25cmの新雪パウダーで、内足ターンと、ツイスト&スライドに挑戦。

 整地でちょっとばかし、内足ターンが出来る様になって、いい気になってたゴズロフ。
本当のパウダーで試してみても、なかなか理想通りに行く訳が無い。

 そんな中、新雪25cmのパウダー当たり日がやっとやってきた。

 
 新雪パウダーで内足ターンを1ターンだけ成功?

 狙って内足ターンをした訳ではありません。
前方にある木に「ぶつかる?」と思い、出来る限り、体をターンの内側に倒しこんだ。
 ターン中、肩から腕が雪面に着いて、スプレー上がったのは初めて。
普通の基礎滑りで体感した事無い位、内足だけに圧が掛かってた。



新雪パウダーでツイスト&スライドもどきを自然にメイク。

 全くやる気なんて無かった、ツイスト&スライドもどき。
足元でスプレーを上げて、上げたスプレーから出てくる様な滑りらしいです。

 これも、本当に回避行動。
左前方の枝を見つけ、現状の右ターンだと、枝に衝突してしまう。
ターンを意図的に、外側に膨らませて、枝を避けようとした。

 だが、枝の右側1メートル位にも、枝らしき物がパウダーの中からコンニチワしてる。
( ゚д゚ )ヤバイ!踏んだら「ガリッって逝くかも!回避行動だ!」

 右ターンの横滑りの体勢から、強く踏み込んむ。
返って来た圧を使って、スキー板の向きを一気に左ターンに変えた。
意外と雪面からの圧が強くて、ターン後バランスを崩して転びそうになったし。
真下の雪が舞い上がったの、訳が解らなかった。

 んでね、この動画を見たら。( ゚д゚ )?この滑りって。
児玉毅のよくわかるバックカントリースキーテクニック にある、ツイスト&スライドに似てね?
と気付いた訳です。

 偶然出来た滑りだけど、両方とも「木を避ける為に必死にターンしてた」
普段滑ってるような、「自然と楽なターンでは無い」
自分にとって、厳しいターンの練習も大事なんですね。
( ゚д゚ )ポールバーン最強じゃないですか。
 

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧

2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

北海道最高!
北海道スキーも最高
最新記事