VECTORGLIDE ヴェクターグライド CORDOVA STANDARD コルドバスタンダード 試乗レポート コブも滑走。


 VECTORGLIDE ヴェクターグライド CORDOVA STANDARD コルドバスタンダード 
試乗レポート コブも滑走。(2018年モデルからのトップシート)
175cm 120-85-110  整地とコブしか滑ってません、パウダーでの性能は解りません。



VECTORGLIDE ヴェクターグライド CORDOVA STANDARD コルドバスタンダード 試乗 コブも滑走動画


2018CORDOVASTANDARD





 試乗会に行ったらね、凄く混んでてね、高級アウトドアウェアを着た方々が並んでた。
「何でこんなに並んでるんだろう?」
「皆さんの会話も、本州通り越して、海外の話題も話してるよ、凄いお金持ちですね」

 試乗会受付の順番待ちをしていた時。
スタッフさんの数人が「VECTORGLIDE STAFF」のビブを着始めて、VGの試乗板に気付いた。
( ゚д゚ )?あれ?前日見た試乗板リストには、ヴェクターグライド無かったのに、何で在るの?

 ゴズロフみたいな下手糞が扱えるブランドでは無いから、試乗するつもりはございません。
そう思っていたのに。
ヴェクターグライドブースでウロウロしていたら、スタッフさんに話し掛けられ。
知らぬ内にCORDOVA STANDARDに乗っていたのです。不思議ですね。

 

 コルドバの張りの強さは、乗ったら直ぐに解ります。
言葉で表現するのが難しいのですが
硬い訳じゃ無く、撓ませた時に板から押される強さの張りです。

 板を踏み込まなければ、そんなに張りの強さは感じません。
速度を出して、スピードが怖くなって踏ん張ると、板を更に撓ませる。
撓ませると、さらに張りの強さが増すので、スピード出してもエッジがズレず安定する。

 本当に不思議ですよ、踏み込んで、張りが強くなって、板が安定する感覚って。

 コブは175cmも在って、尚且つこの張りの強さ、滑り易くはありませんでした。
ラインが解らない不規則な北壁コブを滑ったから、疲れてますね。

 165cm位にして貰えれば、ゲレンデ用として楽しいと思いますが。
コルドバは、バックカントリー用に作られたスキー板だから、長めの製品を用意したそうです。
165cmなんて、作ってる工場が「うちのが売れなくなるから駄目だ」って言いそうですね。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事