バックカントリー&サイドカントリーで事故を起すとメディアは大喜びで飛んで来ます。


 2018シーズンに向けて、最新のファット板、最新の山用具の購入を楽しみにしている方々へ。
メディアは常に、消防救急の出動を張り付く様にチェックしてますよ。

 スキー場内での救急要請等は「チッ、ネタに無んねぇ」
スキー場外での山岳救助要請は「よっしゃ!ネタになる」って飛んで来ます。本当に。

 ゴズロフが個人的に経験して来た事だけで考えると。
警察消防が説明しない限り、メディア目撃者当事者だけから情報を仕入れてる?

 事故に遭った方や目撃者の方が、一切何も話さなければ、「ネタ」にならないかも?

 本当に嫌ですよね、仲間を懸命に救助したのに。
メディアは「ネタが欲しいので」心境なんて気にせずカメラを向けます。

 全く関係無い一般の方も、便利になったスマートフォンを向けて嬉しそうにしてます。
スマートフォン、もしくは、持っている腕を狙ってストックを振り降ろしたくなりました。

 まあ、しょうが無いですね。
確かに、そういったネタは、個人にある利益が出ますし。
今の時代は、そんなネタを買い取ってくれる所もありますからね。
もしくは「無料でこちらに投稿してくれ」と騙されたりする例も。

 
 もし、ゴズロフがバックカントリー中に何かに遭遇し、ブログ更新が完全に出来なくなったら。
goproで撮影していた動画は、バックカントリーしている先輩方に託したいですね。
「イラネ」って言われなければ、事故防止のネタに使って貰いたいです。



 知った事。

 通信できる無線機よりも、携帯通じるなら電話で119番に連絡する事。
電話して来た携帯電話のGPS情報を取得してヘリを飛ばすみたい。
現場から別の場所へ救助要請しても、消防が「現場から電話してくれ」と依頼して来る。


 独りで遭遇した場合、独りではどうやっても無理な時がある。
1番早い救助方法を「その場でスグ」に判断出来ないと無駄が出る。


 周りに人が居たら、その人達に救助を求める。
日本人は、目の前で犯罪が有っても、あまり気にしない人種みたいですから。
「他に人が居るから、俺じゃ無くても大丈夫だろう」って思ってしまっている方々に。
「複数の助けが必要てす助けて下さい」と言わないと通じません。


 もし逆の立場の場合。
なんらかの理由で「声」を上げる事も出来ないかもしれません。
「無駄」「大きなお世話」「余計な事」と思っても、一声掛けてみてはどうでしょう?


 
 バックカントリーサイドカントリーで何があっても自己責任ですから。
救助呼んだ!良かった!」じゃありませんよ。

 その場に居る人達で、救助です。
但し、2次災害の危険が有る場合は、色々と判断する。ってなってますが。
経験者じゃないと的確な判断は出来ないでしょうね。
まして、レジャースキーヤーなんか何も判断出来ません。

 「雪崩れが起きて人が埋まってます」と何処かに駆け込む位の時間有るなら。
位置特定して、掘り出して、呼吸確保です。

 1番最初に通報するのは、医療機関に運んで貰う為でもあります。
通報せずに掘り出し成功したけど意識無し。今から慌てて通報は遅い時も。


 ツリーランエリアや、風が強い場合。
ヘリが近くを飛んでるけど、引き上げが出来ない状況になったら。
用具が無いと動かせません。


 
バックカントリー用のファットスキー板を買いに来た」お客さんに。
「仲間を助ける為に、仲間内で搬送する装備も必要です」って言う、販売員はマズ居ません。

 そんな事を言ってたら、バックカントリーの滑るだけの用具が売れなくなります。
買って貰えそうなお客さんに敷居を高くして、買って貰え無くするのでは無く。
敷居を正しく説明して、「お手軽バックカントリー用品」をバンバン売らないと儲かりません。

 しょうが無いです、どんな用具を持ってバックカントリー行くかも自己責任ですからね。
説明して売ってくれた「親切な販売員さん」を恨んではイケマセン。
恨むのは、自分自身の判断です。


 ここ数年、ゴズロフはバックカントリー中に何度か転んでる。

 斜面が割れた部分に、風で流された雪が数cmだけ蓋をするように被さっていて、ドスン。
凍った急斜面の新雪5cmを楽しんでいたら、雪も一緒に滑り降りて、50cmの尻滑り。
外足加重、内足加重を通り越して、内側に体を倒し過ぎ、トップを刺して2回転半。
凍った斜面をシールハイク中、バランスを崩し、頭から滑り落ちて木に当たったり。

 全部スキー技術が未熟だから、起したヘマです。

 斜面が割れ易い、急斜面のポイントを勉強したり。
薄い新雪の滑り易さを、見極めれる様になったり。
普通の滑りで、左右に傾かない滑りを練習したり。
クランポンを常に持つとか、凍りの急斜面は迂回する判断力。

 しなければならないことが沢山ありますね。

 
 メディアには「警察消防の方々にお話しするので、後から聞きに行って」とお伝えしたのに。
何も聞きに行って無い事が判明してます。本当に何してるのかが解りません。
情報が欲しくて、その辺をウロツクのはヤメテクダサイね。
警察消防が説明してくれないなら、諦めてね。

 当事者や、目撃者は、気が動転してて、上手く言葉が出ない事もあります。
そんな不明確な言動を切り取って使うよりも、調書取った所に聞きに行って下さいよ。

 ある出来事については、ゴズロフの経験の無さで非常にご迷惑をお掛けしました。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
北海道は涼しクナイ( ゚д゚ )
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事