コブ滑ってると「何もしてないですね」と言われる事があります。

 ここ数年、コブ滑ってると時々言われる事があります。
コブ滑ってる姿見ると、何もして無い様に見えるけど、何でコブ滑れてるの?」って。

 ( ゚д゚ )マジで!?

 お返事として「一応足の筋力が疲れる位コブを削っているのですが」
との説明を始めますが、どうやって伝えれば良いのかが解らない。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伝える力 [ 池上彰 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/11/12時点)



伝える力を購入して読んだけど、元々お馬鹿なゴズロフには、説明がやっぱり出来ない。

( ゚д゚ )どうしましょう?
ずっと前、「これがコブ滑りの練習ですって」ボーゲン滑りの動画を公開しましたが。
今のゴズロフにとっては、黒歴史的後悔動画になってるから。
もっと分かり易い動画をコウカイしなければ。


削れる力動画
これがボーゲンです、って表現するのも苦しいですかね?
方向変えて雪面を削っているだけですし・・・。

 コブの中で止まりたい人は、削れる力を上げる練習をして下さい。

 
 ゴズロフは、上記の動画みたいにコブを削って滑っているだけなんですけど。

 基礎スキーのターンは遠心力が出るから、外側に向かって足を向けてターン出来る。
足が、目で見て解る様に外に傾いて、雪を削っていれば、「何かしてる」と解り易いですが。

 「削れる力」のスキー板を押して雪を削ってる方向は、ほぼ上から下方向。
足が、目で見て解らない様に上から下に雪を削っていても、「何もしてない」様に見えます。

 足の筋力疲労度をリアルタイムで表示できるアプリでもあって。
コブ表面をなぞって滑ってる人と、削って滑ってる人の数値が見えればハッキリするのですがね。


 ですが、上から下方に向かって削る力ってのは。
「今説明したから、今やってみて下さい。ほら出来ましたね」だけの単純な話しじゃ無いです。
スキー板に乗る位置と、下方向に向かって「スキー板を踏みつける場所」を自分で探していき。
疲れる練習をしないと出来る様にはなりません。


 削れる力を練習する時、突っ立ってるだけでは意味無いので。
家の体重計に乗ったままジャンプして下さい。

 60kgの人なら、60の数値が0まで下がり、着地すると、60以上の重さが数値として一瞬でますが。
やがて数値は60に安定します。
今度は、体重計から足の裏を離さないまま、ジャンプする様な動きをし。
体重計の数値を軽くしたり、重くしたりしてください。

 数値が1番重くなった時に、スキー板で雪面を削れば、良く削れます。
体重が1番軽い時は、1番削れません。

 だから、1番体重掛かったタイミングでコブを削り。
1番軽い時が、スキー板の方向を変えるタイミングです。


 とまあ、こんな感じな事を頑張って伝えた事もありますが。
上手く伝えられたかどうかは、ゴズロフは知りません。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事