」のスキー板。
万が一、センター幅75以上のX- DRIVEで、基礎スキークラブに入ったりしたものなら。
「そんな曲がり難いスキー板で練習しないで、普通の基礎スキー板買ったら」と言われます。

 もし、買い替えが必要になった場合「こんな間違った板売りやがってアノ店員」と恨まれます。
デモ、ゴズロフのブログを読んで、板を買ってしまった人達も。
「こんな間違った板勧めやがって、アノクソゴズロフが!」と怒りの声を上げているでしょう。


 しかし、スキー用具は買う人が決めて購入してるので、自己責任です。
上達しなくても、楽しくなくても、カッコ良く無くても、お客さんの責任なんです。





 X-DRIVEでも、この位のセンター幅なら曲がり易いと思いますが。
初心者用スキー板にしては高過ぎる、値下げを狙いたいですね。



 

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
北海道スキーが最高
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事