スキー初心者の方へ、コブ滑らなければ、ボードウェアでもスキーウェアでもどっちでも良いですよ。

 最近スキー場で独りで楽しく滑っていると、珍しい集団を見掛ける事が増えた。
若い年齢層のグループだけど、全員ボードしゃない。スキーヤーが混ざってる集団。

 ( ゚д゚ )おお、珍しい。皆はボードだけど、誘惑に負けずにスキーしてるんだな。
頑張ってスキー続けて貰って、仲間のボーダー全員をスキーヤーに染めてしまえ。

 ああ、間違ってもゴズロフはボーダー否定派じゃありませんよ。
スキー集団より、ボード集団の方が仲間同士でわいわい滑っていて楽しそうだし。
パウダー動画見ても、スプレーの上がり方はボードの方がカッコ良いし。


 ただ、ボード集団の中にスキーヤーが混ざっていると、ウェアが違うので違和感を感じる。


 別に、スキーの人が、皆と同じボードウェア着ても全く問題無いですよ。


 スキーウェアボードウェアの大きな違いは。
ズボンの一番下にある、裾ファスナーが内側にあるか外側にあるかの違い。
内側にあるのが、ボード用として作られたウェア
外側にあるのが、スキー用として作られたウェア

 ボード用のウェアスキーする点のデメリットは1つ。
コブを沢山滑り続けると、内側のファスナーが壊れる事。
ゴズロフは、ボードウェアで春コブを滑りまくり、2シーズン目で内側のファスナーが壊れた。

 
 スキーで普通に滑っていれば、内側にファスナー有っても、簡単には壊れ無い。
皆と同じ様なボードウェア着ても大丈夫だから、無理にスキー用ウェア買わなくて良いよ。 
 


 ( ゚д゚ )んで、本題。
ボードウェア長く着るなら、大型量販店の1番安いのは止めた方が良いよ。
価格は安いけど、ウェア機能の割には値段が高いからね。
濡れ易かったり、蒸れ易かったり。格好悪かったり。

 ネットショップでも、実際に着てないから、着た時の自分のシルエットが解からないのも問題。

 

 この時期に各地でやっている、冬スポの様な、旧モデル販売会&前売りリフト券の会場に行って、
実物を見て購入した方が良い。
別に、パンツとジャケットのブランドがバラバラだって良いし。


 ウェアも色んな所で作った物を集めている場合があるから、必ず試着してみて。
日本用として作られた物と、海外で作られた物ってサイズって異なる。
同じ「Mサイズ」でも、海外で作られた「Mサイズ」は日本用の「Lサイズ」位の大きさがある。
この違いは実際に着て見ないと分からない。


以下、宣伝広告の参考画像。

 




 一応何も知らない、良い子の皆の為のご説明。
上記画像のウェアって、オリジナルブランドって言う販売方法。

 何処かの販売店が、何処かの工場に依頼して、その販売店独自のウェアを作って貰って、売ってる。
なので、販売店オリジナルブランドにはメーカー小売価格って言うのを付けてはイケマセン。


( ゚д゚ )そのショップで作ってるブランドなのに、どこのメーカーなんだい?
工場からの卸し価格の間違いじゃないの?それなら3,000円位かな?


 だけど、ネットショップにはそれを無視し
いかにも、値下げの幅が大きいように「わざと」メーカー希望小売価格 53,000円 (税込 57,240 円)
等の表示をしてあります。
 正直言って、購入者を騙す為の作戦です。

販売価格だけ見れば、上記の画像だと、右側の方が価格に対して性能は良くお買い得だけど。
「何も知らない人達を騙して、平気で売り続けるのは辞めて欲しい」

テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事