スキーコブでのトップの先落としは、説明するのが難しいですね。

  ゴズロフは本物のモーグラーでは無いので、正しい先落とし方法は知りませんが。
トップの先落としで減速する為には、体重を掛けてスキー板を押さないと駄目ですからね。

 だけど、スキー板に圧を掛けれた時の感覚って、教えて貰えば理解出来る物でも無い。
スキー以外で何か例える事が出来ないか?考えた上で出した愚痴がコレです。




 トレーニングジムに在る、足の筋肉を鍛える為の器具。
重さの掛かった部分を、両足で押したり引いたりして遊ぶ為の物。
油断して足に掛けている力を緩めると、良い事は起こらない危ない道具。


 上記の器具を買えって言ってる訳じゃありません。この器具を使った時に。

重さと戦いながら、両足を縮める。 → コブに当たりながら吸収動作する時に似てる。

重さと戦いながら、両足を伸ばす。 → コブを乗り越えた直後トップの先を落とす時に似てる。



 コブ滑ってる時、スキー板へ重さを掛けるタイミングって色々在るね。


 トップの先落としする時、膝は最大限曲げ体重をつま先に掛け。
コブの頂点から最大斜度の下りが始まる部分まで、しゃがんで耐える。
下り始めたら、重さと戦いながら両足をしゃがむ前の状態まで伸ばす。
ゲレンデ横にたま~にある、小さなジャンプ台でこの動作を行い、飛ばない練習もたまにしてる。


 コブに当たり始める時は、トップに加重していた位置を徐々にカカトに移して行く。
トップを上昇させて、テールを下降させながら、カカト落とし。
カカトに乗ってるので、体重は後ろ側に掛かっているのですが・・・。
コブに当たりながら、体重をつま先側に移動させて、吸収動作をします。
ゲレンデ横にたま~にある、小さなジャンプ台でこの動作を行い、急減速の練習もたまにしてる。


 ゴズロフは、この動作殆ど出来ません。出来たとしても、滑り始めの数ターンのみ。
1番上手く出来たのがこの動画。


トップの先落としをメインにしたコブ滑り練習

 スキー板に重さを乗せ、脚力を頼りにコブを、押したり引いたりしながら加重し続ける。
とっても疲れます。100mダッシュしてる位疲れてます。汗も凄く噴出して来る。
普通のデモウェアとデモパンツじゃ、蒸れ過ぎて耐えれません。
上手く成功すると、コブの中で凄く減速し続けて滑れるので、辛い練習。
減速しないなら、その時点でもう間違ってる。


 でもまあ、コブ斜面に慣れて来ると、ズルイ滑りも出来る様になるかもしれない。


簡単なラインコブを段々早く滑る練習。
!重要!この滑りは緩いコブ斜面でしかゴズロフは出来ません。


 コブでの体重を掛けた先落としが、速度が速過ぎて処理し切れ無いので省略。
コブで吸収出来る場所だけを、小さくジャンプしながら飛び移り続ける方法です。

 コブの頂点から、体重を後ろに掛けたまま、次のコブの圧を貰える部分に向かう。
トップを上げて、テールを下げて、カカト落としをする。
ちょっとしか減速しないけど、この時体重を真ん中付近に移動させる。

 つま先で捕らえたコブからの圧を、足の真ん中、カカトへと移動させる。
スキー板が前に滑ってるので、勝手に移動するので、そのタイミングに合わせるだけ)

 コブの頂点に出た時は、カカト加重なので、後ろに体重が掛かってます。
次のコブに向かってジャンプ中に、つま先加重で着地、コブからはカカト加重で飛ぶ。


 デモね、本当に斜度があって、基礎コブじゃ無いピッチだと、前に体重掛けないと難しい。
どんなコブかって?こんなんですよ。

スキー コブ 狭いのでズルドン&切り返し練習
ゴズロフはこのコブを滑りたいので、パウダー無いコブ滑りを練習してます。


 奥只見こぶ
 奥只見、Aコース下部、ブナ平ヒュッテから見える急斜面のコブ。
同じ様な急斜面のコブでも、落差と幅が広いとターンの難易度は低くなります。


 最重要項目、コブでの吸収動作をする時、スキージャケットのポケットには極力何も入れないで。
吸収動作で膝曲げて屈み込んだら、携帯と、ウィダーインゼリーのキャップが重なった点にヒット。
肋骨をグリッとされて、先日やっちゃたアホがこの記事書いてますので。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

アバラは大切に!!

アバラ大丈夫ですか?
ポッケに何か入ってるのは想像以上にやばいですね(笑)

昨年、森山選手のコブレッスンをダメ生徒代表の、練習台で受けたことがあります(;´∀`)
ゴズロフさんに良い生徒代表で声かけれたら良かったなぁ

彼、今年靱帯断裂しまして・・・スキー出来んのよね。
彼曰く、足を延ばすことは全然意識してないんだそうだΣ(゚Д゚)
メッチャ驚いた記憶があります。
とにかく、吸収とスキー板の接雪、外足を体の軸から外さない。
そしてちゃんと2軸でターンだったかな?
多分・・・足伸ばすと、体の軸から外れるのを嫌ってるんじゃないかな?

Re: アバラは大切にしながらコブ滑ります。

 アバラはいってますが、くしゃみしてもそんなに響かず軽症です。
昔、全面アイスバーンの月山コブで、携帯だけでアバラやった事がありまして。
注意はしていたのですが、まさか、転んでも居ないのに吸収動作でアバラいくとは思いませんでした。

 ありがとうございます。
声を掛けて頂いても、他の受講者さん達の滑走待ちする時間が惜しく、申し訳無いです。
自分のペースで、ずっと滑っていたいです。

 ほうほう、足を伸ばすと軸から外れるですか…。
今後の練習で生かせそうです、ありがとうございます。

No title

なるほど
レッスン嫌いなのね(笑)

書き方が悪かったですね(^^;
去年は我々二人だけで、もちろんタダ

もうそういう機会は難しいけど・・・
機会があったら、楽しく一緒に滑ったら、色々聞けるでしょって話です。
中々、本格的なモーグラーって話す機会があんまりないですもんねぇ

Re: No title

 レッスンは受けたい気持ちはありますが、人数が多く待ち時間が多いと、時間が勿体無く感じます。
モーグラーさんに、2人で無料だなんて、なんと羨ましい。
本物のモーグラーさんにお話し等、聞ければ良いですが。
 
 モーグラーさんが滑って行くコブライン真横でずっと見てるタイプですね。
main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事